MBS 毎日放送

あるボクサーの死 ~精神医療を問う父の闘い~

2018年11月25日(日)放送

あるボクサーの死 ~精神医療を問う父の闘い~

ボクシングフライ級世界チャンピオンを目指すひとりのプロボクサーがいました。武藤通隆さん(28)。ボクサーをしながら、高校の数学教師でもあった彼は、プロ3年目の2015年12月、第8戦を戦い、次の試合に向けてトレーニングを始めていました。ところが、通隆さんは、2016年4月、自ら命を断ちました。ついこの前までリングで闘っていた息子は、なぜ死んだのか...。
57歳の父親にとって通隆さんは、離婚後、ひとりで育てた自慢の息子でした。ところが、2016年2月に心理的混乱に陥り、精神科を受診。すると、統合失調症と診断されました。向精神薬を注射され入院。投薬治療が開始されましたが、約2週間後、主治医は症状が安定したと判断し、退院を決めました。けれど、実際は、退院前夜に興奮状態になり、身体拘束され、更に強い向精神薬を注射されるような状況だったのです。主治医からは、「経営上の理由で、退院後3ヶ月間は再入院できない」と言われていました。にもかかわらず、退院後に本人自ら再入院を希望しましたが、許されませんでした。再入院できず、ただ向精神薬を規則正しく飲み続ける息子の顔は、どんどん覇気が無くなっていったと、父親は言います。そして自ら命を断ったのです。
どうして息子は、自殺したのか?疑問がぬぐえない父親は今年4月、真実を知りたいと裁判を起こしました。父親は、息子の退院に際しての医師の言葉が忘れられないと言います。「薬を飲ませてさえいれば、大丈夫...」。番組では、患者の心を診るべき精神科医療はどうあるべきなのか...、を考えます。

次回は、5月26日(日)深夜 0時50分から放送

壊憲 ~この国の憲法は、どこへ~

壊憲 ~この国の憲法は、どこへ~

映像’19は、1980年4月に「映像’80」のタイトルでスタートした
関西初のローカル・ドキュメンタリー番組です。

月1回、それも日曜日深夜の放送という地味な番組ながら、ドキュメンタリーファンからの根強い支持を頂いており、放送開始から30年が過ぎました。
この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放送連盟賞、日本ジャーナリスト会議賞、更にはテレビ界のアカデミー賞といわれる国際エミー賞の最優秀賞を受賞するなど、輝かしい成果を上げてきました。また、こうした長年にわたる地道な活動と実績に対して、2003年には放送批評懇談会から「ギャラクシー特別賞」を受賞しています。
これからも「地域に密着したドキュメンタリー」という原点にたえず立ちかえりながら、より高い水準の作品をめざして“時代を映す”さまざまなメッセージを発信し続けてまいります。

トップページへ