「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2008年03月09日放送

内藤大助

ボクサー

 昨年10月のフライ級タイトルマッチ・対亀田大毅戦で、一夜にして時の人となった内藤。人々はこぞって内藤の健闘に拍手を送った。それは、すでに王者であったにもかかわらず、内藤の人生がこれまででもっとも変化した瞬間でもあった。
 そして3月8日、タイの前王者・ポンサクレックとの防衛戦が行われる。マスコミへの露出が増えた分練習不足になっていないだろうか、もしこの戦いに負けたら世間の目はまた大きく変わってしまうのでないか…周囲のこんな不安を、内藤はどう受け止めているのだろうか?
 防衛戦当日の舞台裏にもカメラが入り、内藤の真の闘いをつぶさに追う。

担当スタッフ

演出:平元克二、伊豫直哉
構成:古井知克
ナレーター:窪田等
音効:井田栄司
制作協力:TBSテレビ、ドリマックス、COMPLEX
プロデューサー:中野伸二、井口岳洋、新名宏次、菊野浩樹

情熱語録

(20歳のときにボクシングに出合う)
いじめられたっていうのを消したかったんだよね
もういじめられたくなかった、それでボクシング始めた。
ボクシングを始めることによって
俺を応援してくれる人がいっぱい増えたんだよね。
ものすごい嬉しかった、応援されることが。
「おめでとう」と言われること、
それが自分にとってやり続けられる励みになった。
今までなかったからね、そういうことがね。


(防衛戦を前にした練習後の共同インタビューで)
(ポンサクレック選手は相当な覚悟で挑んでくると思うんですけど)
だからなんだって話だ!!
俺の方が覚悟強いっていうの!
(なんのために戦いますか?)
応援してくれる人がいるからだよ、こんな俺をね。ホントだって。
カッコなんてつけてねぇ、こんな俺を応援してくれる人がいるから頑張れるの!
そういう人たちにいい試合見せたいし、高いお金払ってチケット買ってくれてんだから
俺の方が覚悟ハンパねぇ!


(タイトル防衛終了直後のリング上でのインタビューで)
こんだけのね、お客さんのお陰でね、
これ(チャンピオン・ベルト)を守れたと思ってますよ。
いや、本当にありがたい。
こんな俺って、いつも思って・・・本当に思ってね。
よく、俺の試合を観に来てくれるなぁって、
本当にこれは感謝しています。
どうもありがとうございます。


(試合後、一息ついてから)
(内藤さん、神様っていると思います?)
神様?
今、いると思うよ、俺は。
前は思ってなかったけど、うん。
いるんじゃないかなぁと思ってるよ。俺は。
神様いなかったらやってらんないって!

情熱の瞬間

┗23:18 こんな俺を応援してくれる人がいるから戦う、がんばれる(291クリック)
┗23:25 勝利は応援のおかげ感謝してます(278クリック)
┗23:28 神さま?今はいると思うよ(407クリック)

関連商品

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ