松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

今夜のカワスポ!

更新:2013年8月30日
毎週金曜日深夜0時20分から放送中の「カワスポ」。

今週は、な、な、なんと!!!

30分拡大スペシャルです〜〜〜〜〜!!

世界陸上が行われていた現地モスクワの様子を未公開映像も合わせて放送!!(…するために現在編集の最終段階)

ソエジマ隊員が大奮闘中の追っかけタイガースも、もちろんお届けします。

夜遅い時間ではありますが、是非、ご覧ください。


誕生日は空の上

更新:2013年8月29日
そういえば、誕生日は空の上でした。


なんて書くと、格好いいのですが、たまたまロシアからの帰国途中だったんです。


カワスポ取材チームが乗り換えの空港でお祝いしてくれましたー!!
プレゼントしてくれたのは、マトリョーシカの人形。


あ。間違えた!!
これは、スタジアムの前にあった着ぐるみでした。

これ、これ!!
こっちのマトリョーシカ!


・・・に見える〜


お茶器!

かわいいでしょう。
中にお茶っ葉をいれてーーー

なんと。。。


浮くんです!

かわいい♪
私の好みのものをわかってくれる、スタッフ!!
嬉しい〜♪
ありがとうございます!

これを使って、午後のティータイムをゆっくりと過ごします。

2013夏の思い出

更新:2013年8月23日
みんなで大騒ぎをするのが好きです。


アナウンサー室は、全員大きな声の持ち主なので、お店の人に「もう少しボリュームを落としていただいて・・・」と言われることもしばしばありますが。

盛り上げよう!!この場を楽しもう!!というメンバーたちなので、いつも笑いが絶えません。

新入り、豊崎アナも早くも馴染んでいます。


なんとも楽しい職場です。

空飛ぶお母さん

更新:2013年8月19日
私が、今回の世界陸上取材で、どうしてもみなさんに紹介したかったのが、女子走り高跳びの福本幸選手です。

福本幸さんは、3才の女の子の母親でもあります。そう、ママさんアスリートです。

以前、Voiceの取材でインタビューしたときに、とても印象的だった言葉があります。

「たぶん・・・どの競技でも、日本一の人って、その競技のことが日本一好きだと思うんです」

というもの。
ほーーーーー、と深くうなずきました。
確かに、そうかもしれません。

私が今まで取材をしてきたスポーツ選手からは、みんなそれを感じていたからです。

福本さんは、走り高跳びが大好きで、大好きで。中学生の頃は、ふわりと浮き上がるその感覚が好きで飛んでいたけど、年を重ねるにつれて、ここを修正したら飛べたとか引き上げを意識して・・・とか経験が生きてくるところに面白さを感じるようになったと言っていました。

家族の応援を背に、ママさんジャンパーがモスクワの空に舞いました。

結婚して、出産してからもアスリートとして第一線で戦い続ける大変さは、並大抵のことではないと思います。

でも、こうやって世界の舞台に立つことのできる福本さんを、私は心から尊敬します。


★☆★☆

さて、これにて、我々カワスポ取材班のモスクワ取材は終了ーー!!


世界陸上モスクワ大会をカワスポで取材させてもらって、本当に素晴らしい出会いがたくさんありました。
現地で出会った方々、番組を見てくださったみなさん、スタッフ、選手のみなさん、その全ての方に感謝します。ありがとうございました。

赤の広場のニック

更新:2013年8月16日
こんなことって、ありますーーーー???!!!


今回のモスクワ世界陸上取材は、そんな感動の連続です。
奇跡的な出会いの連続に、驚きを隠せません。


昨日放送したのは、その最たる例!!

“彼”にあったのは、世界中の“がんばれ”集めをしていた時でした。
モスクワの観光地・赤の広場で声をかけた赤いTシャツを着た若い男性。

なんと、世界陸上に出場している選手だったのです。
しかも、話を聞いていると「明日は、決勝なんだ!」・・・って。

えーーーーー!!!

ファイナリスト?


すごーーーーーーい。

聞けば、この男性(ニック・シモンズ選手)は800mの決勝に残っていて、その前日に家族やコーチと観光をしているところだったんだそうです。

思わず聞いてしまった「練習は?」との問いにも、「朝、少し走ってきたよ!」と笑顔。
はぁーーー、リラックスしているなぁ、とビックリ。

それにしても、ここで会ったのも何かの縁!
翌日、「Go!! ニック」と応援することを約束しました。

そして、男子800m決勝の当日。
私は、イシンバエワ選手の試合の取材をしていたのですが、その目の前をレースに向かう選手が通っていきます。

「ニック!!」声をかけると、笑顔で応えてくれました。ますます応援に力が入ります。

そして、スタート!

ニックは、集団の前の方の位置をキープ。

「Go!! ニック」

私は、必死で声援を送ります。

「Go!Go!」

そして、2週目。
なんと、ニックが先頭に立ちます。

そのままゴールしそうな勢いでしたが、後ろからの追い上げがあり、2位でゴール!

やったーーーーー!

銀メダル獲得です。

すごーーーい。
ニックがメダルを獲りましたーーーーー!

小説よりもドラマチックな展開に、ドキドキが止まりません。
偶然の出会いが、こんな喜びを運んできてくれるなんて。

ニック・シモンズ選手、本当におめでとうございます!!

☆★☆★

その後・・・
表彰式も立ち会うことができました。
この様子は、もしかしたら、カワスポ夕刊で放送できるかも。

イシンバエワ選手

更新:2013年8月15日
人を応援するということは、こんなにも素晴らしいことなのか。
16才の少女に、改めて気づかせてもらいました。

女子棒高跳びの試合は、エレーナ・イシンバエワ選手の大ファンだというソニアさんと観戦。
この日、初めてイシンバエワ選手の試合を見にきたソニアさん。前々から楽しみにしていて、前日はあまり眠れなかったんだそうです。
自作のパネルを持って、「ダワイ!ダワイ!」と応援します。

いやー、もう、なにがすごいって、彼女の声援!!
興奮して、テンションも上がり、悲鳴とも言えるような魂の叫びが。
「キャーーーーー!!☆★☆★ダワイダワイ!」

2時間以上ある競技中、絶えることなく声援を送り続けていました。
カワスポを見てくださった方ならきっと記憶に残っているはず。

それだけ、イシンバエワ選手が大好きなんです♪
素敵だと思いませんか。
そのまっすぐな思いに、私も感動しました。
「ソニアさんのために、イシンバエワ選手頑張って!!」

それが私が一番願ったことでした。


その声援に応えるかのように、見事金メダルを獲得したイシンバエワ選手。
本当に、おめでとうございます。



翌日・・・
地元のテレビ局のニュースで、ソニアさんのインタビューと声援を送る姿が放映されました。ということで〜
一緒にカワスポの取材班もバッチリ写りこんでいました!笑。
スタジアムで一番大きな声援を送っていましたからね。

一緒に応援できて、とても、とても楽しかったです。

よーし!!
これからも気合いをいれて、応援するぞー!!

女子マラソン

更新:2013年8月14日
8月10日に開幕した世界陸上初日!
女子マラソンで、福士加代子選手が見事、銅メダルを獲得!
日本でも、ニュースで大きく取り上げられたのではないでしょうか?

マラソン当日、“がんばれ”集めをしているときに声を掛けたのが、たまたま福士さんのお友だちで。
「けっぱれ、福士加代子をお願いします!」とタオルを見せてくれました。
そうか!
日本でも“がんばれ”の方言があるんだ!
と目から鱗。

では、それで声援を送ります!


今回のマラソンコースは、モスクワ川沿いを走り、何度も折り返し。同じ場所を繰り返し走るのでこの応援方法が成立しました。ただ、一番遠い折り返しまで行ってから、スタジアムに戻るのは時間的にギリギリで、さらにスタジアム前の道路は封鎖。近くの駐車場からは、走るしかありません。
ダーッシュ!!!
苦しい、キツイ・・・けど、ゴールに間に合わないのは一番嫌だ!!

とにかく、走りました。
喉が焼けそうにいたく、口に鉄分の味が広がるほどに。

そして!!

我々、カワスポ取材班は、レースの間3地点で声援を送り、幸運にもゴールのその瞬間に立ち会うことができましたーーー!!


あーーー、感動したーーー!!

スタジアムで、福士さんのお友だち瀬川さんにも再会できたし。
その、2日後には、スタジアムでたまたま福士さん本人にも会えました!!!
少しお疲れの様子でしたが、笑顔で、「日本に帰ったら、青森に里帰りしてお墓参りがしたいです。チリンチリーンって」と答えてくれました。

日本のメダルを獲得するシーンに立ち会えて。それを、取材できて。
とても、幸せです!!

続きは、またカワスポ夕刊でご覧ください。

カワスポ夕刊★モスクワ

更新:2013年8月13日
え?!まだ大会3日目?!

モスクワはとても日が長く、夜も9時30まで明るいんです。
時差ぼけはないのですが、微妙に体内時計はずれてきているようです。
それに、毎日いろいろなことがありすぎて、時間の感覚がおかしくなってきました。


大会前にモスクワに乗り込んで取材開始!
すると赤の広場で、多くの人にサインを求められたり、「写真を撮って」と声をかけられている人を発見。
有名な人がいるんだろうなーと思ってそちらに目をやると、なんだか見たことのある“歩き方”!!んん??

肩を揺らしながら歩く様子がなんとなく記憶に残っていて・・・んー見たことがあるー!近寄っていくと。

やっぱり!
なんとシドニーオリンピック100m金メダリストのモーリス・グリーンさん。
世界陸上は1997年のアテネ大会から3連覇した、元世界記録保持者です。
選手は引退していますが、どうやらこの世界陸上には、アメリカのアスリートコメンテーターとしてテレビ局の取材に来ていたようです。
こんなところでお会いできるなんて!!
スーパースターと思いがけず遭遇できました。よしっ!!!

そして、他にも素敵な出会いがた〜くさん。中でも特に印象に残っているのが、マスターズ陸上の会長さんたち。大会前に赤の広場でインタビューしたときに、「ボルトの試合を一緒に見よう」と約束しました。そして、大会2日目、実際に決勝戦を隣で観戦。

写真の奥に見える分厚い雲、わかりますか??


それまでとてもいいお天気だったのに、男子100m決勝の直前に、雷鳴轟き、突然の大雨。なんてドラマチックな空間なんでしょう!!!
世界中の注目を集める空間にいると思うと・・・いつもよりも多目に空気を吸い込んでおきました!
会長さんたちと送った声援は「GO!!Bolt!!」
ボルトは、一瞬で私たちの前を駆け抜けていき、気づいたときにはゴールの奥で喜びを爆発させていました。
速ーーーーーいっ!!
そして、ボルトのウィニングランは、スタジアム中が大合唱しながらのダンシング。
とても楽しい時間でした。
楽しすぎてせっかくの生ボルトポーズを見逃すくらい(´Д`)

さぁ、次はどんな出会いがあるのでしょうか。
続きは、カワスポ夕刊で!!

ロシアより

更新:2013年8月12日
ズドラーストヴィーチェ!!


(こんにちは!)

カワスポでロシア・モスクワに来ています。現在開催中の世界陸上の取材です。


こちらの気温は最高気温で27℃くらい。
日本と比べると10℃位低いのですが、それは、気温だけを単純に比べた場合。
日差しの強さに関しては、日本よりモスクワの方が鋭さを感じます。
だから、、、暑ーーーい!
ただ、湿気がない分、日陰にいけば過ごしやすい風を感じることができますけどね。
いつもとは違う夏を過ごしています。

我々カワスポの取材班は炎天下で取材していますよー!

金曜日の放送でもお届けしましたが、今回の取材では、世界中の“がんばれ”を集めてきます。
それぞれの国では、どんな風に人を応援をしているのか、様々な国の人に声をかけていきます。

そして、なんと今回、特別に開幕2日前のスタジアムに入ることができて、100mを走らせてもらいました!ボルトも桐生選手も走る前に!!!いいんですか?


ここで、世界新記録がでるかもしれないんですよー?!そう思うとあーーー、興奮したー!

ということで、大変充実した日々を送っています。(スタッフの方が大変です)


続きは月曜日から金曜日のカワスポ夕刊で!!


以上、現場の松本麻衣子がお伝えしました!



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組