松本 麻衣子Photo

松本 麻衣子アナウンサーのブログ

松本麻衣子のここ・そこ・まいこ!

更新:2005年12月2日
私は、引退するスポーツ選手の姿を伝えられるようになりたい…と思っている。
私が応援していたある野球選手の引退試合に行ったときのこと。そこには、至る所に横断幕が揺れていて、球場中に「やめないで!」という声が響いていた。でも、翌日の報道はあまりにもあっという間で、自分が思っていたより扱いが小さいことを不満に思った。そんなとき、現場にいたアナウンサーが、(皆さんが)彼を知らないまま彼を引退させるなんて「もったいない」と言ってくれたのだ。私の気持ちを代弁してくれたような気がしてとても嬉しかったのを覚えている。

11月26日土曜日。
ガンバ大阪対ジェフ千葉。
この日、ミスターガンバと呼ばれた男が引退した。
松波正信(31)

『ガンバでの生活は“幸せ”ただそれだけです。』
そういって松波選手は声を詰まらせた。

グラウンドを一周すると、ジェフのサポーターからも「松波コール」が沸き起こり、松波選手は深々と頭を下げて声援にこたえていた。なんだか胸がジーンとする一幕だった。

セレモニーの後、松波選手にお話を聞くことができた。
【13年間最後の試合を終えて…】実感はないですね。家に帰って思い出したりするんですかね。
【試合前の気持ちは?】いつもと変わりません。試合前の気持ちは13年間ずっと同じです。
【家をでるときは家族に何か声をかけましたか?】いいえ、特には。いつもどおりでした。
――なんかあまりにもいつもどおりで。また(万博に)来るんじゃないかってくらいで。本当はいつまでもいたいんですけどね。
【グラウンドを一周して…】いろいろな声をかけてもらいました。ほとんどが「ありがとう」という言葉で。(相手チーム)ジェフのサポーターからも。感謝しています。
【松波選手にとってガンバはどんなチーム?】強くいてほしいし、それができるチームだと思う。ガンバを思い出すたびに、松波という選手を思い出してほしい。


選手の引退は悲しいし、淋しい。
でも、松波選手が言うように、誰かの心に何かを残せていれば、それは素敵なことなのかもしれない。
私は、そのお手伝いができるようになりたい…とまた改めて思った。




プロフィール

松本 麻衣子Photo
名前:松本 麻衣子
生年月日:1982年8月17日
入社年:2005年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:学習院大学
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ
何でもひとこと:面白いこと、すごいモノ、頑張っている人など、何かに“スポットライト”を当てる仕事をしていきたいです。ポップな高い声…以外も出ますよ。

担当番組