「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2010年02月07日放送

上村愛子・伊藤みき

女子モーグル日本代表

 いよいよ開幕するバンクーバー五輪!今回の情熱大陸は、大注目の女子モーグル上村愛子・伊藤みきの2人に密着する異例の『ダブルキャスト』でお送りする。一昨季のW杯では破竹の5連勝、昨シーズンは世界選手権で日本人初の2冠達成と今ノリに乗ってる「30歳の女王・上村愛子」と、昨シーズンW杯で初の表彰台に上った「22歳の新鋭・伊藤みき」“癒し系”の風貌とは裏腹に、勝ち負けの世界で生きることを楽しむ伊藤みきの姿を中心に、バンクーバー五輪直前の2人を取材した。また、10年前に番組が取材した20歳の上村愛子も登場する。不安と重圧と目標を抱えて今、日本が誇る“雪上の女神”たちはどんな明日を見つめているのだろうか?

担当スタッフ

演出:松葉直彦、田中章博
構成:野村安史
ナレーター:窪田等
撮影:小島良児
音効:井田栄司
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:松葉直彦、上野大介

情熱語録

オリンピックとかの舞台でバーっと滑るじゃないですか。
スキーってそれが出来る年齢が限られていて、
自分で今、「私の滑りはこれ!」みたいなものが
出来上がってきているからすごい楽しいんですけど、
でも、それが出来なくなるのも、あっと言う間なんですよね。
でも、歌はずっと歌えるよなと思って、
うらやましいなぁ〜。
(車の中で宇多田ヒカルの歌を聞きながら、上村愛子選手)


もう、すっごい悔しくて。
もう、嫌や嫌や!なんでなん!?
って思ってる状態でも、
すごい幸せなんだなぁ〜、
楽しいなって思いましたね。
(伊藤みき選手)


こういうこともあるんだ、っていうぐらい 自分の手に負えないぐらいの緊張をしてたので。

あの緊張をもう一回明日味わって
それで自分で対処できたら最高だなぁって思うので、
もう1回あの変なやつ(緊張)が来て欲しいなぁって思います。
(1/16ワールドカップ第6戦で、伊藤みき選手)


怖いですよ!すごく怖いですけど
その先にあることを考えると楽しいので、
ちょっと楽しんできます…みたいな。
(1/16ワールドカップ第6戦で、伊藤みき選手)


順位は関係ないと思っていたんで、
すごく今はあの感覚が戻ってきたことが嬉しいです。

いつもなら板を横に振って止めるところを
そのまま突っ込んで行ったんですよね。
そしたらたぶん板が引っ掛かって
雪にとられたんですけど。

そんな悪いミスじゃないし。
初めてミスして
良い気持ちになりました。
(1/16ワールドカップ第6戦で、伊藤みき選手)

情熱の瞬間

▼十年前の『上村愛子篇』を見た伊藤「私の方が子供」。「20歳になっても何も変わらない。多分30になっても」の言葉を守るように今もこまめに手帳をつける上村(23:27)166クリック
▼伊藤選手、壮行会や同級生との再会に勇気をもらい、カルガリーにて上村選手とともにW杯第3戦に挑む(23:30)104クリック
▼果敢にチャレンジする滑りで転倒。前回との比較映像では5ターン、2.5秒を稼ぐ。
「初めて、ミスしていい気持ちになれました」。(23:42)212クリック

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ