千葉 猛Photo

千葉 猛アナウンサーのブログ

おっさんのつぶやき

老母

更新:2014年6月16日
仙台で一人暮らしをしている母親が

ちょっと体を悪くしまして、

手術やらなにやらありまして、

ちょっとだけ

このブログを休ませていただきます。

ここ数年、

父がガンで亡くなったり、

東日本大震災で

家が全壊判定になったり、

伯父や伯母が亡くなったり、

よくもまあ

こんなにいろいろあるもんだ

というくらい、

いろんなことがありました。

しかし、

人生、悪いことばかりは続かないので、

まもなく

必ず良い事が束になって

降ってくると思います。

私は

自分で言うのもなんですが、

「運の好い男」なんです。

やがて、

とてつもない幸運が降って来たら、

皆さんにも

何らかの形でお分けしましょう。

楽しみに待っていてください。

ということで、

すみません、

しばらくブログは休みますが、

どうぞご心配なく。

もし、

できましたら

その間、

ここ数年、

私が書いてきた文章を

読み直して

いただけたら幸いです。

実はブログを書き始めたころの

文章って、

自分で言うのもなんですが

結構いいもの

書いてますので。

ちなみに

自分でも思うのですが

最近は駄文が多いですわ。

一生懸命書いても

やっぱり

心の状態って

反映されるんですね。

更新:2014年6月13日
思うのであるが、

「そんなことをしたら、結局はこんな結果になるよ」

と筋が通った警告をした人が

いるにも関わらず、

聞かずに

やってしまって、

取り返しのつかないことに
なったという例は

歴史上にたくさんある。

それこそ数え切れないくらい。

状況を

正確に見通し、

警告をしているにも

関わらず、

聞いてもらえず

巻き込まれてしまう者の

無念さは

計り知れない。

正確に物事を判断するために

もっとも必要なことは

「事実を正確に知る」

ことであり、

特に、相手がある場合は、

「敵」について、

正確に知ることが、

考えるための大前提だと

思うのだけれど。

敵について、

知り尽くすことなしに、

判断することなかれと

歴史は語っているように

感じるのだけれど。

もし、万が一

悲惨な歴史が
繰り返された場合、

その責任は

誰がどう取るのであろう。

取り方は、

はっきりさせておいてから、

考えないとね。

故障

更新:2014年6月12日
私の気に入っている

安物の防水タブレットが

故障してしまった。

いきなり画面が

フリーズし、

どのボタンを押しても

動かなくなった。

パソコンのように、

バッテリーが外せないので

こうなると

なすすべがない。

長時間

そのまま放っておいて

バッテリーがすべて

放電するまで

待ってみた。

そして、

再び充電し直しているのであるが、

さて、

どうなるか。

さっきちょっと

充電コードから取り外して

電源ボタンを入れてみたのだが、

初期画面は出るけれど、

そのあとは

「へなへなへな〜」

と力つきたように

画面が真っ黒になってしまう。

まあ、

買った値段が安かったので、

そんなに

驚きではないけれど、

できれば

早く復活してほしい。

…復活するかな?

ポリープ

更新:2014年6月11日
先週、

胃カメラと大腸カメラの

検査をしたのであるが、

大腸に「ポリープ」が見つかった。

‥ということで、

早速、切除したのである。

といっても

私が切ったのではない。

お医者さんが

切ってくれたのである。

まあ、

この年になれば

いろいろ見つかるのであるが、

それにしても、

午前中に検査して、

切除した当日も

午後は会社にきて、

普通に仕事しているという状況も

なかなかだと思う。

別に

そんなに

一生懸命

まじめに仕事したとて、

いいことがあるわけでは

ないんだけど。

いじめ、嫌がらせ

更新:2014年6月10日
厚生労働省の集計で

わかったことなのだが、

「いじめ、嫌がらせ」

の訴えが

昨年度、全国の労働局の

「個別労働紛争解決制度」

に寄せられた相談のうち、

もっとも

多くなったということである。

これは実は

前の年度もそうで、

2年続けてのことだという。

そして、

「いじめ、嫌がらせ」

に関する相談は

この制度が

2001年に始まってから

増え続けていると

いうことである。

ちなみに、昨年度の

「いじめ、嫌がらせ」の

相談件数は

およそ5万9000件で

前の年度より

14パーセント以上も

増えたということである。

大人の世界で

「いじめ」や「嫌がらせ」

が、こんなにあるのでは、

学校でいくら

子供たちに

いじめをなくそうと

教育しても

苦しい限りである。

数はこれだけではなく

きっとまだ、

表面化していないものの

あるはずなので、

そういったものは、

どんどん相談して

告発して、

表面化させて、

加害者に

相応の責任をとらせないと、

状況は良くならないの

ではと思う。

泣き寝入りはいけない。

加害者が
罰せられないと

状況は改善されないから。

いじめや嫌がらせのはびこる組織は

組織の存在自体が「社会悪」ともいえるので、

改善できないなら

組織ごとつぶすしか無いし、

社会的に

徹底的に

責任追及し、

正すことが必要だと思う。

それがイヤなら

社会的に追求される前に

自らで
徹底的に改善をする責任が

組織のリーダーには

あると思う。

もちろん

そのリーダー自身が

「いじめ、嫌がらせ」

をしているのであれば

そんな組織は

自浄能力なしということで

つぶしてしまう必要があるのだけれど。

…と、思いませんか。

還暦

更新:2014年6月9日
私のミニバイクの

走行距離が

まもなく10000キロを

迎えようとしている。

写真をお見せしましょう。


もうすぐ積算走行距離計は

0に戻るので、

人間で言えば

還暦である。

しかし

エンジンに問題はなく

快調に走る。

買うときに

「とにかく頑丈で、
故障の少ないものを」

と注文して買ったものだけに、

華やかな装備は

一切無いけれど、

すべてが

正確に
そして確実に動いてくれる。

もちろん

スピードは速くない。

走っていると、

やたら音が大きい

ヤンキーの兄ちゃんのスクーターに

追い抜かれる。

別に

追い抜かれてもいいのである。

還暦のお祝いに

すり減った

後ろのタイヤを

替えてあげようと思う。

破けたイスの革の部分は

テープを貼って

直したし、

エンジンオイルも

継ぎ足しをしておこう。

ほとんど同じ道を

繰り返し通って

達成した10000キロ。

私のような

デブを乗せて

頑張ったなあと思う。

快調に

もう10000キロと思ったりするのだが

正直、この調子なら

走るかもしれないねぇ。

胃カメラ

更新:2014年6月6日
今日は、

私は

胃と大腸に

カメラを入れて

検査をしているのである。

大腸はともかく

胃が痛むことは

結構多いので

きちんと検査をしておかないとね。

しかし、

カメラで検査となると、

下剤をかけての

準備が大変で、

空腹に耐えることになるので

検査が終わった後

何食べようかと考えることだけが、

私の

唯一の楽しみとなる。

そして、

この時、食べたものが期待はずれだと

ものすごく落ち込む。

逆にうまいものだと

元気百倍になる

まあ、賭である。

さあ、

今回は何を食べようかな。

更新:2014年6月5日
唐揚げ弁当を食べた。

私は鳥の唐揚げが好きである。

食いながら思った。

私は一生でどれだけの
鶏さんのお肉を食べるのであろうか。

…千羽か二千羽か。

牛さんのお肉は
きっと1頭分も食べないだろう。

…というか食べられないだろう。

10頭分くらいは食べたいけど。

高いからね。

豚も
牛よりは多いと思うけど

それほど、

たくさんの頭数には
ならないであろう。

しかし、

鶏は千羽以上は食べるであろう。

そして卵も入れると

それこそ膨大な数になる

卵は何万個というレベルになるのであろうか。

ありがたきかなである。

感謝して食べよう。

思うに

この世から鶏の唐揚げと

焼き鳥がなくなったら、

何を楽しみに

生きたらいいのか

わからなくなるという

おっさんは

多いのではなかろうか。

つまり、

鶏の唐揚げと焼き鳥さえあったら、

人間、それなりに幸せに

生きられるということかな

と思うんだけど。

何はともあれ

鶏さん、

本当にありがとうございます。

成果主義

更新:2014年6月4日
サラリーマンの
残業と報酬についての

法案が話題となっている。

「時間ではなく成果」を重視

ということなのであるが、

それならば

まず誰よりも先に、

国会議員や地方議員、首長の報酬体系を

「成果主義」

にするべきではなかろうか。

4年に1回の
選挙はあるけれども

それでは成果の評価機会が足りない。

1年ごとに

選挙有権者が
首長や議員の活動を厳格に評価して

マニフェストを

どれだけ達成できたかで

次の年の歳費や、議員報酬を決めたら良いと思う。

選挙の時は
やかましくなにやら訴えていたのに

当選してから

次の選挙まで
何をしていたのかわからない首長や議員は

これでいなくなるし。

有権者は選挙で

首長や議員を選び出すのだし、

税金を納めているのだから

行動についても

細かく監視し、
評価する権限と義務があるはずである。

サラリーマンの成果主義を
考えるよりも

「成果」を問題にするなら

まずそっちの方の改革が先だろうと

思うのだけど。

みなさんはどう思います?

説明責任

更新:2014年6月3日
最近、学校給食について、

いろいろ論議がなされていると聞く。

たとえば

和食と牛乳はあわないとか

言われているらしいのだけれど、

そんなことは

ずっと前から

わかりきっていることだと思う。

…あなたは思いませんか。

あわないとされる

牛乳を含めた食べ方で

昔、パン、おかず、牛乳を交互に食べる

「三角食べ」が

奨励された時期があった。

先割れスプーンと、

お盆と一体化した

くぼみ式の皿の

給食容器が使われた時期もあった。

…私が子供だった時代なんだけど。

今のような
少子化時代ではなく

子供は多すぎるみたいな扱いを受けて、

競争社会が当たり前といった
価値観の時代である。

意見なんて
ろくに聞いてもらえず、

校内暴力がはびこった時代である。

とにかく、子供たちは

その当時の大人が決めた

「良いと思う方向」

に従わされてきた。

自分たちが

正しいことのように
大人からさせられてきたことが

今頃、

「おかしいんじゃないの?」

と言われていることに

怒りを覚える。

そんなことは

当時だって

よく考えればわかることだろう。

なぜそんなことをしたのか、

少しでもおかしいと思う声があったのなら、

何で早期に変えなかったのか。

当時の大人に問いたいと思う。

そこで、

「まあそんな時代だから。
仕方なかったんだよ」

なんて言葉が返ってきたら、

許しがたい怒りを

増幅させることになると思う。

大人が決めたことを

子供に強制した責任は

誰がとったのだろう。

最低でも、詳細な説明責任があるはずである。

その責任を果たしていない、

そんな大人が
やがて年寄りになったからといって、

敬われるわけがない。

と、思うんだけど。

そしてこのことは

いま大人である

私たちの世代にも

いまの子供たちに対して

同じように説明責任が

あるということである。

たとえ、
どんなことであったにしても。

子供たちに強制した責任はあるのだから。

…どう思います?

可能性

更新:2014年6月2日
私は、深夜に家に帰ることが多いので、
(…といっても遊んでるわけじゃないよ)

駅から出てきて

空を見上げると、

大きな月が浮かんでいることがある。

そして、

見るたびに思う、

あの星まで

人類は到達し、

足跡を残している訳である。

すごい話である。

それも

1960年代に

成し遂げている。

それから既に

半世紀近い月日が

経ったわけであるので、

今はもっと

すごいことが出来るはずである。

だったら、

地球環境を

全く汚さない

自然の摂理に沿った

クリーンで力強い

新エネルギーを生み出すことも

出来るはずである。

なにせ、
月まで行った人類なんだから。

その知恵と力と
科学力を持ってすれば、

不可能ではないはずである。

本気出せば

絶対出来るはずである。

と思いながら

月を見上げている。

思うに、

昼間の太陽に比べると

月の光は

どうにも、か弱く見えるけれども

なんとかして、
この光から

大きなエネルギーを生み出すことは

出来ないのだろうか、

…きっと出来るはずである。

人類が、もっと真剣に取り組みさえすれば。

と、思うんだけど。

どう思います?



プロフィール

千葉 猛Photo
名前:千葉 猛
生年月日:0年4月9日
入社年:1990年
出身都道府県:宮城県
出身大学:早稲田大学
趣味:このブログを書くこと
何でもひとこと:防災士です。総合旅行業務取扱管理者で、一級小型船舶操縦士で、潜水士で、パンシェルジュでもあります。資格マニアですね。

担当番組