「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年11月25日放送

中東久人

料理人

紅葉真っ盛りの京都の山奥で“幻の食材”を探し求める料理人に密着!

 京都の奥座敷、花背の里にたたずむ料亭旅館の美山荘。京都駅から車で一時間半以上、バスは1日3便しかない辺境の地だ。だが、この山里には名だたる著名人が訪れ、歴史作家・司馬遼太郎氏の随筆「街道をゆく」にも登場する。『方丈記』の時代から脈々と受け継がれた山里文化を今に残し、文人たちが愛してやまないこの地で4代目当主として腕をふるうのが料理人・中東久人だ。26歳の時、他界した父の後を継ぎ当主となって17年、官能的なまでの美しさと五感を震わせる味わいで「究極の日本料理」と高い評価を受けるようになった。そんな中東のこだわりは“香り”「花背でしか食べられない料理を提供したい」という想いのもと、知り合いの農家や近隣の山々を精力的に回り、数々の「魅惑の食材」を探し求めてきた。
 番組では紅葉シーズンを迎え美しく色づいた花背の里で、山を愛し地元の旬にこだわり続ける料理人と、その家族が織り成す料亭旅館の舞台裏をお伝えする。

プロフィール

中東久人

中東久人

1969年・京都生まれ。高校卒業後、米国とフランスの大学でホテル経営を学ぶ。パリのレストランなどでサービススタッフとして働いた後、24歳で帰国。石川・金沢の料亭で修業を積み、26歳で「美山荘」四代目に就く。43歳。


担当スタッフ

演出:重乃康紀
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:浜崎務
音効:早船麻季
編集:宮島亜紀
制作協力:ダイメディア
プロデューサー:福岡元啓・河野純基

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ