「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年07月22日放送

桂文枝

落語家

三枝改め、桂文枝!型破りな男の襲名への150日に密着。

 落語にご興味の無い方でもこの名前はご存知だろう。20代からタレント・司会者としてテレビで活躍する一方、「創作落語」の第一人者としても知られる桂三枝。今月16日、69歳の誕生日を機に上方落語の大名跡「桂文枝」を襲名した。全国区となった「三枝」に別れを告げてまで、いま「文枝」を襲名しようと決意した理由とは?番組のカメラは師匠の日常や、新作披露の場ともなる襲名公演の舞台裏に密着する。「しんどいことをやるのは、運命、宿命、使命」と語り、古稀を前に今なお全力で走り続ける落語家の姿を追った。

プロフィール

桂文枝

桂文枝

1943年大阪生まれ。1966年に五代目桂文枝(当時は小文枝)に入門。翌年にラジオ深夜番組「歌え!MBSヤングタウン」で一躍人気者に。テレビのバラエティ番組の司会なども数多くこなす一方、「創作落語」で独自の世界を築きこれまでに227本を発表している。2003年より上方落語協会会長、2006年紫綬褒章受賞。


担当スタッフ

演出:郷原宏久
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:田中勝巳
音効:久坂惠紹
編集:大谷力
制作協力:放送映画製作所
プロデューサー:福岡元啓、曽山睦子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ