「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2005年10月02日放送

内山りゅう

生物写真家

生物写真家・内山りゅう、43歳。東海大学海洋学部水産学科を卒業した内山は、「生き物」に関わって生きていけるということで生物写真家の道を選んだ。とくに日本産の淡水魚にこだわり、今まで出版されてこなかった特殊な魚類図鑑などを世に送り出すため出版社の立ち上げにも参加してきた。その活動は世界的にも注目を集め、7年程前からは紀伊半島に居を構え、50以上の水槽がある水生生物撮影用のスタジオも作った。
内山は、川に生きる生物をカメラで捉えることによって、水の世界そのものの美しさを表現しようとする。たとえば、真っ青な空を飛んでいるようなアユの写真。これは川底からアユを捉えたものだが、そこにはどこまでも透明な水、急流の泡、水面に反射する太陽の光・・・内山がシャッターチャンスを待って浅瀬で横になったまま何時間も動かないでいたら、水死体と間違えられて通報されたこともあるという。
これまで内山は「アユ」や「大山椒魚」の写真集を制作しているのだが、実はそれまでアユや大山椒魚の単独での写真集は日本では出版されたことがなかった。「水の国・日本」と呼ばれながらも、その実態や環境は驚くほど一般には紹介されていなかったことに気付いた内山は、次第に生物そのものから、それらを取り巻く環境全体に目を向けるようになっていった。今年は4年かけて撮影した写真図鑑「田んぼの生き物図鑑」を発表した。
内山の写真に写しだされる生き物達、それを取り巻く水の世界・・・。そこに見えてくる日本の原風景は、何を訴えてくるのだろうか。

担当スタッフ

演出:河合希絵
ナレーター:窪田等
構成:たむらようこ
撮影:古島茂
音効:田村智之
制作協力:イースト
プロデューサー:中野伸二、瀬崎一世

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ