「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2012年04月29日放送

石井幹子

照明デザイナー

新名所「東京 ゲート ブリッジ」ライトアップの舞台裏とは?“日本の照明女王”と呼ばれる照明デザイナーに密着。

東京タワーや横浜ベイブリッジ、明石海峡大橋など国内有数の夜景スポットの照明デザインを手がけてきた石井幹子。日本の照明デザイナーの草分け的存在で、国内は勿論、ヨーロッパやアメリカ、中近東などでおよそ50年にわたって活躍を続けてきた。70歳を越えた今も第一線を走り続ける石井が目下、力を注いでいるのが今月25日からライトアップが始まった東京の新名所「東京ゲートブリッジ」だ。飛行機や大型船の航路にあるため橋自体が変わった形状をしている上に、照明の明るさ制限も設けられているなど「難題」が山積みのこのプロジェクトで、石井は8年がかりで編み出したある「技」を試みた。「最新技術」と「日本の和」を融合させたという新しい「あかり」の姿とは?東京の新名所誕生の舞台裏に迫る。

プロフィール

石井幹子

石井幹子

東京都出身。東京芸術大学卒業後、フィンランド・ドイツでの活動を経て1968年石井幹子デザイン事務所を設立。東京港レインボーブリッジ・上海ワールドフィナンシャルセンターなど国内外で様々な照明デザインを手がける。2000年に紫綬褒章受章。スタッフ曰く「とにかく仕事の虫」。夫は学者、一人娘の明理さんも照明デザイナーとして活躍中。


担当スタッフ

演出:福田玲音
構成:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:鈴木克彦・木村浩之・三好保彦
音効:早船麻季
編集:宮島亜紀
制作協力:ジン・ネット
プロデューサー:福岡元啓・高世仁・西田治彦

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ