「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2007年11月18日放送

小栗旬

役者

役者・小栗旬(おぐり しゅん)、延長戦。
 「情熱大陸」史上初めて、2週にわたって伝える小栗旬の”今”。
 今回、取材スタッフは200日間小栗に密着。
 11日の放送では映画『クローズ』を中心に、時代を怒涛のごとく突っ走る小栗の姿を伝えたが、二夜目となる今回は、小栗が「もっとも好きだ」と公言してはばからない舞台の活動に焦点を当てる。
 現在小栗が取り組んでいるのが、蜷川幸雄演出、アルベール・カミュ原作の『カリギュラ』。超難解で台詞も多いこの芝居を「今、日本で演じられるのは小栗しかいない」と話す蜷川。想像を超えたハードスケジュールの中、師匠と仰ぐこの大演出家の期待に、小栗は応えることができるのか?
 「アイドル王子としか見ていない世間の目を、心地よく裏切りたい」と話す小栗の挑戦を、稽古から初日を迎えるまで見届ける。

担当スタッフ

演出:茂原雄二
ナレーター:窪田等
撮影:松永朋広、三好保彦、市川元樹
音効:井田栄司
制作協力:SLOWHAND
プロデューサー:中野伸二、井口岳洋、伊豆田知子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ