「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年11月11日放送

向井理

俳優

人気は折り紙つき。その実力のホドは・・・?30歳を迎えた向井理を8ヶ月の長期密着で徹底分析!

 デビューから6年、今や映画やドラマで主役を務める存在となった向井。端正なマスクに清潔感溢れる佇まいで幅広い世代の女性から支持されるが、今年30歳を迎えた当人はというと、「もっと上手くなってるはずだったし、もっとスキルを身につけて良い役者になっているはずだったのに・・」とかなり自己評価は低い。

 番組では今の人気に甘んじることなく一つ一つの仕事に真剣勝負で向き合う向井の姿を8ヶ月間かけて長期密着した。ドラマ「サマーレスキュー」の天才外科医役で見せたこだわりや、舞台「悼む人」(原作は天童荒太の直木賞受賞作)での役作りの中などから見えて来たのは、かなりの『負けず嫌い』ぶり。それは束の間の休日、趣味の草サッカーをする現場にも垣間見られ・・。

プロフィール

向井理

向井理

1982年、神奈川県生まれ。明治大学農学部生命科学科卒業。2006年に芸能界デビューし、映画やドラマ、CMで幅広く活躍する。2007年、TBS系『世界ウルルン滞在記』でカンボジアに行ってから、「第2の故郷」と公言し、2011年には、外務省の委嘱を受けて初めての「日本・カンボジア親善大使」になった。趣味はサッカー、6年続けたバーテンダーとしての腕前はかなりのもの。30歳。


担当スタッフ

演出:梛木泰西
構成:稲原誠
ナレーター:窪田等
撮影:伊藤加菜子・加藤実智雄・石黒裕一
音効:中嶋尊史
編集:宮島亜紀
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:福岡元啓・梛木泰西

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ