大吉 洋平Photo

大吉 洋平アナウンサーのブログ

マイニチヒルズ大吉白書

PNG

更新:2012年5月31日
20カ国25回目となる海外取材!!



今回の「ちちんぷいぷいリアル世界君」向かった先は南太平洋の楽園パプアニューギニアです。



ジャングルや森ばかりを想像していましたが、首都ポートモレスビーは急速に発展しています。

高層ビルが立ち並ぶ町の中を多くの日本車が走っています。

オーストラリアや中国からの輸入に頼る都心の物価は高く、卵(12個入り)が300円を超えちゃったりします。



一方、発展する首都とは対照的にまだまだ伝統的な暮らしを続けている方々もいらっしゃいます。

パプアニューギニアには700以上の部族が暮らし、それだけ言葉の数も存在します。

今回の取材ではジャングルの奥地で暮らすフリ族の村を訪ねました。


派手な装飾を身にまとった彼等は標高2000mを越える高地で生活をしています。

何と言っても注目すべきは、彼らが被っている大きなカツラです。

自分の髪の毛を18ヶ月間伸ばし続け作り上げるこのカツラは大人の男の証です。

毎日丁寧に髪の毛を整えながら丸みを帯びたキノコ型のカツラを作ります。


このカツラ、神聖な物として扱われているため私は触ることができませんでした。

しかし、せっかく村に来たのだから同じような格好をしてみてはどうだという村長さんの提案で、

カツラ以外の装飾品を身に付けさせて頂きました。


素っ裸になり腰蓑を巻き、お尻の部分は葉を重ね合わせ隠します。

顔には新成人を意味するペインティングを施し、首には貝や木の実でできたネックレスをつけます。

ほぼ全ての村人が同じ様な格好のため、この方が場の空気に馴染み居心地が良かったです。

ただ、どうも腰周りがスースーして心細かったです。




フリ族の男達はもちろんこの半裸状態で狩に行き、畑を耕し、日々生活をしています。

岩場もぬかるみも裸足で進みます。

私も同じようにと歩くのですが、足の裏が痛くて痛くてなかなか思うようにジャングルを進めません。

聞くと、みなさん掌も足の裏もかなり皮が分厚くなっていると言います。

触らせて頂くと驚きました。

画鋲踏んでも痛くなさそうと思ってしまうぐらい、まるで革製品のように強くしなやかな皮膚でした。







最近では少しずつ文明も入ってきているようです。

村の中にはTシャツを着ている子供もいました。

働く女性を見ていると、食材を入れるプラスチック製の大きなタライ等も使っていました。

自給自足だけでは追いつかず、観光客相手に仕事をする人もいるようです。




国の成長に伴いフリ族の生活も変わりつつあります。

おそらく5年後、10年後には彼等を取り巻く環境は更に大きく変わっていることでしょう。

だとしたら同じ場所に再び来ても、もうこんな光景は目にできないのかも。




でも私はそれはそれで良いのではないだろうかという気がしています。

ジャングルの奥地で生きるカツラ部族は、永遠にそのままの姿でいて欲しいと半ば夢物語みたいに我々は願いがちです。

ナチュラリストみたいな方々はすぐに、観光客の増加が部族の生活を変え伝統を崩したとか言いたがります。

そういうケースも少なくないし、当てはまるところもあると思います。

ただ、我々の生活だって時代と共に目まぐるしく変わり、その変化の中にプラスもあればマイナスもあります。

変化は強いられたのではなく、彼等が選んできたものです。

それも彼等の歴史の一部であり、人の営みとして実に自然なことだと思います。



またいつかあの村で彼等に出会う時は、別れ際にメールアドレス交換なんてこともあり得るのかも。


それはまたそれでおもしろいし、それもまた文化だと思うのです。





いろんなことを自問自答したパプアニューギニア、フリ族の村でした。


recipe

更新:2012年5月18日
最近スマートフォンの料理アプリなるものをダウンロードし自炊をはじめました。

料理の仕方が分かり易く紹介されているこのアプリ、レシピ君とよんでいます。



この日は吉竹先輩が取材で頂いたという完熟トマトを少し分けてもらいました。





CMみたいな綺麗なトマトです。


少し力を加えると潰れてしまいそうなほど熟しています。




レシピ君で「完熟トマト」を検索すると、出るわ出るわ美味しそうな料理の数々。

いろいろ考えた結果、トマトソースを作ってみることにしました。








レシピ君:オリーブオイルとガーリックでタマネギのみじん切りを炒めます♪

オオヨシ:料理素人には、タマネギのみじん切りが結構苦痛なんだな。




レシピ君:そこへ湯剥きし、ブツ切りにしたトマトを入れます☆

オオヨシ:え?湯剥きって何?それをネットで検索するのに時間がとられる。




レシピ君:潰しながら火にかけていきます☆

オオヨシ:っげ、フライ返しが無い。箸だとやりにくいなぁ。




レシピ君:塩、コショーにオレガノとレモンで味付け☆

オオヨシ:オレガノ!?って何だよ。イマカノ、モトカノみたいな響きだな。ないからいいっや。




レシピ君:ぐつぐつ煮込んだら完成☆

オオヨシ:時間を明確に書いてくれないと不安で仕様がないぜレシピ君。






でも、なんとかできました。


初めてにしては上出来じゃないでしょうか。


茹でたパスタにかけてみました。


うん。旨い!!


自分で作ったから、より美味しく感じる。



次はミートソースを作ってみたい。


レシピ君、長い付き合いになりそうだな。

mexican

更新:2012年5月17日
最近、メキシコ料理にはまっています。


今日のランチはタコライス↓↓


タコライスの「タコ」は「蛸」じゃなくて「Taco」



トウモロコシ粉で出来た生地に挽肉や野菜を挟んだメキシコの伝統料理がタコス。

そのタコスの中身をご飯と混ぜ合わせたものがタコライスです。

サルサソースをたっぷりかけて、しっかり混ぜ合わせるのがポイント。


ピリ辛が食欲をそそります。


美味しかったので、結局タコスも単品で注文しました。



Mmmmm,iRica!! (スペイン語で美味しい☆☆)



あぁ、コロナビールなんてあったら最高だわ。

pictures in my mobile

更新:2012年5月9日
ここ最近撮った写真たち。


先ずはこちら。


らいよんちゃんと安田美沙子さんと記念撮影。

京都まつり会場にて。







続いてこちら。


毎週水曜深夜1:55〜放送しているアゲぽよTVに出演しているアゲぽよガールズの皆さんと。

楽屋にて。






そしてこちら。


Leaf6月号。

京都のお勧めレストラン2軒を紹介させて頂いてます。

コンビにや書店でお買い求め頂けます。是非ご覧下さい。






最後はこれ。


魔法のレストランプロデューサーが作った激旨マーボー豆腐。


携帯電話に保存しておくと、おかずが無い時これを見ながら白ご飯が食べられます。




以上。

over

更新:2012年5月8日
GW期間中の茶屋町京都祭り、皆様のご協力のもと大盛況に終わりました。

雨の中早朝からお並び頂いた方々、強い陽射しの中整理券の配布をお待ち頂いた皆様本当にありがとうございました。

皆様に会場でお会いし、お声をかけて頂いたり、楽しんで下さっている様子を見たりし、MBSはこれだけ多くの方々に支えられているのだと改めて実感しました。

テレビ、ラジオの向こう側で応援して下さる皆様の顔を想像しながら今日からまたより良い放送を目指します!





この人(?)も連日、着物姿で頑張りました↓↓


またMBS社屋で行われる催しがあれば、番組、HPそしてブログなどでご紹介します。


今後ともMBSを宜しくお願いします!!

Kyoto festival

更新:2012年5月2日
明日から3日間はMBS茶屋町京都まつりを開催します!!


茶屋町にあるMBS1階が京の街に大変身して皆様のお越しをお待ちしています。




目玉企画の一つは、京都の名店が手掛けた新作行楽弁当の販売です。

出店は「瓢亭」「菊乃井」「木乃婦」「祗園ささ木」「はふう」の5軒です。

普段はなかなか味わえない有名料亭の味を是非お弁当でお楽しみ下さい。



さらに「京都知新物産展」と題し、私がちちんぷいぷいの中で修業をさせて頂いた様々なお店の商品も販売しますよ。

上七軒にある老舗京菓子屋「老松」やお豆腐屋の「とようけ屋山本」など京都人から絶大な支持を受ける名店の商品が登場。

更に、会場は花政の鮮やかな活花が彩ります。

ぷいぷい千年千鳥のコーナーで千鳥のお二人が発見したお店も大集合です。


5月3日(木)〜5日(土)11時〜18時、茶屋町にあるMBS本社1階へ是非お越し下さい!!


初日の明日は、京都ウィークイメージキャラクター安田美沙子さんと共にお待ちしています。


是非会場でお会いしましょう!!




プロフィール

大吉 洋平Photo
名前:大吉 洋平
生年月日:1985年8月23日
入社年:2008年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:甲南大学EBA総合コース
趣味:ビバリーヒルズ高校・青春白書DVD鑑賞(日本未発売のレア物もコレクションしています)、劇団四季鑑賞、秘湯巡り、スキューバーダイビング
何でもひとこと:東南アジアの裸族に、南米のスラム街、更に国際映画祭に至るまで、これまで世界40の国と地域で取材を積んできました。パプアニューギニアの離島で迷子になったり、スリランカで象と一緒に川に落ちたり、トルコの歴史ある伝統競技、オイル相撲で準優勝したり、常に命がけで取材をしています! また、トム・クルーズやベン・スティラーをはじめとするハリウッドスター達への公式インタビューに加え、ロシアの貴公子プルシェンコやサッカーブラジル代表ロナウジーニョ等、世界で活躍するスポーツ選手達へのアポ無し直撃インタビューも行ってきました。 現在は主に土曜日朝の情報番組「せやねん!」内で、お金班の一員として国内海外の出来事をお金目線で切り取り、取材をし、伝えています。 カメラやマイクが捉える画や音に、言葉を紡ぎその場の空気を伝えることが自分の使命だと思っています。取材時の瞬発力、対象にとことんくらいつく持久力、瞬く間に状況が変わっていく現場でも動じない機動力が自慢です! Manly High school Being Requested(オーストラリア)、 The State University of New York at Buffalo(アメリカ)、 Singapore Institute of Management (シンガポール)留学 TOEIC895 TOEIC・SPEAKING170 WRITING160、ニュース検定2級

担当番組