松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

フラカンライブ

更新:2010年2月25日
初めて聞いたときに、感動して動けなくなってしまった曲があります。
フラワーカンパニーズの「深夜高速」。

去年の9月に開催された野外フェス、音泉魂OTODAMA'09でのことでした。
その後、フラワーカンパニーズにはMUSIC EDGEのスミレ堂ライブに来ていただいたり、
スマイルソングスでも河田アナウンサーがインタビューをしたりとMBSにも何度も来ていただいています。

そのフラワーカンパニーズ20周年記念のライブが行われるというので、20日の土曜日、心斎橋クラブクアトロに行ってきました。
このライブ、2days。2回の公演のかぶり曲なし!!とのこと。
つまり、好きな曲、聞きたい曲が、どちらの日に演奏されるのかわからない。
深夜高速を聞いたら満足するかなーとちょっと思っていたのですが、ほかにもいい曲がたくさん!!

ボーカルの鈴木さんが観客を巻き込むのがすごくうまくって、楽しいんですよ〜
「真冬の盆踊り」では、みんな両手を上に上げて、盆踊り風に踊るんです!
遠くから見ると、大掛かりな胴上げをしているような光景で非常に面白かったです!

そして、今回の私の注目ポイントは衣装。
鈴木さんは、青と黒のボーダーシャツ。
ギターの竹安さんは、黒のVネックシャツ。
ドラムの小西さんは青い、上下がつながったレーシングスーツのようなつなぎ。
まぁ、ここまでは普通なんです。
そして、ベースのグレートマエカワさん。いつもは裸にオーバーオールなんですよ。
それが、今回は、ベージュにオレンジの花柄のシャツで登場。
私の前にいたファンの女性は、登場した瞬間に「あ。服着てる」・・・笑。

それくらい最近の定番になっているんですね。
で、気になったので、ライブが終わってから本人に聞いてみました〜
実は、今回の1日目ライブはちょっと懐かしい曲が多かったと。
そこで、昔の感じをだそうということで、当時していた格好・襟付きのシャツにデニムにしたんですって!!

でも、オーバーオールのほうが動きやすいそうです。
ジャンプするときとかひざの辺りの可動域が小さくて困ったそう。
あとは、オーバーオールのほうが涼しいとも言っていたかな。

2日目はどうだったんでしょうか?
マエカワさんの衣装が気になるので、ライブにいった方、教えてくださ〜い!

深夜高速を入り口にして、私、フラカンの世界にどっぷりとはまっています。


阪神ファームキャンプ@安芸

更新:2010年2月22日
17日と18日に、高知県で行われていたタイガースのファームキャンプの取材に行ってきました!

め・・・目が痛い。
最近のブログに、「雨で…」という言葉が並び、
ひょっとして雨女?と言われていましたが、
高知県安芸市のキャンプ取材では雨予報を吹き飛ばし、みごとな快晴!
瞳が日焼けして、痛いほどの日差しの強さでした。
(内心ホッ…としました。)


1軍合流前の安芸は、若手選手中心にエネルギー溢れるキャンプが行われていました。
17日の埼玉西武ライオンズとの練習試合では、これからのタイガースを担う選手たちが20、21日の紅白戦を目指してアピール。
試合終了後も、安芸に戻って練習していましたよ。
さぁ、沖縄・宜野座の1次キャンプを終えて、1軍の選手も安芸入りです。
天気にも恵まれ充実したキャンプになりますように…!!
キャンプ情報は、タイガースとファイターズのキャンプ60分で。(GAORAで放送中!)
今週からは前田アナと私松本が大阪のスタジオ担当です。


平田監督や八木コーチにもインタビューすることができて、収穫の多い取材になりました。

社員旅行☆

更新:2010年2月16日
アナウンサー室社員旅行!


今回は、大月アナウンサー筆頭に、若手アナが集って…

『ゴルフを愛する若手アナウンサーで行く和歌山ゴルフ旅!』

1週間以上前から何度も天気予報をチェックして、心待ちにしていたのですが、
当日は…雨。
修行!?というくらいの雨脚の激しさに半分めげそうになりながら、
大好きなゴルフを楽しみました。
それにしても、吹き付ける風の冷たさといったら…。
その後に入ったお風呂の温もりも感覚がないくらいでしたからよっぽど冷えたのでしょう。

でも、みんなで囲んだお鍋は最っ高においしかった〜♪
休暇村紀州加太で食べたクエ鍋!!
うまみのある脂がのったクエのプルプルとした食感。
撮影:八木早希
淡白な中にも、ぎゅっと甘みと旨みが詰まっていました。
おいしいお酒に食事の数々。
夜中まで盛り上がったことは言うまでもありません。

「1年に1回と言わず、もっと行こうや〜」
河田先輩、賛成です!


ラジオウォーク〜シルクロード終着の都〜

更新:2010年2月15日
シルクロード終着の都 ラジオウォーク
前日の土砂降り予報でお天気が心配になりましたが、
ぽつぽつ・・・と降る雨の中、なんとか無事開催することができました。
あいにくのお天気にもかかわらず、多くの方に参加していただきまして、ありがとうございました。

私は、今回2ヶ所からの中継を担当しました。
まずは、法華寺。
今回のラジオウォークの主人公の一人でもある、光明皇后が建立したお寺です。
ここには「から風呂」があります。
お風呂…といっても現代のものとは違って、蒸し風呂。
釜で炊いた湯気を、高床式の板の下を通して室内に充満させるんだそう。
体を清めるとか、悪いものを体の外に出してしまうとかそんな考え方は昔から日本にあったということなんですね。
建物自体は室町時代に再建されましたが、
中の敷石の一部は天平時代に使われていたものがそのまま使用されているんですって!!


そして、もう一ヶ所・不退寺からも中継。
ここは伊勢物語のモデルとしても有名な在原業平が立てたお寺。
「花の寺」とも呼ばれていて、4月にはレンギョウの花が咲き乱れ、お寺が黄色に包まれるそうです。
ここで私の目を引いたのは、欄間。

見えますか?業平格子

部屋と部屋をしきる格子の部分がちょっと変わった模様をしているんです。
二重線でつくったひし形。
これは「業平格子」と呼ばれていて、在原業平の着物の模様だったという話もあるんです。
伊勢物語の挿絵には、確かにこの模様の着物を着た業平の姿が。
洒落た話ですね。


歴史の勉強は苦手だった私ですが、
1300年前の人たちの生活も、ここで同じように営まれていたんだと感じることができました。
いろいろと教えてくださった先生方、ラジオウォークの先輩方、そしてリスナーのみなさん、ありがとうございました。


沖縄・宜野座キャンプ

更新:2010年2月8日
今年2月の沖縄は雨の日が続いています。
キャンプ取材に行く前に「この時期の沖縄は、行ってみないと気候がわからない…」と聞いていましたが
今年は雨が続き、少し肌寒いお天気になっていて
第1クールのキャンプは室内練習が多かったようです。

今回、私は宜野座キャンプの見どころを取材してきました。
宜野座のキャンプに一歩足を踏み入れると、
道の両側に立てられた選手ののぼりが迎え入れてくれます。
よ〜く見てみると、今年新加入した選手ののぼりは新しいことを発見。


キャンプは始まったばかりとはいえ、みなさん真剣な表情。
それぞれの課題をもって取り組んでいました。

キャンプ情報は、GAORAで放送中のタイガースとファイターズのキャンプ60分で。
今後は私は大阪スタジオを担当しま〜す!

沖縄のスタジオにて

沖縄は寒かった、寒かったと言っていましたが、
伊丹空港に降り立って気づきました。
あ…沖縄はだいぶ暖かかったんだ…

キャンプ

更新:2010年2月2日
このところ「プロ」という言葉についてよく考えるようになりました。
プロスポーツ選手についてです。

私が書いた引退試合についての思いを見てくださった方から
いろいろな感想が寄せられたりだとか
実際にインタビューをした選手たちの言葉や行動を見ていて、
なんとまぁ熱い思いを持ってスポーツに取り組んでいるのだろうと
今まで以上に感じているのです。

あれは、昨年の11月のことだったでしょうか。
「自主練習は、キャンプを…そしてシーズンをケガなく、
自分の体調を整え、精神的に楽に過ごすためにやる」

こう話してくれた選手がいました。
だから、これでもかーというほど自分の限界に挑戦するんだと。
これを「準備のための準備」と表現する人もいます。

2月に入り、プロ野球の各チームも自主練習期間を終え、
キャンプインしました。
“準備のための準備”から、「準備期間」に移行したのです。
今年は私も阪神のキャンプに取材に行くことができるので、
そこで得たものを放送に生かせるようにしますね。

どのような準備をして、それが、どのようなプレーにつながるのか。
真剣勝負だからこそ面白い、戦いの裏側を見てきます。
では、宜野座に行ってきま〜す!

インビクタス

更新:2010年2月1日
なによりこの映画のすごいところは、
「この話が実話だ!」というところです。

インビクタス〜負けざる者たち〜

アパルトヘイト(人種隔離政策)で仕事も住む場所もバスや電車も分けられていた
南アフリカ共和国で初の黒人大統領になったネルソン・マンデラ。
27年もの間投獄され、そののちに大統領に選ばれた男が人種差別も経済格差もあるこの国をいかにしてひとつにまとめるのか。
彼が選んだのはスポーツの力だった。1995年南アフリカで行われたラグビーワールドカップを舞台にしたひとつの物語がここにある。

2月5日からロードショーのこの作品の試写会に行ってきました。
うたぐみに属していながら、スタッフから「うんどうぐみやなー」と言われるスポーツ大好きな私好みの作品でした。
満員のスタジアムで沸き起こる歓声のなんと気持ちのいいことか!!
ラグビーを詳しく知る人の感想も聞いてみたいのですが、
スポーツを通じてみんながひとつになっていく様子が楽しくて楽しくてついつい顔が緩んでしまいます。
それから、もうひとつ魅かれたのが、発する言葉のひとつひとつに耳を傾けたくなるモーガン・フリーマン演じるネルソン・マンデラのことば。
心の中で一旦、活字になるようなフレーズがいくつも出てくるのです。名言…ですね。
きっと、言葉に力がある人ってこういう人なんだと思います。

2010年はバンクーバーオリンピックもあるし、
南アフリカではサッカーのワールドカップが行われます。
そこでも、ドラマがきっと生まれるはず。
見逃せませんね!



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組