MBS 毎日放送

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ2020

スーパーキッズ・オーケストラとは
佐渡裕が率いる、全国からオーディション選考された小学生から高校生までの演奏家。
年に1度の、定期演奏会のご案内です。
日時・会場
2020年9月5日 土曜 [ 16時 開場 / 17時 開演 ]
2020年9月6日 日曜 [ 13時 開場 / 14時 開演 ]

【 会場 】
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
〒663-8204 兵庫県西宮市高松町2-22

阪急 西宮北口駅南改札口スグ
JR 西宮駅より徒歩15分(阪急バス7分)
チケット詳細
A席 3,000円
B席 1,000円
※ 税込・全席指定
※ 小学生以上を対象とさせていただきます。小学生未満の方の入場はご遠慮ください。
※ 公演時間 約90分(休憩なし)

【 発売 】
2020年7月25日 土曜

【 各種プレイガイド 】
芸術文化センター
公式サイト

e+(イープラス)
公式サイト

ローソンチケット
公式サイト 

チケットぴあ
公式サイト

【 直接購入 】
芸術文化センター  2階 総合カウンター (7月26日より、残席がある場合のみ。)
お問い合わせ
芸術文化センターチケットオフィス

【 電話番号 】
0798-68-0255

【 受付時間 】
10時〜17時  ※月曜休、月曜が祝日の場合は翌日休。
チケットご購入のお客様へお願い
新型コロナウイルスに対する感染予防対策徹底のため、次の事柄にご協力をお願いします。

●37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。また、発熱等の風邪症状がある場合は、ご来場をご遠慮ください。
●芸術文化センターでの販売は、来場者情報把握のため、先行予約会員に登録いただける方に限定させていただきます。一度のご購入につきお一人様2枚までとさせていただきます。
●プレイガイドでの販売はインターネットのみとさせていただきます。取扱いについては各プレイガイドにお問合せください。
●入場者数を制限して販売いたします。
●ご購入者以外のお客様が来場される場合は、来場時にご連絡先をご記入いただきます。なお、当センターが感染経路となった疑いが生じた場合には、保健所等関係機関にお客様の情報を開示することがありますので、予めご了承ください。
●マスクを着用されない方はご入場できません。
●感染の再拡大等により、公演の中止や、出演者、公演内容、座席配置等が変更となる場合がございます。
●ご来場前に兵庫県立芸術文化センター ウェブサイト掲載の「お客様へのお願い」をご確認いただきますようお願いします。

兵庫県立芸術文化センター ウェブサイト「お客様へお願い」
主催・協賛
【Supported by】
サントリーホールディングス ピアス株式会社

【協賛】
AIG損保 大阪ガス 雄山 ECC Audi西宮・Audi神戸・Audi宝塚

【協力】
MBS

【助成】
みなと銀行文化振興財団

【主催】
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター
佐渡 裕より 公演によせて
スーパーキッズ・オーケストラは例年4月にオーディションを実施し、数名の新しいメンバーを迎えます。5月からコーチとの練習を開始し、シーズンを終えた僕が帰国して7月から指揮に加わり、夏休みの間集中的にリハーサル、合宿を重ね、9月の演奏会までにチームワークを磨いて本番を迎えています。しかし今年は新型コロナウイルスの影響で活動ができず、この原稿を書いている6月現在、ようやく段階的に学校が再開に過ぎない状況の下、SKOの活動は止まっています。
けれどこんな時だからできることは何かないかと、メンバーと共に考えて始まったのが4月からスタートした佐渡裕とSKO2020のメンバーの文通プロジェクトです。音楽のことから日常の悩み相談まで、様々なことが僕に寄せられて来ますが、文通を通じてメンバー一人一人に声を掛ける中で大きな成長を感じています。
 現在は、演奏会を巡る状況が日々変化し、先の見えない緊急事態です。しかし何があってもどんな形であっても、9月にはSKOとの演奏会を実現させようと思っています。こんな内容を演奏会のチラシに書くというのは前代未聞のことですが、これが今ありのままの気持ちです。今年のSKOメンバーは2020年の演奏会を完全燃焼でやり遂げると僕は信じています!

佐渡 裕
プロフィール
【 佐渡裕 】
京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。
パリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルン放送交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団等、欧州の一流オーケストラに多数客演を重ねている。2015年9月より、オーストリアを代表する110年以上の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、欧州の拠点をウィーンに置いて活動している。また、オランジュ音楽祭「蝶々夫人」(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)、トリノ王立歌劇場「ピーター・グライムズ」、「カルメン」、「フィガロの結婚」など海外のオペラ公演も実績を重ねている。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。CDは「ベートーヴェン〈運命〉/シューベルト〈未完成〉(ベルリン・ドイツ交響楽団)」など多数リリース。最新盤は、トーンキュンストラー管弦楽団を指揮した14枚目のCD「佐渡裕×辻井伸行 ラヴェル作品集」を2020年5月にリリース。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP新書/PHP文庫)などがある。
オフィシャルファンサイト


【スーパーキッズ・オーケストラ】
兵庫県立芸術文化センターのソフト先行事業として2003年より活動を開始。高い演奏技術を持つ全国の小学生から高校生までの弦楽器に取り組む子供たちをオーディションにより選抜し、当センター芸術監督の佐渡裕の指揮・指導により、様々な活動を展開している。毎年8月末の芸術文化センターKOBELCO大ホールでの成果発表演奏会のほか、県内市町と連携したミュージック・キャンプ、各種イベントやテレビ番組への出演をはじめ、2011年からは東日本大震災の被災地を毎年訪問し、心の復興を願う演奏会「東北“こころのビタミン”プロジェクト」を実施するなど、その活動は多岐に渡っており、各地で奏でられるクオリティの高い演奏と純粋な音楽で、全国より注目を集めている。2018年関西元気文化圏賞ニューパワー賞受賞。
公式ホームページ
演奏曲目
坂本龍一「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス (戦場のメリークリスマスより)」
チャイコフスキー「弦楽セレナード」
ほか