山中 真Photo

山中 真アナウンサーのブログ

なかなかどうしてやまなかまこと

更新:2001年11月27日
「ありきたりだけど、困っている人を助けたいと思って…」
そんな理由から弁護士になったという「アイマン総合法律事務所」の土田さん、この10月に弁護士になったばかりのほやほやの新人弁護士です。

先日、イブニングレーダーのリポートのため、土田さんに1日付きまとわせてもらいました。
新人アナによる、新人弁護士1日密着取材!!でした。

10時前に出社(弁護士事務所だから出所?)し、その日1日の仕事を確認します。
土田弁護士(右)と先輩の網本弁護士(左)胸の弁護士バッジが光ります
この日1つ目の仕事は、先輩弁護士と一緒に「接見」をしに行くこと。(土田さんはまだ新人なので先輩と一緒に行って勉強します)
午前中は準備をして、午後、警察署に向かいます。
住居侵入罪で逮捕されていた容疑者、頼りになるのは弁護士だけ。
土田さんは先輩弁護士とともに「接見室」に入り、1時間ほど容疑者の相談にのっていました。

そして、夕方からこの日2つ目の仕事。「法律相談」です。
依頼者が事務所に来て、法律に関してアドバイスを求めるわけです。
この日の依頼は、建築に関するトラブルについて相談してきました。
私も同席させてもらったのですが、この依頼者見るからに困っていました。
土田さんは、どうにか力になろうと、模範六法を片手に、細かく話を聞きます。

結局、この件は、実はすでに係争中(裁判中)ということが分かり、残念ながら土田さんがアドバイスをしてあげることはできませんでした。(弁護士倫理として、ある弁護士が関わっている案件に他の弁護士が口出しするのはよくないらしいです。)

さて、この日だけでも2人の困っている人の助けをした土田さん。
実は、この日の2つの仕事とも、この日が初めてということで、朝から少し緊張していました。
ですが、終わってみると、充実感たっぷりの本当にいい顔。
そして、「弁護士になって今日が一番うれしいです」とのコメント。

正直、弁護士というと、ちょっと敷居の高い、お高いエリートのイメージがありましたが、土田さんはとっても気さくで、そして爽やかな方でした。
弁護士とアナウンサーと仕事は違いますが、お互い新人としてこれから社会で活躍できるよう頑張って行きましょうね♪

僕に何かあった時はよろしくお願いします…?!


更新:2001年11月20日
(1)発明家…エジソンに憧れる(小学校低学年)
       ↓
(2)医者…金持ちに憧れる(小学校高学年)
       ↓
(3)サッカー選手…当時まだJリーグは無いが憧れる(小学校高学年)
       ↓
(4)外交官…外国好きな母に「なれ」と言われ憧れる(中学)
       ↓
(5)商社マン…外国にいけると思って憧れる(高校)
       ↓
(6)公認会計士…大学の友人が勉強していてつられる(大学)
       ↓
(7)銀行マン…先輩に憧れる(就職活動前)

とまあ、物心ついてからいろいろな職業に憧れてきたけど、今は結局アナウンサー。
正直、人生において考えたこともなかった仕事をしてるなぁ。

なかなかどうして人生はわからないもの。

今日は、そんな僕の25歳の誕生日。
これからどんな人生を歩むことやら。
見守ってくだせぇませ♪


更新:2001年11月13日
なかなかどうして、時が経つのは早いもの。

先日イブニングレーダーの中継で、ある中学校に行ってきました。
自分が卒業して以来、「中学校」という場所へ初めて行ったのですが、考えてみると卒業してからもう10年近く経っています。
中学校の雰囲気は懐かしく、もう一度戻りたいなと思わされました。
中学生にインタビュー
お邪魔したのは大阪市平野区にある、平野北中学校。
この中学、大阪市内で唯一、服装が自由という中学校なんです。
生徒からの発案で服装が3年前に自由化されたそうです。

服装自由ということで、みんなどんな格好をしているのか楽しみして行ったのですが、これが、あら意外!全体の60%くらいの生徒は制服を着用していました。
服装が自由というのは、「制服が無い」のではなくて、一応あるんだけど、着なくても(もっと言うと買わなくても)いいってことらしいです。
だから、着たい人は制服で登校しているんですね。
毎日着ていく服を選ぶのが面倒くさいという気持ちは良く分かりますし、女の子には横並び意識のようなものが強いようで、制服を着ている子が多いみたいです。

私の中学時代は制服に関する規定はとても厳しく、学生帽もかぶっていないと怒られました。
あれから10年近く。この自由化のような変化は時代の流れでもあるのかもしれませんね。
「個性重視」の一つの表れなのでしょう。
ちなみに私は小学校も制服だったし(公立なのに!)、高校も厳しい学校だったから、この平野北中学校、うらやましくてしょうがないです。
みんな、いいなぁ♪夏は浴衣で通学したりするのかな?(なわけない?)

さて、今の僕の「制服」といえば「スーツ」。嫌いではないんですが、夏はつらかったかな。
あと、ネクタイもちょっと苦手だなぁ。
この僕の「制服」も時代とともに変わっていくかも?!



プロフィール

山中 真Photo
名前:山中 真
生年月日:1976年11月20日
入社年:2001年
出身都道府県:東京都
出身大学:早稲田大学
趣味:人でもモノでも場所でも体験でも、新しいことと出会うこと、バスケットボール、ドライブ
何でもひとこと:体力と適応力でタフな仕事にチャレンジしています。1回10日〜2週間という海外取材を年間6〜7回、70日間インド一周という取材も経験しました。英語は全くしゃべれませんが…。大阪マラソン開催を機にフルマラソンにもチャレンジ。日本一速いアナウンサー目指して、サブスリー(3時間切り)を狙っています。去年は3時間2分18秒でしたが…。ダイビングと潜水士の資格で水中からの生中継をしたり、高所も好きでヘリ中継をしたり。バンジージャンプでも蛙を食べることでも、好奇心をくすぐる刺激を求めて、新しいことに出会えるならどこにでも行きます!興味の幅が広すぎて、これっちゅう特徴(キャラ)がないのが悩みですが…(笑)。

担当番組