「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2013年12月29日放送

佐渡裕

指揮者

指揮者街道をひた走る!世界を旅する52才・佐渡裕に密着する

2011年5月、世界のオーケストラの最高峰であるベルリンフィルハーモニー管弦楽団で初めて指揮をとった佐渡裕。小学校の卒業文集に「将来の夢はベルリンフィルの指揮者になること」と綴った彼にとって、それは“指揮者人生”における一つのクライマックスであった。しかし、佐渡はそれで決して満足はしない。
指揮者を屋台のラーメン屋に例え「いつでもどこでも、行列のできるラーメン屋でありたい!」と、語る佐渡がいかにして“自分流のラーメン”ならぬ音楽を生み出すのか?
その答えを求め、ベルギーのブリュッセル、オランダのユトレヒト、ドイツのハンブルグ、オーストリアのウィーン、イタリアのトリノ…と5カ国に及ぶ取材を敢行。特に今回の取材では、2015年から新たにポストにつくことが決まったウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団との調印式、ドイツで初めて共演するオーケストラとのリハーサル・本番風景など指揮者としての姿から、ヨーロッパの町を転々としながら各地の名物料理に舌鼓を打つ姿、本来見せないと思われる本番前の楽屋や風景など、等身大の素顔にも密着する。
胸に秘める新たな野望、夢を追い続ける男、指揮者・佐渡裕の更なる進化を映し撮る!

プロフィール

佐渡裕

佐渡裕

1961年5月13日、京都生まれ。京都市立芸術大学を卒業後、1987年のタングルウッド音楽祭に参加。その後、故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。89年、新進指揮者の登竜門として権威あるブザンソン指揮者コンクールで優勝し、国際的な注目を集める。 
 現在ヨーロッパの拠点をベルリンに置き、一流オーケストラへの客演を毎年多数重ねている。2011年シーズンにベルリンフィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会で指揮を取り、2015年からはトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任することが決まっている。 国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務めるほか、オリジナルコンサート「佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサート」や「サントリー1万人の第九コンサート」を1999年以降毎年指揮。CDリリースも多数ありシエナ・ウインド・オーケストラを指揮した「ブラスの祭典」シリーズなどが大ヒットセールスを記録している。(現在52歳)


担当スタッフ

演出:三木哲
構成:重乃康紀
ナレーター:窪田等
音効:中嶋尊史
編集:宮島亜紀
制作協力:東北新社
プロデューサー:福岡元啓・竹田青滋・坂部康二・矢吹飛鳥

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ