MBS 毎日放送

田丸一男アナウンサーのブログ

title

国勢調査とは

更新:2015年9月15日
5年に一度行われる国勢調査。今回初めてインターネットやスマートフォンでの回答が可能となり、9月10日から20日までが回答期間です。ネット回答、意外に簡単でしたよ。そして9月26日から10月7日までは従来の「調査票」での回答となっています。国勢調査について調べました。

★実際に居住している人や通勤・通学する人たちの数を正確に把握

国勢調査は国(総務大臣)が10月1日午前0時の時点で、日本(竹島・北方領土は除く)に住んでいる人と世帯すべてが対象に調査します。国籍は問いません。居住の定まらないホームレスなどは、実際にいる場所で国勢調査員が調査をします。

1920年(大正9年)から5年ごとに行われていて今回が20回目。西暦の末尾が「0」の年には「大規模調査」(22項目)、「5」の年には「簡易調査」(17項目)が行われます。

国勢調査にもイメージキャラクターがあって「センサスくん」といいます。センサスの名前は、国勢調査を英語にした「Population Census」に由来します。「センサク」は古代ローマ時代、市民の登録や財産及び所得の評価、税金の査定などを担当した職員のことだそう。

今回、初めてパソコンやスマホでも回答できます。調査票を配る際にIDとパスワードも配布し、手渡しと郵送に加え、ネットでの回答も選べる「オンライン並行方式」になっています。回収率を上げるためです。1000万世帯を超える回答が予想され、世界最大の規模のネット回答になります。未回収率4.4%(2005年)は改善されるでしょうか?

住民基本台帳があるのに、なぜ調査が必要なのでしょうか?。例えば、災害時の対策などを想定する際には、その区域に実際に居住している人や通勤・通学する人たちの数を正確に把握することが必要だからだそう。 生活実態に即した行政運営の基準となる統計なんですね。

ちなみに前回(2010年)の国勢調査の経費は640億円。大半は全国70万人の調査員の人件費380億円でした。

田丸アナの過去のブログ

プロフィール

他のアナウンサーブログをみる

田丸アナのコンテンツ