大吉 洋平Photo

大吉 洋平アナウンサーのブログ

マイニチヒルズ大吉白書

更新:2008年12月22日
阪急西宮スタジアム跡地にあるショッピングセンター阪急西宮ガーデンズに行ってきました。

2008年11月にグランドオープンし、現在は西日本最大級で国内でも3番目の広さだそうです。

やぁ、本当に広い。

西宮付近を通ったので、一時間だけ行ってみようというつもりで訪れたものの、、

結局、一時間だと全体の1/10も見られてない気がしました。


印象に残ったのは、COLD STONE CREAMERYというアイスクリーム屋さん。

アメリカからやってきたアイスクリーム屋さんだそう。

マイナス9℃に冷やした石の上で、アイスクリームとトッピングを混ぜ合わせるんです。

お客さんの目の前で、お客さんのオリジナルアイスクリームが出来上がっていく感じ。

店員さんが、その特殊な石の上で作業する時、歌を歌うのも特徴的。

何の歌なのかよく分からなかったんですが、何か海賊の掛け声みたいな歌を楽しそうに歌ってました。


ただ、このアイスクリーム屋さん、
とてつもない人気でして、、

私が行った時は長蛇の列。

是非とも食べてみたかったんですが、、

というか作ってるところを見てみたかったんですが、、

時間の都合上、結局遠くから眺めるだけでした。


もう少し、落ち着いた頃にコッソリ行ってみようかな。

でもまだまだ西宮ガーデンズの賑わいは当分落ち着かなさそう。

not my fault

更新:2008年12月18日
ショックのあまり、腰がぬけそうでした。。



4月から一人暮らしをしている私。

どうしても今年中に欲しいもの、、


ベッド。


インターネットやチラシなどでリサーチしまくり、

欲しいベッドは3ヶ月ほど前から決まっています。


ベッド購入は、なかなか大変な作業です。

私が購入したいベッドを取り扱っているお店は、

どう頑張っても車がないと行けない場所。

しかし、私は車を持っていません。

そして、購入したベッドを組み立てる作業も大変です。

一人でやるわけですから、時間がかかる。



しっかり、計画をたてて、進めないといけません。

休みの日を見計らって、今か今かとベッド購入プロジェクトを実行する日を狙っていました。


そしてついに先週、ベッドを購入するべく動きだしました。


この日のために、車がない私はレンタカーを予約していました。

朝からレンタカーでお店へ行き、すぐにベッドを購入。

レンタカーにベッドを詰め込み、家へ直帰。

すぐさま組み立て作業に着手。

部屋を掃除して、綺麗なシーツをかけて、

新しいフカフカベッドで寝る。


これが、私の”予定”でした。



はい、、、”予定”でした。




丸潰れ!!



ぜぇ〜んぶ、できませんでした。




私、ベッドのサイズを140cmだと、きち〜んと調べていました。

インターネットには140cmって書いてあったんです。

電話でも問い合わせました。

私の部屋におけるベッドは、部屋の間取り上、このサイズがピッタリでした。


しかし!


店へ行ってみて見本を見ると、、

何か、とてつもなくでかい。

こんなに大きいんや、、

???

でもおかしい。

こんなに大きいベッド絶対に部屋に置けない。


ほんまに、140cm?


店員さんに聞いてみる。


「あぁ、あの140cmっていうのはベッドの内側、マットレスが納まる部分の大きさで、
実際のベッドの外枠は163cmなんですよ。」



「なるほど、そういうことか。ありがとうございます。(笑顔で返答)」






「うぉー!!!!ぎゃー!!!!にゃー!!!!!(心の叫び)」



え?ベッドのサイズの表記はそういうものなのですか?

140cmって書いてあったら、普通、140cmの幅やと思いませんか?

外枠はプラス23cmなんて、ホームページにも書いてなかったし、

電話で問い合わせた時も教えてくれなかったじゃないですか。


163cmになると、、、


私の部屋のクローゼット、、、開かなくなるんです!!

ベッド置けないんです!!



レンタカーまでしてきたのに、

一人で1時間30分運転して、せっせとやってきたのに。

高速料金も結構、かかったのに。

この日のために、休みのタイミングを狙ってきたのに、



結局、お店の滞在時間3分。


家へ直帰。


私のここ3ヶ月の努力は水の泡。


また1からお気に入りベッドを探します。


やっと見つけた、最高のお気に入りだったので、

次、探す気が少し失せる。




あぁ、、アンラッキー。

縁起の良いものでも見て、幸を待ちましょう。

こちらの写真は、先日番組の取材で行った、

三重県南伊勢町の伊勢海老です。


WAKUWAKU

更新:2008年12月17日
先週の日曜日の深夜、

「西靖&桜井一枝のわくわく深夜リクエスト」

に出演してきました。

深夜1時30分から4時28分まで喋りっぱなし!

しかも、生放送。

お聴き頂いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


やぁ、、良い勉強をさせてもらいました。


桜井一枝さんと西アナのトークに私も何とか入り込もうと必死の3時間。


詳しい台本も進行表も一切無し。


「思う存分しゃべってください。」とだけ書かれた紙が唯一の進行表。


普段、私モーニングミックスという30分間のラジオ番組を担当しています。

そんな私が、今回は3時間のトーク。

ひゃぁ、、本当に。。。


楽しかった!!


はい。思う存分喋りました。


放送であんなに自由に喋りまくったのは初めてです。


ますます、ラジオが好きになりました。

特に深夜ラジオが。


途中、得意のモノマネを3つ程披露させてもらい、

リスナーからのお褒めの言葉とダメだしを頂きました。


年に一回の特別番組なんですが、

もし機会があれば来年も是非遊びに行きたいです。




毎週土曜日13時から放送中「西靖&桜井一枝のわくわく土曜リクエスト」

そして火曜〜金曜早朝4時から放送中「Morning Mix」も引き続き応援よろしくお願いしま〜す。

All I want for Christmas is....

更新:2008年12月16日
先日、「ちちんぷいぷい」という番組の取材で、

神戸港から出ているルミナス神戸Uという船に乗ってきました。

クリスマスディナークルーズ!


う〜ん。。


私には馴染みのない言葉。


クリスマスを船の上でお洒落に過ごそうというものです。

船内では高級フランス料理が食べられて、

本格的なバーまで完備されています。

しかもしかも、途中、明石海峡大橋の下をくぐるんですが、、。

ちょうど、明石海峡大橋が七色に輝くほんの数分の間に、船が下を通るように計算され運航します。


こんなロマンチックなクリスマス、私は過ごしたことがありません。


慣れ親しんだ神戸の町。

私、生まれも育ちも神戸なんですが。

こんなお洒落スポットがあることを全く知りませんでした。

船から見る神戸の夜景は最高。


何度も見たことがあるポートタワーも、モザイクの町並みも、

何度も登ったことがある六甲山も、、

海から見ると一段と映えて見えます。


船が動いているので、どんどんパノラマが広がっていく。

数秒たりとも同じ景色はありません。


私の頭の中には自然とセリーヌ・ディオンの歌声が。。


あぁ、番組の取材とは言え、一人クリスマス気分を満喫してしまいました。



This year's クリスマス。

まだ予定はありません。

My name is Lucky

更新:2008年12月15日
先日、MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですよ!」に出演しました。

笑福亭瓶成さんの”駅前ココ一番”というコーナーです。


何をしてきたかというと、、


宝くじを買いに行ったんです。


自分の分じゃないですよ。


リスナーの皆様にプレゼントするための宝くじです!


私、名前が「大吉洋平(おおよしようへい)」。

ダイキチと書いてオオヨシと読みます。


はい、ダイキチが買いに行ったら当たるのではという企画です。


さらに笑福亭瓶成さんも、名前の中に「福」があります。

大吉と福。

我々二人で買った連番50枚、バラ50枚の宝くじを、

どかっとそのままリスナーお一人にプレゼントしようという企画でした。


驚いたのは、売り場にいた福娘の皆さん。

何と、大黒さん、福徳さん、えびすやさん、と皆さん

とってもめでたい苗字の持ち主ばかり!

これ、全部、本当に本名なんですよ。


近鉄布施駅近くにある宝くじ売り場です。


私と瓶成さんは、えびす屋さんという福娘さんから購入しました。


購入しにくる人達も、皆さんやっぱり福娘さんのお名前を見ながら、

誰から購入するかにこだわっていました。

私達が取材でお邪魔した時は、えびすやさんが一番人気でした。

えびすやさんの所だけ長蛇の列。


こんなに福や吉が溢れた中で買う宝くじ、何となく当たる気が。。


取材終了後は瓶成さんや、スタッフと、

恒例の「もし3億円当たったら」トークで盛り上がりました。


あぁ、当たると良いなぁ。


皆さん、思うことでしょうが、今回は何となく当たる気がするんです。


so scary...

更新:2008年12月8日
アナウンサーの仕事の一つにMCというものがあります。

番組等のMCもそうですが、イベントや試写会での司会。

これもアナウンサーの仕事の一つです。

先日、私もあるイベントの司会を体験しました。

普段、テレビやラジオで話をする時とはまた違った緊張がありました。

大勢の人前に立って話をすることにあまり慣れていない私。


もちろん、スポーツの仕事などで選手にインタビューをする時などは、

数回ですが、数百人の観客の前でマイクを握った経験もあります。

しかし、スポーツの会場でヒーローインタビュー等をする時は、

皆、当たり前のことですが、選手に注目しているし、

話声や歓声などで賑やかな場合が多いです。


しかし、今回体験したイベントの司会。

会場は私が話だすとピシャッと静まり返ります。

会場には私の声だけが響いています。

皆が私の話をしっかり聞いてくれているのが伝わってきます。

さらに会場にいる人達の目線も気になる。


嬉しいことなのですが、それがズキズキ心臓にくる感じ。

口の中が乾き、膝が微妙に震える。

あんなに緊張したのは、本当に久しぶりでした。


私、普段はあまり緊張しません。

ん〜。。

緊張しませんというか、

緊張しても固まってしまうとか、

頭が真っ白になるとか、

顔が赤くなるとか、

そういうことが起こりません。


ですので、今回は緊張しまくっている自分に驚きました。


でも、よく考えてみると、

普段、自分がしている仕事というのは、

もっともっともっともっ〜と大勢の人の前で話しをしていることだと気付きました。

今回は自分の目の前に、人が座っているというのが普段とは少し違うところ。

でも、テレビ・ラジオに出演している時は

この何百倍も何千倍もの人が見たり聞いたりしているんだなぁと考えると。。。


そう考えると急に”放送”というものが怖くなりました。

OSAKA

更新:2008年12月4日
関西出身でいながら、

しかも大阪の放送局に勤めていながら、

私、大阪名物の”串かつ”を食べたことがありません。



どうしても行きたかったので

先輩・山中アナに頼んで、連れていってもらいました。

突然の私の提案に便乗してくれる先輩。

優しいです。



東京出身の山中アナが関西出身の私に、

大阪の味を教えてくれる。

神戸出身の私からは、大阪に長くいる山中アナはすでに大阪人です。



カウンターにはソースがたっぷり入った入れ物。

ソースは二度付け禁止。

これですこれです。

テレビ等で何度も見たことがある、大阪の串かつ屋。



コテコテの大阪。

まさにTHE大阪という感じ。

そしてたまに聞こえてくる山中アナの東京風大阪弁。

大阪気分、満喫。

あぁ、楽しい。


その後は山中アナ、お勧めのラーメン屋さんへ。

こちらは、一人一人の席と席の間に仕切りがあって、

味や香りに集中できるよう工夫されているんです。




しかもスープの味や麺のかたさなどは、紙に書いて提出する仕組み。





最後は、オドゥーさんという芸人さんのネタを見て締めくくり。


先輩、次は新世界で遊んで、通天閣のぼりに行きましょう〜。

moisture

更新:2008年12月1日
一人暮らしの部屋に加湿器を置きました。

冬になると乾燥が気になります。

喉が弱く、昔から冬は朝起きると声がガラガラ。

唾を飲み込むのも痛いぐらい、喉が乾燥してしまいます。

最近は、出社してすぐにニュースを読むこともしばしば。

乾燥で喉を枯らしている場合ではありません。

風邪のウィルス対策にも加湿器は良いらしく、

何かと嬉しいことが多いので購入しました。


加湿器と言っても、最近はその種類は様々です。

湯を沸かし、湯気で加湿するシンプルなものから、

超音波で水を細かくして空気中に飛ばすものなど。

超音波式のものは、出てくる蒸気が熱くないんです。

何とも不思議、安全性も考慮されています。

私が購入したのは、超音波式のもの。

スイッチを入れたらすぐに蒸気が出てきます。

モコモコ出てくる蒸気を眺めながらボーっとするのは私の最近の日課。

見ているだけで潤っている気分になります。


使い始めて1週間が経ちます。

効果は抜群。

朝起きた時、全く喉が痛くないんです。

ゴミを出しに外へ行って、部屋へ戻ってきた時なんか、

明らかに外の空気よりも優しい空気に包まれている感じがします。


大げさに言うと呼吸し易いというか。。


何せ、大変気に入っております。

お店に行くと、インテリア感覚で楽しめる加湿器もたくさんあります。

機能、お値段、デザイン、様々で、きっとお気に入りが見つかると思いますよ。


風邪予防にもなりますし、この季節、加湿器は、お勧めです。



プロフィール

大吉 洋平Photo
名前:大吉 洋平
生年月日:1985年8月23日
入社年:2008年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:甲南大学EBA総合コース
趣味:ビバリーヒルズ高校・青春白書DVD鑑賞(日本未発売のレア物もコレクションしています)、劇団四季鑑賞、秘湯巡り、スキューバーダイビング
何でもひとこと:東南アジアの裸族に、南米のスラム街、更に国際映画祭に至るまで、これまで世界40の国と地域で取材を積んできました。パプアニューギニアの離島で迷子になったり、スリランカで象と一緒に川に落ちたり、トルコの歴史ある伝統競技、オイル相撲で準優勝したり、常に命がけで取材をしています! また、トム・クルーズやベン・スティラーをはじめとするハリウッドスター達への公式インタビューに加え、ロシアの貴公子プルシェンコやサッカーブラジル代表ロナウジーニョ等、世界で活躍するスポーツ選手達へのアポ無し直撃インタビューも行ってきました。 現在は主に土曜日朝の情報番組「せやねん!」内で、お金班の一員として国内海外の出来事をお金目線で切り取り、取材をし、伝えています。 カメラやマイクが捉える画や音に、言葉を紡ぎその場の空気を伝えることが自分の使命だと思っています。取材時の瞬発力、対象にとことんくらいつく持久力、瞬く間に状況が変わっていく現場でも動じない機動力が自慢です! Manly High school Being Requested(オーストラリア)、 The State University of New York at Buffalo(アメリカ)、 Singapore Institute of Management (シンガポール)留学 TOEIC895 TOEIC・SPEAKING170 WRITING160、ニュース検定2級

担当番組