「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2013年08月04日放送

林真理子

作家

「金もコネも美貌も無くても、野心があれば人生は変わる」人生論本が大ヒット・・・作家・林真理子、再ブレイクの謎に迫る!

 デビューから30年。彼女ほど、その作品や人となりが「好き」な人と「嫌い」な人に明確にわかれる作家も珍しいだろう。バブル時代に“ルンルン”という流行語とともに時代のセンターに現れ、直木賞や吉川英治文学賞を受賞。強いコンプレックスの裏返しとも取れる意地悪な視点は20代〜40代の女性から支持を受ける一方で、「鼻持ちならない女」と批判も受けてきた。金・コネ・資格・美貌の全てがないどん底から人気作家へいたった自らのこれまでを赤裸々に語った人生論本の『野心のすすめ』が発売から3ヶ月で40万部をこえる大ヒットとなり、還暦を前に今、再びブレイクの季節を迎えている。
 番組ではそんな林の多忙な日々に密着。執筆以外にも歌やコスプレ(?)、女友達である脚本家の中園ミホと出かける合コンまで・・・常に貪欲、いつもパワフル。欲しいものを手に入れるために野心を燃やし猛烈な努力をする反面、愛すべき“脇の甘さ”がそこかしこに見える強烈な個性の女流作家、林真理子の素顔に迫る。

プロフィール

林真理子

林真理子

1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、1982年処女作のエッセイ『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞受賞。1997年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞受賞。連続ドラマ化もされた原作『不機嫌な果実』『anego』『下流の宴』などが大ヒットし、週刊誌の連載も多く持つ。2013年4月発売の『野心のすすめ』が7月にオリコンランキング首位を獲得。現在直木賞をはじめ5個の文学賞の選考委員を務める59歳。


担当スタッフ

演出:小山順子
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:後藤一平・倉渕宏幸
音効:金田智子
編集:重乃康紀
制作協力:ホリプロ
プロデューサー:福岡元啓・藤原努

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ