「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年06月24日放送

黒須成美

ロンドン五輪近代五種日本代表

「血を吐くまで練習しろ!」猛特訓を経て鬼コーチとロンドンへ。20歳の成長株が見せた涙と覚悟に密着

 オリンピック種目の一つ『近代五種』はフェンシングと水泳、コンバインド(マラソンとピストル)、乗馬という5種類を一日でこなす鉄人レースだ。世界では「キング・オブ・スポーツ」と呼ばれる競技だが日本では殆ど無名に近い。2010年に初めて女子の全日本選手権大会が開催されて以来、圧倒的な強さで連覇しているのが黒須だ。父親も元近代五種の選手で、まさに『二人三脚』で闘いを続けて来た。
 番組では、東日本大震災で練習拠点が被災したため拠点を韓国に移した黒須に密着。男子選手と共に一日9時間もの猛特訓を続けている姿を追う。当初はあまりの練習のハードさと日本恋しさで、練習時間以外は部屋に引きこもって泣いていた彼女だが、やがて人一倍の「負けず嫌い」な性格で語学もマスターし韓国での生活に馴染んで行く。悲願だった日本人女子初の五輪出場権を獲得したハタチの『汗と涙の9ヶ月』をお伝えする。

プロフィール

黒須成美

黒須成美

1991年茨城県出身。同じく近代五種選手の父(黒須秀樹)の影響で中学生からで本格的に近代五種を始める。2010年に初開催の第1回女子近代五種全日本選手権大会で見事初代優勝。翌年の第2回女子近代五種全日本選手権大会でも連覇し圧倒的な強さを見せた。2011年のアジア選手権では6位に入り、ロンドン五輪出場権を獲得。


担当スタッフ

演出:長南武
ナレーター:窪田等
音効:中嶋尊史
編集:舛本賢治
制作協力:AZUSA
プロデューサー:福岡元啓、武藤靖

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ