「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2014年02月02日放送

神尾真由子

ヴァイオリニスト

神童から脱皮した奇才ヴァイオリニスト・神尾真由子に迫る

幼少期、人々から“神童”と称えられたヴァイオリニスト、神尾真由子。4歳でヴァイオリンを始め数々の国際コンクールで優勝、10代の頃から世界屈指の指揮者、オーケストラと共演し、21歳で『第13回チャイコフスキー国際コンクール』で日本人としては17年ぶりの優勝という快挙を果たし、一躍注目を集めた。
求められるままに演奏の幅を広げてきた彼女だったが2011年、「走りすぎた」と語り、半年間の休業を取り、ヴァイオリン一筋だった生活から離れた。そして彼女は2013年には同年代のピアニスト、ミロスラフ・クルティシェフと結婚。この私生活での大きな変化が、彼女の音色を大きく変えたと言われている。
今年は大河ドラマ「軍師官兵衛」紀行のテーマ曲を担当するなど、目覚しい活躍を見せる神尾。番組では、2013年年末にチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」を久しぶりに披露した日本・川崎での演奏会や、パリで行った夫と共演したリサイタルの舞台裏などに密着した。 言葉を覚えるよりも先にヴァイオリンが弾けるようになったという神童・神尾真由子が、女性として音楽家として成熟していく姿を追った。

プロフィール

神尾真由子

神尾真由子

1986年大阪生まれ。国内の主要オーケストラはもとより、BBC交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団など世界屈指のオーケストラと共演。
 夫のミロスラフ・クルティシェフは、神尾が一躍有名となった「第13回チャイコフスキー国際コンクール」のピアノ部門で最高位を獲得。神尾は「彼が(ピアニストでなく)ピザ屋さんであっても結婚した」と語るほど、惚れ込んでいるとか。愛用の楽器はストラディヴァリ・ソサエティより貸与された1735年製グァルネリ・デル・ジェス「ゼンハウザー」。(現在27歳)


担当スタッフ

演出:萩生田宏治
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:杉山悟
音効:中嶋尊史
編集:日高隆志
制作協力:アミューズ
プロデューサー:福岡元啓・須田裕子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ