「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2011年12月18日放送

田向健一

獣医

「ウーパールーパーの腫瘍」「脱腸したカエル」・・ペットの病気、何でも診ます!“珍獣ドクター”奮闘記

 東京に、ちょっと変わった動物病院がある。待合室にいるのは見慣れた犬や猫だけでなく、ハリネズミ・ウーパールーパー・タランチュラにカメレオン…「どんな動物でも診察する」という噂を聞きつけ、遠く九州からの「患者」もいる。爬虫類に両生類、哺乳類に魚類とこれまでに100種類以上の動物を診察してきた田向院長にいつしかついたあだ名は“珍獣ドクター”。
 番組では“腫瘍の出来たウーパールーパー”や“脱腸したカエル”など、「一体どうやって治療するのだろう?」と思うような動物たちにも真摯に向き合い、研究を重ねて新しい治療方法を開発していく田向に密着。ペット大国と言われて久しい日本で、獣医としての責任を全うしたいと未開の分野である「珍獣医療」の現場に立ち続けるドクターの姿をお届けする。

プロフィール

田向健一

田向健一

1973年愛知県生まれ。東京都大田区にある田園調布動物病院院長。幼少からの動物好きで、中学生の時飼ったイグアナは23年間生き、最期を自らの病院で看取った。大学時代は探検部に所属しアマゾンなどを探索した経験も。亀の飼育が縁で付き合い始めたという妻と二人の息子と暮らす38歳。


担当スタッフ

演出:重乃康紀
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:水上智重子
音効:早船麻季
編集:宮島亜紀
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:福岡元啓、東考育

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ