大吉 洋平Photo

大吉 洋平アナウンサーのブログ

マイニチヒルズ大吉白書

Honmatsutentou

更新:2014年8月29日
今日のテーマは本末転倒です↓↓

とある昼時。



大吉「何かボリュームのあるもの食べたいですね。カツ丼とかカレーとか!」



河田先輩「いや〜あっさり蕎麦にせえへん?」



大吉「え〜いっつも蕎麦ですやんか!前もその前もずっと蕎麦ですよ!」



河田先輩「蕎麦は痩せるねん。昼を軽めに、蕎麦にするだけで、めちゃくちゃ痩せてん。最近オレ身体のこと気にしててさあ。」



大吉「え〜まあ、良いですけど。僕は蕎麦だけではお腹いっぱいにならないので丼のセットにしますわ。」



河田直也「お前、よう食うな〜食い過ぎちゃうか。30過ぎたらすぐ太るわ。」



〜蕎麦屋にて〜



大吉「え〜っと僕は、シラス丼セットで蕎麦は冷たいのにして下さい。あと大盛りで。」



河田先輩「え〜っとじゃあ僕は、牛しぐれ蕎麦なんですが、蕎麦も牛も超大盛りで。」









大吉「……??は??」



( 昼を軽めに、蕎麦にしたら痩せる…?身体に気をつかってる…?)



大吉「牛しぐれ?」



大吉「え、牛し、ぐ、れ?」



大吉「……超大盛り?」




大吉「Honmatsu Tento!!!! Oh my god!!!」


河田先輩「わー♪美味しそう☆夏はやっぱりスタミナや!!」

大吉「△×□*£※△×♯§@□……コメント不能」

Birthday

更新:2014年8月25日
8月23日に29歳になりました。


大勢の方々にお祝いをして頂き、感謝の限りです。

20代最後の年、思いっきり駆け抜けます。

will be 29 soon

更新:2014年8月21日
「世界の日本人妻は見た!」収録終わりで、何と番組スタッフからプレゼントが!?

自分でも忘れてしまいそうな、ちょっと早目の誕生日プレゼントでした!

嬉し過ぎて大騒ぎしてしまいました!


ぎゃーー!



更に!!

最近まで母国に帰っていたマダムザワールドの一人、ハンガリー出身のNoemiさんからもプレゼントが!?

私が大好きな手のひらサイズのアルコールボトル!

しかも中身入りだぜ!

ぎゃーぎゃー!


優しいスタッフと出演者陣に囲まれながらいつもワイワイやっています。


そして昨日は、数年前まで魔法のレストランで一緒にロケに行っていたスタッフと偶然東京のスタジオで再会しました。(写真右上)

お互い、何で!?とビックリ。



もう本当、ぎゃーぎゃーぎゃー!

疲れるわ。


プレゼントに、再会に、最高の一日でした。

volleyball

更新:2014年8月20日
週一で地域のバレーボールチームに通っています^^

仕事で行けないこともよくあるのですが、なんだかんだで1年近く続いています。

楽しいメンバーに囲まれながら、いつも滝の様な汗をかいています。


昨晩はこの暑さを皆で乗り越えようと焼肉会を開催。

食べ飲み放題、しっかりもとをとりかえしました^^

元気注入したので、今朝はいつもにも増してやる気がみなぎっています。

これから「世界の日本人妻は見た!」収録のため、東京へ行ってきまあす♪

be more ambitious

更新:2014年8月19日
本能のままに、野心むき出しで、下半期も突っ走る!


那須どうぶつ王国の子ライオンちゃん達から刺激を受けました。

日々、勝負!!

ッガオーーー!!

Embera Tribe

更新:2014年8月18日
先日取材で訪れたパナマ共和国で、数千年前から今のパナマで暮らすエンベラ族に出会いました。

1500年初頭、ヨーロッパ人がやって来るまでパナマには80を超える先住民族が存在していたそうです。

今では7つにまで激減していますが、その中のひとつであるエンベラ族は今もおよそ1万人がジャングルの奥地で暮らしています。



女性は鮮やかな生地の布で身体を隠し、男性は長方形の布を下半身にあてがい腰巻でとめる褌のようなスタイルです。

村の中央に集まり何やら話すエンベラ族の男性達

現在、エンベラ族が住む地域の一部はその豊かな自然を守るために国の特定保護区域になっています。

もちろん同時に彼等も国から守られているのですが、保護区になったことで昔は盛んに行っていた狩ができなくなったそうです。

川魚を獲ったり、農作物を栽培したりの自給自足の生活が基本です。

魚をさばくエンベラ族の女性とそれを見つめる猫

そんな彼等の生活を一方で支えているのは観光収入です。

都市部の旅行ガイドや代理店と協力し、観光客達にその生活模様を紹介し民芸品などを販売しています。

少しづつ文明との距離を縮め、しかし彼等が考えるところの守るべき伝統は残しバランスを保ちながら生活をしているのが現状です。



村には小規模ながら学校も存在します。

近くの街から派遣された教師が教えます。

彼等は通常エンベラ語を話しますが、学校に通っている若い世代はスペイン語も話します。



今回取材でお世話になったアントニオさん(魚をさばいているのはのアントニオさんの奥様)は観光客とエンベラ族を繋ぐパイプ役を担っていることもあり、流暢なスペイン語と多少ながら英語もお話になります。

最近は村を出て都市部での生活を選ぶ人達もいるようです。

我々が訪れた100人規模の集落の中では、現在2人の男性が村を離れ首都で働いていると話してくれました。



リアル世界君取材で様々な国の先住民や部族に出会いますが、その多くが先進国や都心と交流をもち観光業を仕事の一つにしています。

どうしても「古代からの暮らし」や「文明とかけ離れた生活」という側面ばかりに我々はスポットライトをあてがちです。

歴史を振り返れば各国の多くの先住民族達が列強に支配され、戦いの末ジャングルの奥地に身を潜めてきました。

ほとんどの場合が多くの犠牲を伴っています。



しかし、今は両者の歩み寄りが積極的になってきた時代です。

観光業に目を向け、国で流通する貨幣を手にしたからこそ、得ることも少なくないのではないでしょうか。

子ども達には教育を受けるチャンスが巡ってきたし、ジャングルでは不治とされた病も治療が可能です。

今の彼等は都市部に進出しモダンな生活をおくることだってできます。


もちろん、外部からやって来る多くの訪問者が彼等の生活を変えてしまっているという意見もあるでしょう。

結局、諸外国が今も昔も先住民族達の伝統を崩しているという見方もあるでしょう。



ただ確実に違うのは、植民化のなかで住む場所を奪われた昔とは違い、いまは彼等に選択肢があるということです。

文明を取り入れるか否か、都市部との繋がりを維持するのか切り離すのか、それは全て今は彼等が選び、決められるのです。



各国の部族に出会い私がいつも感じるのは、彼等はただただ利便性を追求しインフラを取り入れたり、貨幣収入だけを考えて観光業に従事している訳ではないということです。

何を受け入れ、何を手放すのか、常に慎重に議論し彼等がコントロールできるバランスを保とうと努力しています。


エンベラ族に関して言えば、子ども達は村の中にある学校へ通う時、都市部同様に制服を着用します。

これは、彼等が大人になった時、もし都会での生活を選んだとしても衣服というものにすぐ順応できるための準備なのです。

学校から戻り、家に帰れば観光客がいようがいなかろうが子ども達はすぐさま伝統衣装に着替えます。

それは彼等のルーツであり、アイデンティティを保つ方法、云わばプライドなのかもしれません。



取材中のふとした瞬間に、そういうシーンを目にしたり、私に話してくれたりすることがあります。

その都度、彼等がいかに冷静に現状を捉え、未来を見据えているのかを知らされます。


カツラ族に裸族、遊牧民に水上部族、これまで我々とは全く違った生活をおくる人々に各国で出会いました。

彼等と触れ合い、生活を体験し、お仕事を手伝い、共に遊ぶ。

もちろん、そこからお茶の間に伝えることができる興味深い一面も多くあります。

しかし、今後はもう一歩踏み込んでみたいと思うのです。


我々のような海外からの取材陣が訪れることについて実際どう考えているのか。

都会との繋がりが増していくことや、文明の利器が生活に入り込んでくることを彼らはどんな風に捉えているのか。

リアルと名が付くコーナーだからこそ、こういうった部分にも焦点をあてていきたいと思ったりするのです。

お世話になったアントニオさんと村の子ども達

夜勤中に書いているもので、なんだか長くなりました。


訪問国30か国を超え、これから更にリアル世界君を追及するために、何にどう迫っていこうかと、私も無い知恵を振り絞って考えるのです。



皆さん、今度ともリアル世界君を宜しくお願い致します。

Shout!

更新:2014年8月15日
東京で特別番組の収録をしてきました!

8月16日(土) 午後 3:00 〜関西MBSと関東TBSで放送される「世界究極絶叫ツアー In アメリカ」です^^

アンジャッシュ児嶋さん、大島麻衣さん、諸見里大介さんが最高の絶叫スポットを求めて“絶叫王国アメリカ”へ乗り込み、最新・厳選アトラクションを中心に徹底リポートします!

カジノとエンターテインメントで24時間眠らない街・ラスベガスで絶叫ツアーを敢行!

郊外の砂漠を爆走するサンドバギーでアクシデント勃発!?

更に諸見里大介さんはナイアガラの滝より高い、落差51mの世界一のウォータースライダーに挑戦!


私はアンジャッシュ渡部さんと共にスタジオで解説&実況を担当しました!

暑さも吹っ飛ぶ爽快なVTRの数々に我々も終始大盛り上がりでした。

とにかく思いっきり叫んで夏を乗り切りましょう!

明日午後3時〜関東、関西の皆様是非ご覧下さい!!

a special bar for one night once a year

更新:2014年8月13日
魔法のレストランRでお世話になっている制作会社ダイズの一夜限りのバー、ダイズバーにて♪

毎年夏に開かれる一夜限りの立ち飲みイベントです。

南森町のお好み焼き屋さんとのコラボレーションで今年も盛大に行われました。

魔法のレストランRで取材をさせて頂いた多くの関西飲食店関係者達も集まり、店内はぎゅうぎゅう詰めに。


全ては、私も大好きなダイズ社長平井さん(眼鏡さん)の人望に尽きる!

求心力のあるリーダーの周りには、放っておいても強力なサポーター達が集まってくる!

これ、仕事でも遊びでも共通して言えることだと思います。

夏はイベントが盛りだくさん、来年のダイズバーが楽しみだ(^^)/

weekends

更新:2014年8月11日
週末はアナウンサー室の中堅&若手会がありました^^

誰が中堅、誰が若手かはご覧の通り♪


アナウンサー室じゃない人も混じっていますが、その辺りはご愛嬌。

優しい先輩、可愛い後輩と過ごす最高のひとときでした^^

a new content

更新:2014年8月8日
MBSアナウンサーのホームページに新しいコンテンツが誕生しました!

「〇〇アナが〇〇アナを30秒で紹介します」

MBSアナウンサー36人がお互いのウラの顔を大暴露!?

誰が誰の秘密を語るのかは厳正なるくじ引きで決定!


アナウンサー達の紹介動画は近日公開です。

先ずは現在アップされている抽選会の様子を是非チェックしてみて下さいね!

パソコンからはこちら
スマートフォンからはこちら

A big star from Kyushu

更新:2014年8月7日
魔法のレストランRのロケへ行って来ました(^^)

ご一緒したのは、こちら↓↓


九州の大スター、高田課長さん!

カラアゲニストの資格を持つ高田課長さんと、大阪のデパ地下で鶏を食べまくりました。

さすがに最後は二人ともお腹がパンパン。

鶏冠が生えてくるかと思いました☆

放送は8月18日(月)よる7時〜。

水野真紀の魔法のレストランRを是非ご覧ください!

Walk of fame

更新:2014年8月6日
パナマからの帰りに乗り継ぎで訪れた、アメリカはカリフォルニアのハリウッドにて。

世界で成功したスター達の名前が刻まれたWalk of Fameで一枚♪


巨匠スピルバーグ監督の名を発見しました。

いつかは、ここに!!

なんつって。

finally got to here

更新:2014年8月4日
10日間のコスタリカ共和国、そしてパナマ共和国の取材を終え無事に帰国しました。

中南米では、これまでメキシコ合衆国、コロンビア共和国、ドミニカ共和国、ブラジル連邦共和国を取材しました。

いつも思うのは、やはりあちらの方面は非常に遠いということ。

乗り継ぎ時間を含めると大体30時間の長旅になり、到着までに栄養ドリンクを2本飲むのが恒例です。

しかし同時に、たったの30時間で地球を半周してしまう現代の航空事情にも毎回感心するのです。

新航路や新大陸の発見、更には東洋と西洋を繋いだ香辛料。

そんな歴史に各国で触れると、2日以内でジパングからアメリカ大陸だなんて、東インド会社の皆さんもぶったまげるだろうな〜なんて思うのです。


さて写真は、成田空港に到着する前に機内から撮影したものです。

田園にうつる飛行機の影が何とも日本らしくカメラを取り出したものの、タイミングが合わず森林になりました。

何だかアマゾン上空から撮影した写真の様にも見えますが、これは正真正銘の千葉県です。


というわけで、なにわ友あれ赤井英和!

いやいや、何はともあれ無事に帰国しました。

本日のちちんぷいぷい、是非ご覧下さいね。



プロフィール

大吉 洋平Photo
名前:大吉 洋平
生年月日:1985年8月23日
入社年:2008年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:甲南大学EBA総合コース
趣味:ビバリーヒルズ高校・青春白書DVD鑑賞(日本未発売のレア物もコレクションしています)、劇団四季鑑賞、秘湯巡り、スキューバーダイビング
何でもひとこと:東南アジアの裸族に、南米のスラム街、更に国際映画祭に至るまで、これまで世界40の国と地域で取材を積んできました。パプアニューギニアの離島で迷子になったり、スリランカで象と一緒に川に落ちたり、トルコの歴史ある伝統競技、オイル相撲で準優勝したり、常に命がけで取材をしています! また、トム・クルーズやベン・スティラーをはじめとするハリウッドスター達への公式インタビューに加え、ロシアの貴公子プルシェンコやサッカーブラジル代表ロナウジーニョ等、世界で活躍するスポーツ選手達へのアポ無し直撃インタビューも行ってきました。 現在は主に土曜日朝の情報番組「せやねん!」内で、お金班の一員として国内海外の出来事をお金目線で切り取り、取材をし、伝えています。 カメラやマイクが捉える画や音に、言葉を紡ぎその場の空気を伝えることが自分の使命だと思っています。取材時の瞬発力、対象にとことんくらいつく持久力、瞬く間に状況が変わっていく現場でも動じない機動力が自慢です! Manly High school Being Requested(オーストラリア)、 The State University of New York at Buffalo(アメリカ)、 Singapore Institute of Management (シンガポール)留学 TOEIC895 TOEIC・SPEAKING170 WRITING160、ニュース検定2級

担当番組