「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年10月14日放送

前田健太

プロ野球選手

CS出場は逃したものの・・広島のエース・マエケンに密着。孤軍奮闘した今季への想いから、意外な過去。そして大爆笑の「多すぎる登板前ルーティーン」まで。

 史上最年少で投手三冠に輝き、今や『球界を代表するエース』に成長した広島の“マエケン”こと前田健太。今季も防御率リーグトップながらも、本人は・・『満足感が無い』と苦笑い。それもそのはず、初のクライマックスシリーズ出場が期待されつつもチームは終盤に失速し、蓋を開けてみれば15年連続Bクラス確定・・。今年、入団6年目のマエケンは未だCSや日本シリーズといった大舞台の経験が無く、「緊張感ある試合で、結果を残してこそ”エース”と称されるもの」とジレンマを抱えていた。
 番組では、エースとして孤軍奮闘し続けたマエケンの今季に密着。試合当日の「風呂掃除・トイレ掃除」に始まって、食べるものから着るものまで・・実は多すぎる「登板前のマエケンルーティーン」も明らかに!魅力たっぷりの24歳の素顔に迫る。

プロフィール

前田健太

前田健太

1988年大阪府生まれ。もともとサッカー少年だったが、幼なじみに誘われ小学3年生で野球を始める。高校野球の名門・PL学園を経て、2006年の高校生ドラフト1位で広島に指名されプロ入り。入団4年目の2010年には、史上最年少で投手三冠に輝き、沢村賞も獲得。今年の4月にはノーヒットノーランを達成し、オールスターでは松坂大輔以来8年ぶりの投手としてMVPを獲得した。


担当スタッフ

演出:細見幸信
構成:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:稲岡和彦
音効:久坂恵紹
編集:新子博行
制作協力:MBS
プロデューサー:福岡元啓・藤島淳史

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ