「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2006年01月15日放送

小池ミモザ

バレエダンサー

バレエダンサー・小池ミモザ、22歳。モナコにあるモンテカルロバレエ団は今、ヨーロッパで最も名高いバレエ団として君臨している。そこで小池は昨年秋、日本人初、そしてバレエ団史上最年少ソリストになった。
「日本では背が高すぎて相手役がいないといわれた」小池は身長・175cm、団員の平均身長も175cmのこのバレエ団でまさに水を得た魚のように踊っている。手足の長い美しい肉体美、驚異的な柔軟性・・・。そんな彼女を見出したのは、振付家であり、モンテカルロバレエ団の芸術監督をつとめるジャン・クリストフ・マイヨーだった。
現在バレエ団は20周年記念公演「真夏の夜の夢」に向けての稽古が始まっている。役獲得のためにしのぎを削るダンサー達の中で、小池に割り当てられた役は・・・?
異国の地で、ダンサーの頂点・エトワールを目指す一人の女性の跳躍の時をカメラが追う。

担当スタッフ

演出:高橋靖治
構成:たむらようこ
ナレーター:窪田等
撮影:轟修男
音効:中嶋尊史
制作協力:TBS-V
プロデューサー:中野伸二、深澤彩

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ