「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2010年06月06日放送

遠藤保仁

プロサッカー選手

プロサッカー選手・遠藤保仁〜男三十歳にして初のW杯出場!4年前の屈辱を胸にいざ南アフリカへ〜

いよいよ開幕するサッカーワールドカップ。「寝不足上等!」「魂は南アフリカへ!」サッカーファンにとって“夢の1ヶ月”が始まるのを前に、番組では「チームの心臓」と呼ばれるMF遠藤保仁に密着。日本屈指のゲームメーカーと言われながらもことごとく大舞台に縁が無く、前回のドイツW杯ではピッチに立つことすら叶わなかった遠藤。猫背、ボソボソ喋りの30歳。若くもないし目立たない・・でも「誰よりもサッカーを良く知る選手」と周りからの信頼は厚い。番組では10日に2試合のハイペース出場する姿を追うと共に、3人の幼い子供と過ごす表情や地元・鹿児島への帰郷、さらには「マル秘リラックスタイム」まで完全密着。“男三十にして”ワールドカップ初出場する遠藤保仁、通称「ヤット」の魅力と可能性を徹底分析する!

担当スタッフ

演出:藤島淳史
ナレーター:窪田等
撮影:奥村恭介
音効:井田栄司
制作協力:毎日放送
プロデューサー:上野大介

情熱語録

ちっちゃい時から言われてましたね。
「体より頭を使える選手がいい選手や」って。
体力測定とかしたら間違いなくビリの方っすよ。
そこは自信あります。
「それでも日本代表になれるんです」って
小さい子供が勇気を持ってもらえれば。


(Q:現在の日本代表メンバーには華がないと言われるが…)
1本綺麗に咲く花か、
11本努力して咲こうとする花か、
どっちをとるかですよね。
最高の輝きは見せないけど
ずっと咲いている花。
まぁ、きれいな言い方をすれば…。


(岡田監督「W杯4強を狙う」宣言について)

一番最初、(中村)俊と、俺と、(中澤)佑二が呼ばれて。
岡田さんが(監督に)就任して、部屋に呼ばれて、
チョー真剣に
「ベスト4狙うから」
「そのためにやってくれるか?」。

(言われたんですか?)

はい。
3人呼ばれて言われて
「お前らが中心になってやってくれ」みたいな。
それは言われましたよ。
チョー真剣に…。

「はい」「やりましよう」…みたいな。

相当難しいミッションですけど、
やる俺らが「いや、厳しいでしょ」とか思ってもね。

負けないサッカーをするより
勝つサッカーをしよう、みたいな…。


(W杯日本代表の座を勝ち取れた原動力は?)
気持ちですよ。
やっぱり。
4年前は悔しい思いもしましたし、
その前からもいろいろ
辛い経験もいっぱいありましたし。

やはり「日本のトップに立ちたい」って
その気持ちでずっとやってきましたけどね。

ん〜まぁ、ワールドップは壁がいっぱいあると思うんで、
その壁を一つ一つ破って行けれれば、
間違いなくいい結果が出せると思いますし、
そう信じてやってるので。

まぁ、みんなで喜んで
日本がまたこう…サッカーフィーバーみたいに
帰ってきたときに
そうなっていれば嬉しいかなとは思いますけど。

情熱の瞬間

▼鹿児島の実家の風景。「心に秘めたものはあれど、飄々とやってるのは昔と変わらない」と母。部屋には父が贈った寄せ書き。(23:14)218クリック
▼日本代表・岡田監督「W杯ベスト4を目指す」宣言の真相を激白。「相当難しいけれど、やる俺らが「厳しい」とか思ってもね。負けないサッカーより、勝つサッカーをする」。(23:20)461クリック
▼キャンプを打ち上げ、いよいよ南アフリカの地へ。スタッフの「日本を頼みます!」の声に応えて「任せといてください」。(23:28)840クリック

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ