松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

更新:2007年3月13日
私の学生時代の自慢は、「方言の使い分けができること!」でした。
東京の大学に通っていたので、当然東京にいるときは共通語のイントネーションで、そして、高校時代の友人や家族と話すときは、関西弁(…播州弁!?)で会話をしていました。友人といるときに母からの電話にでると、驚かれたものです。

さて、当たり前のことですが・・・
アナウンサーは、“相手は関西弁だけど、自分は共通語で話さなければならない”という状況がしばしばあります。そんなとき、私の言語はコントロールが効かなくなってしまうのです。また、これは関西の放送局特有だとは思うのですが、仕事で「関西弁を使ってください」とスタッフからリクエストされることがあります。しかし、きちんと喋ろうと思うと共通語になってしまうことも・・・。

さらに、自己分析を進めていくと―――
会社にいるときも、普段は関西弁で話していますが、東京出身の山中アナウンサーや伊藤アナウンサーと話しているときは共通語に近いことが判明。

あらら。
なんだ!自分で使い分けができるんじゃなくって、相手に左右されていただけだったんだ!!

自分のことなのに、制御できないなんて・・・。
なんとかならへんかなぁ〜



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組