前田 阿希子Photo

前田 阿希子アナウンサーのブログ

ひみつのアッコどん

更新:2009年6月30日
ひゃ〜!いよいよ来てしまいました。
うたぐみ!スマイルソングデビューです☆
楽しみ楽しみ♪

ラジオのお仕事ですと、朝早くのこども音楽コンクール、
UKビートフライヤーをやらせていただいているんですが
『こども音楽コンクール』は30分であっという間ですし、
DJのUKさんとやらせてもらっている
『UKビートフライヤー』は1時間ですが、内容が盛りだくさん。

う〜ん。

なかなか、ゆ〜ったりと皆さんのメールをご紹介したり
「これ、どう思う?」とか
「あら、皆さんから返事が返ってきました!こう思うんですって〜」
…のような(?)ことできませんでした。
皆さんと一緒に作り上げる生番組って初めてです。

いや〜憧れます(キラキラマーク)
でも正直、むっっっちゃ怖いです。
だってメールこなかったらどうしましょ??


どうか皆さん、
楽しいメール、温かいメール
相談メール、しっかりしなさいメール、何でも待ってます。
そして私と一緒にスマイルソングスを作って楽しみましょうね☆

放送時間は今日6月30日の夜10時から(ナイター終了時間にもよるのですが)

ちなみに今回の募集テーマは
『七夕目前!叶うといいな〜あなたの願い事☆』です。
皆さん、ではでは夜に、よろしかったらお付き合いください!

うちのラジオさん。電波悪いので持ち運んでうろうろできる小柄なタイプ。
今日はどうもCDの上をお気に召されたらしい・・・

パン屋のアッコのパン巡り VOL

更新:2009年6月17日
ブロードハーストさん。周りは公園や緑に囲まれていてお散歩にもってこいの場所です
さて今回は、パン屋さんではありません。
今回は玉造にあるパティスリー・ブローハーストさん。
なんと『イギリス人パティシエ』の作るケーキが人気のお店です。

こちらが本日の店長、イギリス人のピーターさん。
来日11年目で日本語も関西弁もベラッベラです(笑)


Tシャツ形のクッキー。かわいいでしょ?奥さんがお砂糖でデコレーションしたんですって!
実は奥さんは日本の方。イギリスに語学留学した際、
趣味で始めたお菓子作りの修行先でピーターさんと出会い、結婚。
始めはイギリスに住んだものの、日本でお店を出ることを決意して来日。
残念ながら食文化ではあまり認められていないイギリス。
『イギリスにも美味しいものがあるんやで!』ということを
広めたくて…ということだったんだそうです。

店内にずらっと並んだケーキ。かわいいだけじゃなく洗練されたイメージ

ピーターさんの作ってくれるのは『アーモンドクロワッサン』
イギリスで人気のクロワッサンだそうです。

こんなかわいこちゃんも。そんな笑顔で見つめないで〜食べるのもったいない!
まず生地作り。
パン生地を四角く伸ばし
同量のバターを包んで伸ばし3つ折りに。
(パン屋さんのクロワッサンでは、
こんなにたっぷりバターをいれないそうです)
冷蔵庫で休ませること40分。
これを3回も繰り返していくとパン生地とバターが
27層もできあがるんです。

で、この生地の中に主役のアーモンドペーストを巻き込むんですが
これが『パティシエのクロワッサン』のポイント!
使う素材がタダものじゃないんですよ!
スペイン・マルカナ産のアーモンドの粉末を使用しているんですけど
これはパティシエでもなかなか使えない高級食材なんですって。
私もちょっとだけいただいたんですが
香りも何もつけていない、生のアーモンド100%なのに
まるで洋菓子のような甘い香りがするんです。

これが今日の主役!パティシエさんのクロワッサン
クロワッサンが焼きあがりました。
他で見るクロワッサンよりも少々濃い目の焼き上がりです。
一層一層、パリッと立ち上がっています。
かじったらどんなに良い音がするんでしょうね?

と見とれていると
そのクロワッサンをおもむろに掴んだピーターさん。


お鍋に入ったたっぷりのシロップに…?

ドボン!!

うわぁあぁ!

…が、最後の重要なひと手間。
これでクロワッサンに甘みと美しいつやを与えます。
にしても、せっかくのサクサク感は消えないのでしょうか?

早速いただきました。

サックサク!お見事!
あれだけシロップに漬けこんだのに
中には全然しみこんでいません。
香ばしく少〜し焦げた部分にシロップの甘さ、
そしてアーモンドがホワンと香ります。
濃い目のコーヒーと一緒にいただくのが奥さんのお気に入りの食べ方なんですって。
コーヒーと併せたらなんだか気分はパリジェンヌ♪(イギリスなんですけどねぇ)
出勤前にバタバタ食べる朝食にはもったいない。
休日にゆっくりお茶をしながら食べたいクロワッサンでした。

ご主人のピーターさんと奥さんです。お二人ともパティシエ。これからも仲良く美味しいパンとケーキを作ってくださいね

パン屋のあっこのパン巡り VOL 後編

更新:2009年6月16日
インパクト大のお店。ご主人がお店の先で何やら作業中
今ご当地バーがー2軒目は
大阪鶴橋にあります、その名も鶴橋バーガー。

鶴橋といえばやっぱり…焼肉!
店先からはモウモウっと焼肉の焼ける煙が立ち込めています。
わぁ…小さいけど本格的に炭火焼きのカルビなんですね。
さすが鶴橋!


これがキムチたっぷりの鶴橋バーガー

そして鶴橋バーガーのもう一つの主役が『キムチ』。
実は鶴橋バーガーの店長山浦さんは、本業はキムチ屋さん。
小さなお子さんのように普段キムチを食べない人でも
食べやすいようにと考えたらバーガーに行き着いたそう。

でも…ねぇ…?キムチにパンですよ?
合わないことはないでしょうけど、ご飯がいいに決まってる。

…と思っていたんです。食べるまで。


ちょっと!これは予想できない味です。
だって、バーガーパンに、カルビに、キムチですよ?
味の予想はできそうなのに、
一口食べてみてください!私、ビーックリしました!


実は細々と工夫があるんです。
キムチは山浦さんが毎日漬け込む完全手作りのキムチ。
白菜の一枚一枚に、手で丁寧に『ヤンニョン』という
韓国の薬味(キムチの元)を塗っていくんです。

店先で注文をうける度に炭火で焼くカルビ。この匂い・・・これだけでご飯、いや、パン?食べられちゃいそうです・・・
続いて、カルビ。
目に見えないほどの細か〜い隠し包丁が入って
噛み切りやすくなっているタレつきカルビを
炭火でこんがりとあぶります。

そして、パン!!
特注のパンなんですが、
これが週末ベーカリー担当の私としてはぜひ注目していただきたい!
キムチとお肉を引き立たせるために
パンの風味がほとんどしません。
噛み切りやすいよう、ワザと目を粗く作った
モチモチ感の全くない『ザックリ』としたパンです。
こねるときにグルテンを出さないように
サックリと混ぜていることがポイントのようです。

これらがバーガーとして合わさると、
不思議とただのキムチパンに収まらないんですよねぇ。

最近さらに増えているらしいご当地バーガー。
私は是非、『茶屋町バーガー』を作ってほしいです。

ご主人と娘さん。娘さんも鶴橋バーガーがお気に入りだそうです。ご馳走様でした

パン屋のあっこのパン巡り。

更新:2009年6月15日
松坂牛焼肉Mのお隣にある、Mデリ&バーガー 中之島店さんここぞというデートにも使えそうなオッシャレ〜!な雰囲気です
さて、今回は2軒のご紹介です。
なぜなら、今回は『ご当地バーガー』!
佐世保バーガーや芦屋バーガー、淡路バーガー、
いまや色々増えているんです。
で、今回ご紹介するのが大阪のご当地バーガーです。

これです。

ジャン。


これが中之島バーガー!

その名も『中ノ島バーガー』

どこが中ノ島???

シェフ曰く
『中ノ島は今、大阪でもっともオシャレな場所』なんだそうです。
だからこのバーガーも実は
『オシャレポイントを詰め込んだ大人のバーガー』なんです。

大人のバーガーというだけありまして、
なかなか贅沢です。
お肉はもちろん松坂牛100%
それに美味しさのための玉ねぎと塩コショウ。以上。
つなぎは入れたくなかったそうです。
その分、バラバラにならないように力いっぱい捏ね上げるシェフ。

こねて…こねて…
     
  お口に…?
      
   …入れた

………へ?(・∀・)………


シェフ。
  それ、『ど・レア』です。



『食べます?』


!!ひぃっっ!!(−ロ−:)

でも。
 この表現はいいのかわかりませんが、
  上〜等なネギトロみたいで
     美味しいです、シェフ!!

…よく考えたら私、ユッケ好き、生肉イケル派でした(笑)


撮影中の中之島バーガー。具がコンモリで、上のパンがずれる〜!
ソースはホテルフレンチ出身のシェフが作るオリジナルのデミグラスソース。
(ハンバーガーに合うようにちょっとジャンキーに仕上げているんですって)
パンは、ハンバーグに負けない味わいと
ハンバーグよりも早い口解けを実現させた特注バンズ。
(一緒に食べたとき、最後に口に残るのはハンバーグにしたかったそうです)

熱々をいただくと
一気に肉汁とたっぷりのデミグラスソースがあふれ出してきました。
手がベタベタになってしまいましたが全く気になりません。
美味しすぎません?これ!

なんだかかぶりつくのがもったいなくて
ナイフとフォークでいただきたくなる味でした。
でもガッツリいくのがやっぱり醍醐味かな☆

中ノ島バーガー、ご馳走様でした(^^)
また食べに行かせてくださいね!

シェフの谷本さん。肉に惚れ込んだ松坂牛職人!どなたかプロレスラーに似ているって言われません?

更新:2009年6月3日
あの、MISIAさんにインタビューさせてもらいました!
実は学生時代からファンだったんです。
もうあがってしまって、直前にトイレに駆け込んでしまうという失礼なわたくし(TеT;)
でもそんな私に向けられたのは、菩薩さまのような柔らか〜い笑顔…(キラキラ)
オシャレなベージュのターバンからトレードマークのドレッドも見えます。
でも、意外なことがいっぱいでした。

まず、とっても小柄。
身長151センチの前田(今年の身体測定では152センチになりましたが)と
同じくらいか少し高いくらい。とても小柄な方でした。

そして、話し声。
あの強い歌声から全く想像できないくらいの
かわいらしい声なんです。

印象として、隣近所に住んでいてほしいお姉さん。ですなぁ。
ほんまに住んでいてくれたら
「今日こんなことあってん〜」
とちょこちょこ遊びにいきたくなる優しいオーラの持ち主でした。

6月10日発売のシングル『銀河/いつまでも』も包みこまれるような優しいバラードです。
7月7日からの全国ツアーについてはもちろん
日常のMISIAさんについてもお話ししてもらいました。
この模様は6月8日(月)MBSラジオ、
八木早希アナウンサーの『スマイルソング』で流れますので
よろしかったら聞いてみてくださいね。

はぁ。。。緊張した〜

6月10日発売のシングル『銀河/いつまでも』です。 つい鼻歌で歌ってしまってます



プロフィール

前田 阿希子Photo
名前:前田 阿希子
生年月日:1983年12月6日
入社年:2006年
出身都道府県:三重県
出身大学:立命館大学
趣味:日本酒に関することなら何でも、美味しいお店探し、いい香りのするもの集め
何でもひとこと:大好きなものは日本酒です。(利き酒師の資格あり)コラムを書かせていただいている程の日本酒好きで、休日に日本酒の蔵巡りをするのが最高のリフレッシュ。パンも大好きで、パン屋さんでアルバイトしていたことで、『ちちんぷいぷい』でパン屋さんを紹介するコーナーも担当しました。あら??何だか、好きが直結する仕事が多いような…(笑)これからもっともっと『世界』に視野を広げて、皆さんに素敵なモノ・コトをお伝えできるよう頑張ります!

担当番組


前田 阿希子アナが武川 智美アナを30秒で紹介します!