「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2006年07月23日放送

イビチャ・オシム

サッカー監督

イビチャ・オシム、65歳。
1941年、サラエボ生まれ。旧ユーゴスラビア代表として活躍した。
「日本代表監督内定」報道で一躍時の人となったのは、ついこの間のこと。現在監督をしているジェフユナイテッド市原・千葉のキャンプが6月下旬から行われたが、100人以上の報道陣が集まり取材制限は厳しくなる一方だった。
そんな中実現した”単独インタビュー”。サッカーへの思い、監督という職業について、そして日本サッカーの未来を90分間にわたって熱く語った。
サッカーの道を歩まなければ、数学者になりたかったというオシム監督。明晰な頭脳と機知に富んだ言動で、彼は「名将」と呼ばれる。
また故郷の内戦では、サラエボ分断によって、家族と2年半もの間会うことができなかった苦い経験を持つ。
番組では、サッカーと人生が深く交錯し続けてきたオシム監督の「情熱の源泉」を探る。

担当スタッフ

演出:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:高橋秀典
音効:井田栄司
制作協力:プロポ
プロデューサー:中野伸二、寺中桂子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ