松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

約20年前のニュース原稿

更新:2011年5月23日
神戸市役所の民放記者室に行った時、先輩が見せてくれたのが、過去のニュース原稿。
紙が茶色く変色していて、時の流れを感じます。
約20年前のものだそうです。

いつも見ているニュース原稿と違うのが…


手書き!!!


今は、原稿システムと言うのがあって、私たちはパソコンを使って原稿を書き、それを読んでいます。
だから、いつ見ても読みやすい文字が並んだ原稿です。人によって若干の差はありますが、だいたい何秒くらいでその原稿を読むのかもコンピューターが計算してくれます。(私は読むスピードが遅いほうなのですが…)

ただ、話には聞いていました。
以前は、訂正がありすぎて原稿が真っ黒になったとか…
「この人のこの丸い形は“る”だ」とか「あの人のこの記号はこういう意味だ」とか、読むこと以外の解読するテクニックが必要だったなんていう話も。

いやー私たち、すいぶんといろいろな人の「こうやったらやりやすいだろうな」という知恵の集まった環境で仕事をさせてもらっているんですね。気づきました!!
もちろん私たちの手元に原稿がくる前には、報道記者の緻密な取材が大切で、そこは昔も今も変わらないものがあると言います。

入社した頃に言われました。
「アナウンサーはニュースの最終伝達者だ」と。
チーム毎日放送の一員として、これまで以上にニュースを読むことに集中して、よりわかりやすい、伝わるニュースを目指します!!

よく笑う

更新:2011年5月20日
オリックスバファローズの西勇輝投手にインタビューしました。
笑顔でマウンドに立つ20歳。
「楽しくてつい、笑顔になるんですよね〜」
そう話している間も西投手は笑顔でした。
「いまはいいですけど…30歳40歳になったら考えます」ってことなんで、笑顔のマウンドは今だけなのでしょうかね。

『よく笑う』

それは私の中でも、大事にしていることのひとつです。
意識してと言うのではありませんから、自然とそうなっていることが幸せなのかな…とも思います。
幸運にも、職場でもよく笑う。
友人にも恵まれ、よく笑う。
写真はまきちゃんとりえさんと。

この会合も笑いの絶えない時間でした。



「笑う門には福来る」って言いますもんね。
大事にしたいものです。

TEAM2011@神戸まつり

更新:2011年5月18日
5月15日の神戸まつり。

地上デジタル放送のPRのために、TEAM2011の活動に行ってきました。
東日本大震災が発生したため、岩手、宮城、福島に関しては、地デジへの移行は延期することになりましたが、それ以外の地域は、予定通り7月24日にアナログ放送は終了し、地上デジタル放送に移行します。
まだ地デジの準備が済んでいない方は、準備をしてください。
7月24日が近づいてくると、アンテナの工事が混み合ったり、チューナーが品薄になるかも…
という心配もあるので、早目の準備をお願いします。

やはり、私たちテレビ局に勤めていますし、1人でも多くの方に自分たちの作っている番組を見てもらいたいですから!!


しっかりPRしてきましたよ!
イベントでは地デジに関するコントも披露してくれたザ・たっちのお二人も一緒に。

そして、今回最も印象的だったのが、「完デジマン」!
後姿はウルトラマンのようですが、頭部はそのままだし…
一見するとヒーローだけど、笑い声は明らかに悪役だったし…
地下鉄移動だし。


かなり目立つTEAM2011のユニフォームも、完デジマンに比べると「普通」…でした。
お疲れ様、完デジマン!
ありがとう、完デジマン!

藤色ってこういう色なんだね〜

更新:2011年5月9日
藤を見ながら言った松川アナの一言。
あぁ、ほんとだなと不思議なくらい私の中に入ってきました。

色の表現って、“色々”あって、赤、青、黄色という大まかな分類では表現しきれないものってありますよね。
今の時期、山の木々がいっせいに芽吹く様子は、見ていて気持ちのよいものです。
若々しい緑にエネルギーを感じながら、自分の中に取り込もうと深呼吸。
白、黒だけでないカラフルな世界で生きていきたいものです。



都会に住む私は時々、自分に問いかけます。
「最近、いつ土の上を歩いた?」



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組