MBS(毎日放送)

サントリー1万人の第九
合唱団募集のご案内

平素より格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

コロナが「合唱の自由」を奪って久しくなりますが、昨今の行動制限の緩和措置を受けて
「サントリー1万人の第九」では今年、3年ぶりに合唱団の募集を再開し、9月から3か月間のレッスンを参加者合計「2,000人」と限定した上で復活させていただくことにいたしました。

この「2,000人」という数字につきましては、今後の感染症拡大状況、国・自治体の判断によっては一昨年、昨年のように大阪城ホールへお招きすることをとりやめる可能性があること、つまり夏からのレッスンのみのご参加になってしまうリスクをご了解いただいておくことを条件に各レッスン会場および大阪城ホールでの安全性を踏まえて、感染症対策のアドバイザリー契約を結んでいる医師が与えてくれた参加人数でございます。
このまま状況が改善していけば「1万人」に向けて人数を増やせることがあるかもしれませんが、希望的観測を述べることは差し控え、慎重を期したいと考えております。

なお、このプロジェクトを成功させるためには、ご参加いただくお1人お1人に「兄弟」を思いやる気持ちをお持ちいただき、細心の注意を払って日々をお過ごしいただくだけでなく、ワクチンを3回以上接種されていること(小学生は2回以上)がご応募いただく際の条件になります。また、首掛け式扇風機やマスクを着用の上、合唱いただくことまでは予定しておりますが、やむをえずPCR検査の実施等を含む想定外のお願いにご協力いただくことがあるかもしれません。

佐渡裕総監督、合唱指導の各先生もこの12月の「第40回記念公演」の成功に向けて
皆さまをお迎えするべく一丸となっておりますが、「合唱よりも皆さまの安全・安心が第一」、
それが私たち事務局の願いです。前年同様、オンラインでのレッスン、動画投稿も継続させる予定でございますし、今年、来年、再来年と「1万人の第九」の伝統を、少しずつであっても事故なくつないでいきたい気持ちでいっぱいです。
どうかご無理のないよう、ご検討いただけましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年6月28日
サントリー1万人の第九 事務局

SHARE
Twitter
Facebook