前田 阿希子Photo

前田 阿希子アナウンサーのブログ

ひみつのアッコどん

更新:2011年9月20日
17日の在阪5局リレー生放送もなんとか終わりました!
会場に来てくださった方、本当にありがとうございました。

番組の冒頭で、先日取材させていただいた石巻のVTRも流れました。
改めてブログでもご紹介します。


西川きよしさんと松沢しげふみさんとご一緒させていただいて
お邪魔したのが宮城県の石巻市でした。

最初に行った場所は石巻の駅前でした。

バスも車も走っていますし、スーツ姿のサラリーマンに
きちんとお化粧して出勤する制服姿の女性。
日常の風景そのものという感じなのですが
この石巻の駅も、乗用車の屋根の高さくらいまで冠水したそうです。



石巻の海の近くの地域にも行きました。

渡波(わたのは)地区。
ここにある渡波小学校に伺いました。
発災後、およそ2000人もの方々が
こちらに避難され、生活していたそうですが
今では100人ほどが生活されています。


義援金も一度は届いたそうですが
一度の義援金では、生活を立て直すには
まだまだ十分なわけもなく…

それでもお邪魔した私たちに
お話をしてくださり、笑ってくださり
もう、その笑顔を見ているだけで
何も体験していない私が何を話したらいいんだろうと
言葉が出なくなりました。


海に行きました。

いつも海で感じる潮の香りとは違う、
生臭い匂いがしました。

海に行く途中に水たまりができていましたが
雨が降ってできた水たまりではなく
液状化現象で染み出てきた水だそうです。

世界3大漁場と言われ、1キロ以上も続く長く大規模だった石巻の漁港。
400ほども水産加工会社があったのですが
全て壊滅。
私たちがお邪魔した8月末に
1社、やっと再開されました。
それが、こちらの内源ジャパンさん。


元気が出るような鮮やかなピンク。
そこにハッキリ書かれた文字が泣かせます!

海からは、発災前と変わらず魚が捕れるのですが
漁港が壊滅していては、船は近くの漁港にしか
魚を水揚げできません。
以前は数百トンだった漁獲高も
今ではたったの十トンだそう。

だからこそ復興させたいと
『魚屋魂』のもと再開させた内源さん。

関西にいる私たちに出来ることは何でしょう?とお聞きすると
『もっと魚を食べてください!』とのこと。
あれから関西で東北からのお魚を見るたびに
積極的にいただいています。
本当に脂が乗っていて美味しい!


そんな内源さんが加工場を再開される際にとても励まされたのが


渡波地区に400年も前から伝わる獅子舞。

私たちがお邪魔すると保存会の皆さんが
獅子舞を舞ってくれました。
地域の小さなこどもたちまで、みんな一生懸命!
す〜ごく、かっこよかったよ〜!

私たちに獅子舞も教えてくれ、


美味しい海の幸でもてなしてくださり


またおいでと言ってくださいました。


今回宮城にお邪魔して思ったことは、
もっと息の長い募金を。

そして、被災地を支援しなきゃ!…はもちろんですが
復興してきたところには観光に行って
楽しむのも支援の一つ。

私、東北はほとんど訪れた事がなかったのですが
本当に温かくて大好きになりました。


また絶対お邪魔させてください!


更新:2011年9月15日
9月17,18,19日の3日間行われる吉本ワンダーキャンプin関西のロケで
西川きよしさんと、前神奈川県知事の松沢しげふみさんと
東日本大震災の被災地、宮城県・石巻市に行ってきました。

西川さん方は本当にパワフルで石巻の方に笑いを振りまいていらっしゃいました。
私は、何ができるんだろうと迷いながらだったんですが、
びっくりするくらいに石巻の方に笑顔をいただきました。

カメラの前ですから
笑顔を作ってくださった部分もあるのかな…とも思ったんですが…
その優しさにもふれ、本当に胸がいっぱいになりました。

17日の土曜日お昼から放送の
よしもとワンダーキャンプの特別番組で放送されますので
宮城の皆さんの頑張っていらっしゃる素敵な笑顔、ぜひご覧ください!

かっこいい獅子舞を見せてくれた
石巻渡波地区の獅子舞保存会の皆さん、本当にありがとうございました!

更新:2011年9月6日
前回は、カンボジアの街中だけで
いっぱいいっぱいになったブログですが
カンボジアのアンコールワットに行ったんですから
本番はこっち。

初日に行ったアンコールトム。

アンコール…トム??

『アンコール』=都
『トム』=大きい

ということで
アンコールトムとは『大きな都!』の意味だそう。

当然でっかい都なのですからその中には
たくさんの寺院やお城などがあったわけで。

時間の許す限りいろんな遺跡を見ました。






まだまだあって,巡りきれません。


アンコールワットは??

その中の一番大きくて知られているのが
アンコールワットです。

因みに『ワット』=お寺。
一番大きな寺院ですね。


アンコールワットって真正面から見ると3つの塔がニョニョッと
建っておりますが、実はこの塔、5つありまして。

その塔には登ることもできました。 


中には涅槃像がいらっしゃいました。



なんだか感激…

見て。


見て。



見て。


やっぱり感激…

むか〜し昔に古代人は宇宙人じゃないか?という本を
読んだことがありましたが
確かにそうかも…と思えるがしてきてしまいます。

簡単なお絵書きのような、計算されつくしているような
何とも不思議な世界。


巨大な石のブロックも人力で移動させたと言われていますが
それが信じられないくらいに重くて
もちろん触ってもびくともしません。

だからか、この遺跡を訪れたときも
『自由に触っても大丈夫ですよ』とガイドさん。

インディージョーンズの気分で
よじ登ったり潜り抜けたりしながら散策できるんです。
(もちろん、触ってはいけないところもありますから注意してくださいね)


ちなみにここ、ベンメリアという遺跡の中の
『天然のブランコ』です。
ツタが垂れ下がって自然に出来たんですって。

この遺跡はアンコールワットから
車で1時間半ほど離れた所にある遺跡。
実は、スタジオジブリのアニメーション映画『天空の城ラピュタ』のモデル!

…だと言われている遺跡なんです。


真偽のほどはわかりませんが
すぐそばの柱の後ろから
シータとパズーが出てくるんじゃないかと思うくらいの場所でした。



前田阿希子・イチオシです(^^)

この他にも
滝のある遺跡
プノンクーレン。


雨季になると、面積・琵琶湖のおよそ10倍!
水上生活をしている人300万人ともいわれています、
トレンサップ湖。



現地ガイドのポッキーさん。

ガイドのポッキーさん。
ビールの王冠を目にはめているお茶目さんです。

もうほんとに、大好きカンボジア!!

またいつか行けたらいいなぁ♪
現地のスーパーのオリジナル商品なんですが…
オリジナルの隣に陳列中


更新:2011年9月2日
9月に入りまして暑さも少しずつ和らいできたように感じます。
(台風でムシッとはしますが)
皆様いかがお過ごしですか??
私はこの夏念願の
カンボジアに行ってきました!


わたくし、人生のうちに一度でいいから
アンコールワットを見ておきたくて。


でも恥ずかしながら正直なカンボジアのイメージは
内戦に…地雷と、どんな所なのか少々不安。

ガイドブックでも…
『注意する病気。 デング熱、、つつが虫病、腸チフス…』
『生水注意!飲み物の氷も抜いてもらうこと!』
『地方の遺跡に行くときには地雷源を通ることもあるため必ずガイドをつけること』


ひぃ!!



ところが。


え!?

お?!

ほーーー!?

と思わず叫びました!(心の中で。)

私たちが滞在したカンボジアのシェムリアップは
オシャレなリゾートホテルが市内に無数に立ち並び、
(ガイドさんは300以上のホテルが建ったと言っていましたが
 数えきれていないので何とも…)

泊まったホテルのロビー。シャンデリアはモダンを通り越して…宇宙船!?

ショッピングセンターにファーストフード店、
カフェ、レストラン、国立博物館にコンサートホールも。

アンコール国立博物館。中は撮影禁止なので写真はないのですが
外から見るとお城みたいです。中もキンキラキン!

夜になるとナイトマーケットやパブストリートに人が集まり
ビールやワインを飲んでいたり…にぎやかなクラブもありました。
(現地の方は飲んだ後踊るのも大好きなんですって)

パブストリートのお店です。白人の方々も多く…ここはどこの国?
オシャレなバーやクラブ、カフェが密集するエリアです

みんな陽気でとても親日家。
日本人と見ると、子どもから大人まで話しかけてくれました。

『味の素〜、ハイっ!』

みんな人懐っこくて、カメラを向けるとピースしてくれました
この国のこどもたちのかわいさに、なんだか浄化されました

現地で頻繁に流れているテレビコマーシャルなんですって。
みんながこれを言ってくるんです。
知らんぷりしようもんなら、お次は

『なんでやねん!』

カンボジアでは
『日本=関西弁と調味料の国』??でした。



それはそれとして、
お料理も美味しいし、
(カンボジアはクメール料理というお料理が主ですが
イメージはタイ料理から少し辛みを引いて、さらにおダシで旨みアップ!
ビールも1杯が40円くらいなんですって。ビール党さん、一生いけるかも!?)

アンコールビールにクメール料理。
普段はビール党というわけではないのですがこれは別格。
日本でもあればいいのに!

クメール料理の代表選手、アモック。
ココナッツの殻の器に
ココナッツミルクとスパイスで煮込んだ魚を入れて焼いたもの



お土産を売っている市場もあれば
野菜にトロピカルフルーツ、雷魚、ナマズ、生きたサワガニに鶏が丸々一羽!
というような、地元の人たちで朝から賑わう市場もあります。

地元の人が毎日訪れる市場。
私もまぎれてみました

ちょっとショッキングですみません。
カンボジアの市場ではよく見かけた光景

日本でも人気のつけまつげも。
鶏にうなぎに「つけま」まで。
懐深い!カンボジア


市場もどこまでもおおらかで…
交渉次第で一気に半額くらいまで下がることも!
値切る快感が癖になります(笑)

本当にエネルギッシュで、程よくリゾートで、
雑多なところもまたおおらかでいい感じです!

また行きたい国が一つ増えちゃいました。

あ、街がよすぎて遺跡を載せ忘れたので
次回にアップしますね〜(^^:)ゞ



プロフィール

前田 阿希子Photo
名前:前田 阿希子
生年月日:1983年12月6日
入社年:2006年
出身都道府県:三重県
出身大学:立命館大学
趣味:日本酒に関することなら何でも、美味しいお店探し、いい香りのするもの集め
何でもひとこと:大好きなものは日本酒です。(利き酒師の資格あり)コラムを書かせていただいている程の日本酒好きで、休日に日本酒の蔵巡りをするのが最高のリフレッシュ。パンも大好きで、パン屋さんでアルバイトしていたことで、『ちちんぷいぷい』でパン屋さんを紹介するコーナーも担当しました。あら??何だか、好きが直結する仕事が多いような…(笑)これからもっともっと『世界』に視野を広げて、皆さんに素敵なモノ・コトをお伝えできるよう頑張ります!

担当番組


前田 阿希子アナが武川 智美アナを30秒で紹介します!