大吉 洋平Photo

大吉 洋平アナウンサーのブログ

マイニチヒルズ大吉白書

Ken Watanabe

更新:2009年10月26日
先日、渡辺謙さんにインタビューしました。


10月24日に公開された映画「沈まぬ太陽」のインタビューです。


原作・山崎豊子、全5巻に及ぶ大作です。

1995年に刊行され、文庫版と合わせて700万部を超える大ベストセラーとなりました。


「この作品の映画化を見るまでは決して死ぬことが出来ない」


山崎豊子さん自身が言ったそうです。

原作者が映像化を熱望した、この作品。

主演の渡辺謙さんに話を聞くことができました。



この映画を見終えて、私が感じたもの。


それは「疲れ」でした。


映画そのものが3時間22分に及ぶことが疲れるのではありません。


サラリーマンとして、人間として、

自分につきつけられた質問の多さ、深さに疲れたのです。


仕事って何?

組織って何?

自分は何のために働くの?

深く考えたことあった?


エンドロールが終わっても、まだ席から立ちたくない。

もう少し、一人で考えさせて。

そんなことを感じる映画でした。


今回、渡辺さんには、感じたことを全てぶつけました。

渡辺さんは、映画の話になると眼力が変わります。

一言一言大切に、映画に対する想いを伝えてくれます。


映画を見た人も、まだ見ていない人も、

是非、渡辺謙さんのこの映画に対する声を聞いて下さい。


10月26日(月)放送のVOICEで放送予定です。

是非、御覧下さい!!


time to be naked

更新:2009年10月13日
先日、旅行へ行ってきました!!

インドネシア西パプア州ワメナという場所です。

オーストラリアのちょうど北側にニューギニア島という島があります。

島の真ん中に国境があって、東半分がパプアニューギニアです。

西半分がインドネシア領になっています。


今回、僕が訪れたのは西半分(インドネシア領)のワメナという場所。

目的は、今もなお裸で生活する部族、ダニ族に会うためです。


以前「世界ウルルン滞在記」の中で俳優の山本太郎さんがこの場所に行っているのを見ました。

僕、秘境とか僻地とかが大好きで、いつかチャンスがあれば自分も行ってみたいと思ってました。


今も、文明から遠のいて裸で生活をしている部族、、一体どんな人たちなんだろう。。

ず〜っと思ってました。


そして先日、運良く休みを取ることができ、今しかない!っと思い実行しました。


バリ島から飛行機に乗ってニューギニア島の州都ジャヤプラまでおよそ6時間。

そこからさらに飛行機に乗って高地ワメナへおよそ1時間。


ワメナから車と徒歩でやっと辿り着く大自然の中。

標高1900Mの山奥にダニ族は住んでいます。



ダニ族です!


こちらに走ってくるのは村長です。


ダニ族の言葉が分かる現地のコーディネーターが共にいたので、

身の危険を感じることはなかったのですが・・・


正直最初は怖かったです。


・・・本当に裸だ。。

分かってはいたものの、それが第一印象でした。


男性はコテカと呼ばれるペニスケース、

女性はコシ蓑だけをつけた格好です。


おどおどする僕を大変温かく出迎えてくれました。


この村で服を着ているのは不自然です。


すぐさま僕もこんな格好に・・・


ダニ族の村へ行けば絶対したいこと。

同じ格好をして記念写真を撮る!


出発前に意気込んでいましたが、意外に簡単に実現してしまいました。


旅に出るといつも思うんですが、デジカメとは素晴らしい発明です。

撮った写真をすぐその場で見ることができます。

鏡などなく、普段自分達の顔をあまり見ることがないダニ族は、

僕が撮影した写真を見せると大笑いして喜んでくれました。


子供達もこの笑顔。


一匹の豚を村人全員で食べるところ。


村で育てた野菜をとっているところ。


彼らの生活の一部をほんの少しだけ覗くことができました。



電気もガスも水道も何もない場所では、夜にはほんの小さな火の明かりがとても有難かったりします。

日本にいると絶対気が付かない大切な物の発見がたくさんありました。

あっという間の数日間でしたが、大変貴重な体験ができたと思っています。

今しか行けない場所、これからもチャンスがあればどんどん訪れたいです。


最後に旅で出会った素敵な人々を紹介。


いろいろ手伝ってくれた現地人のハルル。


食べているのはおやつに買ったサトウキビです。

こちらもいろいろ手伝ってくれたコーディネーターのジャスティヌス。


裸になった僕のことをずっと「Mr.コテカさん」と呼んでました。


飛行機で仲良くなった人々。

宿泊先で仲良くなった人々。

一人で旅をしているといろんな出会いがあって楽しいです。

さっ、次の休みはどこへ行こう。

皆さんお勧めの秘境あれば教えてくださ〜い。





プロフィール

大吉 洋平Photo
名前:大吉 洋平
生年月日:1985年8月23日
入社年:2008年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:甲南大学EBA総合コース
趣味:ビバリーヒルズ高校・青春白書DVD鑑賞(日本未発売のレア物もコレクションしています)、劇団四季鑑賞、秘湯巡り、スキューバーダイビング
何でもひとこと:東南アジアの裸族に、南米のスラム街、更に国際映画祭に至るまで、これまで世界40の国と地域で取材を積んできました。パプアニューギニアの離島で迷子になったり、スリランカで象と一緒に川に落ちたり、トルコの歴史ある伝統競技、オイル相撲で準優勝したり、常に命がけで取材をしています! また、トム・クルーズやベン・スティラーをはじめとするハリウッドスター達への公式インタビューに加え、ロシアの貴公子プルシェンコやサッカーブラジル代表ロナウジーニョ等、世界で活躍するスポーツ選手達へのアポ無し直撃インタビューも行ってきました。 現在は主に土曜日朝の情報番組「せやねん!」内で、お金班の一員として国内海外の出来事をお金目線で切り取り、取材をし、伝えています。 カメラやマイクが捉える画や音に、言葉を紡ぎその場の空気を伝えることが自分の使命だと思っています。取材時の瞬発力、対象にとことんくらいつく持久力、瞬く間に状況が変わっていく現場でも動じない機動力が自慢です! Manly High school Being Requested(オーストラリア)、 The State University of New York at Buffalo(アメリカ)、 Singapore Institute of Management (シンガポール)留学 TOEIC895 TOEIC・SPEAKING170 WRITING160、ニュース検定2級

担当番組