松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

更新:2006年7月25日
山中ANと水戸黄門出演も…
アナウンサーになって、「こんなにいろいろな仕事があるんだぁ…』と思うことが多々あります。

番組の司会をしたり、ニュースを読んだり、ラジオCMを録音したりはもちろんのこと、雑誌の取材を受けたり、スイカを切ったり、水戸黄門に出演したり…(*_*;)
毎日放送に入るまで予想もしていなかった仕事をすることもあります。

そして、私はある、“貴重な体験”をしてしまいました。
  
  『他局の番組に出る!』


関西テレビの人気番組なんぼDEナンボに出演させていただきました。
今回は、司会のメッセンジャー黒田さんと山本アナウンサーを中心に在阪5局のアナウンサーが集まるというもの。
私、実は関西テレビの山本アナウンサーが大好き。
収録中も「なるほどこうやってバラエティは進めていくのかぁ〜」と感動してしまいました。
しかし、関テレの入り口はガラス張りだし、エレベーターはすぐ来るし(毎日放送のエレベーターはとっても遅いのです)スタジオの形も違うし、スタッフさんも違うし…
いつもと勝手が違って必要以上に緊張してしまいました。
唯一ホッとしたのはある先輩アナウンサーからもらったメッセージVTR。
先輩、本当にありがとうございます。

番組は、関西テレビで8月5日OA予定です。
他局の華やかな先輩アナウンサーに囲まれてどぎまぎしてしまっている2年目の新人をみてやってください。


…あ、他局の宣伝しちゃった。


更新:2006年7月14日
=VOICE取材=
祇園祭の鉾建て始まる!!

7月10日。
祇園祭の山鉾巡行まで1週間。
この日、32ある山と鉾のうち山鉾巡行(やまほこじゅんこう)で
先頭を行く長刀鉾(なぎなたぼこ)など5つの鉾の組み立てが始まりました。

まず最初に、蔵から1年間大切に保存していたものをひとつひとつ出していきます。
それぞれの部品は大きいものでも3メートル位。
色の濃いものや薄いものが混在していて、
古いものから順番に新しくしているのがわかります。
完成すれば20メートル以上、重さ10トンを越すとも言われる鉾。
驚くべきことに、くぎやねじは1本も使われていません!
熟練の大工方が、くさびと荒縄を用いた
「縄絡み(なわがらみ)」という独特の手法で組んでいきます。

どうして釘を使わないんですか?
「釘は木と木を固定してしまうんですよ。鉾は動くからね。
巡行中にゆれがあってこそ建物というのがもつんですよ!」
と答えてくれたのは長刀鉾の親方。
また、固定する場所によって縄の結び方は変えているそうです。

それから、鉾を組み立てている横で、
メジャーで寸法を測っている調査員の姿が目立ちました。
今年から京都市が、伝統を継承する為、鉾の寸法や材質などの記録を始めたのです。
私には、いままでに正確な資料がなかったということがびっくり!
再び長刀鉾の親方に聞きました。
<Q、いままで設計図はなかったんですか?>
A.設計図ゆうのはないです。
<Q、え!?じゃあいままでどうやって作っていたんですか?>
A.うちらはもう頭の中に入っているというかね。それだけでやっていますよ。

へぇ〜。よく見ると、鉾の部品には「西」「東下」など
あちらこちらに方角や数字が書かれています。
設計図はないけれど、毎年同じ方角に向けて組み立てるという先人の知恵だったのです。

初めての祇園祭取材。
伝統行事の現場には驚きがいっぱいでした。


更新:2006年7月7日
是非オーサカキングに
来てください!!
いよいよこの季節がやってきました〜♪

真夏の大阪のイベントといえば…?

そう、『オーサカキング』です!
今年も毎日放送全力で取り組みます。

今年で3回目のこのイベント。
期間は、7月29日から8月6日まで。
場所は、大阪城一帯で開催します★

昨年は、入社したばかりの私が1万人の方にスイカを振舞う
という企画を担当させていただきましたが、
今年は新人の2人がさらに過酷な(?)楽しい何かをしてくれるとのこと…
乞うご期待!!

今回、私はオーサカキングのキャラバン隊を任されました!
7月6日には、新人の伊藤アナや前田アナ、らいよん王さまちゃんと一緒に
新聞社や雑誌社にご挨拶。

7月8日、9日には阪急梅田駅のCO−BIGMAN前広場で、
オーサカキングのステージイベントを行ないます!
お時間のある方、梅田に立ち寄った際は、遊びに来てください。
お待ちしています!!



プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組