松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

明石家電視台

更新:2014年4月30日
「明石家電視台見てますよ〜」

ついこの間も、ヴィッセル神戸の松村選手に声をかけてもらいました。

ありがとうございます。
皆さんにそう言っていただけること…本当に、嬉しく思います。
そういえば、私が野球の取材を始めたころ、甲子園球場で右往左往する私に、桧山進次郎選手(当時)が「昨日、明石家見たで〜変な衣装やったなぁ」と話しかけてくださったことがあったっけ。


25年も愛されている「痛快!明石家電視台」。
私も子供のころから見ていた番組です。

お笑いが大好きな出演者のみなさんと収録し、お笑いが大好きなスタッフと作り、お笑いが大好きな皆さんに視ていただくという番組。
ハッピーな笑いの溢れる空間が大好きでした。


そして、4月28日の放送をもって、明石家電視台のアシスタントというバトンは6代目アシスタントに引き継ぎました。
(6代目アシスタントは、来週の放送で発表!?)

この番組で得た経験は、これからもずっと大切にしていきたいと思っています。
そして、私個人としては、ここで立ち止まるのではなく、アナウンサーとして一歩でも二歩でも前進し続けたいです。

「痛快!明石家電視台」これからも長〜〜〜〜〜く愛してください。

ヴィッセルVSセレッソ

更新:2014年4月30日
サッカー面白い!!

サッカー楽しい!!!


先週末は、神戸のノエビアスタジアムで行われたヴィッセル神戸対セレッソ大阪の試合の中継でした。

ここまで、首位!
「タイトルをとるぞ」と本気で選手たちを引っ張る安達監督の元、自分達に求められたそれぞれの役割をチームのために全うするヴィッセル神戸の選手たち。


一方、次々と現れる才能の集まり、代表選手を多く有するセレッソ大阪には、今年、世界のトップ選手フォルラン選手が加わりました。ACLの中国遠征直後だったため、過密スケジュールで疲労の蓄積が心配されていましたが、それを感じさせないほどのハードワーク。


どっちが勝ってもおかしくない試合でした。
リポーターを務める私としては、ヒーローインタビューができなかったのが残念でしたが、関西のサッカーの面白さを改めて感じ、ぜひとも皆さんに注目していただきたーい、という思いを強くしたのでした。


注目の試合は、25,382人が詰めかけ、満員っ!!
サポーターの皆さんが作り上げたスタジアムの雰囲気は、最高でした。

春から

更新:2014年4月24日
一度春の陽気に慣れてしまった体には、季節を戻るような急激な冷え込みは余計に堪えます。

ぽかぽか陽気の中でしたお花見が懐かしくなるくらい、朝の冷たい風にびっくりするときがあります。
かと思えば、強い日差しは夏を感じさせるほどで私たちに迫ってくるようです。

今週は、ちちんぷいぷいの中で、今出さんと一緒にお天気のお知らせ。
茶屋町の本社玄関前からお伝えしました。
今出さん情報で「大川の桜は葉桜になっている」と聞いて、…そうか、と季節の移り変わりを感じました。

今しか感じられない“季節”を満喫。
ゆっくりお散歩のできるいい季節がちょっとでも長く続けばいいのに…。

桜☆満開

更新:2014年4月10日
今年の桜は、一気に花開いたような気がします。

日曜日は、サッカー中継のため万博記念競技場へ。
ガンバ大阪と鹿島アントラーズの対戦でした。
実は、今回の出演は、スカパーでの試合中継。
今年から、MBSもスカパーでの番組制作にも携わることになって、今回が初めてのオンエアでした。

スタジアムの周りは、桜が満開!!
試合前に、インタビューを収録していると「試合まで“そこ”でお花見やねん」という方も。
指差す方向には、みごとに咲き誇るソメイヨシノ。


「わ〜〜〜〜っ」と思わず声が漏れるほどの美しさ。
絶好のタイミングでした。

ただ、思い出してください。
日曜日は、最高気温でも10℃くらいで、強風!
試合中はパラパラとはいえ、雨まで降る天候で、選手も何人かは手袋をしながら試合に出場していたくらい…。
めちゃくちゃ寒かったんです。
私は…着るもの、間違えました。

準備万端にして、あと1回くらいお花見がしたいなぁ…

VOICEラスト

更新:2014年4月9日
春からは担当替え。
先週、VOICEの最後の出番が終わった後、報道フロアで打ち上げがありました。
「お疲れ様でした〜乾杯〜♪」の後の一枚。


気がつけば、月日というのは流れるもので。
「3年ぶりに戻ってきました〜」
と言ってから、もう3年半も経っていました。
その間に、みんなde天気というコーナーでは、視聴者の方からいただいた写真を元に、今出さんとお天気のコーナーを。
今でも、季節を感じる気象現象にちょっぴり敏感になりました。
スポーツコーナーでは、多くの選手に直接、話を聴きにいきました。
サッカー選手・宮本恒靖さんの引退会見直後のインタビューが担当できたことは、私にとって忘れることができません。
もちろん大ファンだったということもありますが、宮本さんが伝えたかったことをテレビを通じてお届けできたということが、私の方向性を考え直すきっかけにもなりました。
週末なびでは、カメラマンさんの撮影した様々な季節のネタを放送。
実は、ここでナレーションの幅を広げていました。
他にも、様々な経験をさせてもらいました。

高井アナは、MBSナウからVOICEまで23年担当していたんですって!
ラストに流れた担当初回の映像、「顔から火が出るかと思った〜」と本人も笑っていましたけどね。

後半は、西村アナと担当曜日が一緒でした。
私が打ち合わせに出られないときも、いつもサポートしてくれた先輩。


大八木キャスターは、取材内容のあれこれを鋭く指摘をしてくれて、多くのことを教えてくれました。
大八木さん自身も常に学びの姿勢を持っていて、これから、また記者として現場を飛び回る予定です。


そして、一緒に番組を作ってきた仲間たち。

放送は、決して1人ではできません。
スタッフとともに毎日、「あと5分〜!!」と戦ってきました。
寄せ書きにたくさんの温かい言葉、ありがとうございました。


これからも、さらにパワーアップできるよう頑張ります!

明石家☆アナウンサー大集合

更新:2014年4月4日
以前、ここで「アナウンサーにはいろいろなタイプの人がいる」という話をしました。
そして、それを強く感じそうな仕事が控えていたとも書きました。(2014年3月17日更新分参照)

その仕事とは…実は、このことだったんです。

4月7日(月)夜11時53分からの痛快!明石家電視台は、「MBSアナウンサー大集合スペシャル」!!


「全員集合〜〜〜」は叶いませんでしたが、26人のアナウンサーが出演しました。

私が入社してからは初めてです。
こんなに多くのアナウンサーがひとつの現場で仕事をすることなんて!

番組でも、ちちんぷいぷいで多くて5人!?
かつて開催していた真夏のイベント・オーサカキングでも10人くらいだったでしょうか。

だから、収録はとても楽しかったです。

でも・・・

「大丈夫か〜?」「頑張れよ〜」という先輩からの視線は、さながら授業参観のよう。
久々に明石家電視台に出演した3代目アシスタントの武川アナもいますしね!!
さんまさんとのさすがのやりとりにも注目です。

こ〜んなメンバーで放送をお届けしています!
そんな仲間たちのことを知っていただけたら嬉しいです。

それにしても、かつてない緊張感でした〜。
収録が終わった後は、みんなホッとした様子。


メイクを落としている男性アナウンサーたち、いい笑顔です。

桃・栗3年・・・

更新:2014年4月3日
『桃・栗3年 アナは10年』

入社したときにアナウンサー室OBの方、つまり大先輩に言われた言葉です。

アナウンサーとして、成熟するまで10年かかるというお言葉。
私の中でとても大切にしてきたことです。
失敗しても、悩んでも、ひとつひとつ仕事を積み重ねていこうと思ったんです。

そして、あの時は、ずいぶんと長い修行なんだと思っていたそのときが刻一刻と近づいています。

この4月で入社10年目。

多様化するアナウンサーの仕事の中で、自分が目指す道を模索しながら、基本に立ち返って精進します。



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組