河田 直也Photo

河田 直也アナウンサーのブログ

おもしろきこともなき世をおもしろく

更新:2013年3月15日
毎週木曜日のちちんぷいぷいで放送している「昔の人は偉かった」。
おかげさまでコーナー開始から2年半が経ちました。
コーナー立ち上げ当初は
「ただ歩くだけのコーナーって…どこまでできるんだろ??」
と不安に思うこともありましたし、
まさかここまで続くとは…
みなさんのあたたかい応援のおかげだと思います。

昔の人は偉かったでは毎週25分ぐらいのVTRを放送していますが
(ひとつのコーナーとしては非常に長いですが…)
今回は実際に現場でどんな感じの撮影が行われているかをご紹介します。

現在は「厳島神社の桜を目指せ!」というテーマで
兵庫と岡山の県境から西に約280km、厳島神社に向けて歩いています。
基本的にはロケが日の出とともに始まるので
前夜に現場に入ってホテルに宿泊し
早朝に起床してみんなでスタート地点に向かいます。

その道中、ロケスタート前に必ず立ち寄るのが
明け方のコンビニ!


まだ暗い中みんな店の前に立っていますが
何をしているかと言いますと……


朝ゴハン食べてるんです!
明け方前ですから当然周囲の飲食店はまだオープンしてませんので
毎回こんな感じです。
最近のコンビニの軽食はかなり充実してますんで本当に助かってます。
(お店には迷惑かからないようにしています)
全員の朝食の他、休憩時の食べ物、飲み物など
いつも1万円ほど買い物するので店員さんはビックリされます。

日の出と同時にスタートするロケは毎回9人で撮影しています。


メンバーは、カメラマンA、カメラマンB、音声マン、
ディレクターA、ディレクターB、AD、ドライバー、
河田、くっすん、です。

基本的には歩く僕とくっすんをカメラマンA、音声マン、
ディレクターA、ADが撮影しながら進みます。


事前に計画してて取材をさせてもらうお寺や神社、
商店、博物館などの撮影の他にも、
歩いていると想定してない突然の出来事や出会いもあるわけで
そんな時も臨機応変に撮影をします。

一方、カメラマンBとディレクターBは車で先回りし
遠くから我々一行を撮影するのが主な仕事です。


視聴者のみなさんに、現場の状況を的確にお伝えするため
様々な場所から撮影します。

例えばよーく見ると歩道橋の上から…


時にはこんな所からも…


たまに遠すぎて撮られてることに気付かないこともあります。

そしてこのロケを効率的に進める上で欠かせないのが
A班、B班、ドライバー、を結ぶ連絡系統です。
それぞれがトランシーバーを持っていて、
A班の現在地や現状をB班とドライバーに知らせたり、
常にお互いに連絡を取り合い連携しながらロケをしているのです。


これからは日の出が早くなりロケ時間が長くなるので大変ですが、
みなさんに楽しんでいただけるよう
みんなで協力してがんばります!


バックナンバー

2017年
2015年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

河田 直也Photo
名前:河田 直也
生年月日:1974年4月23日
入社年:1999年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:立命館大学
趣味:フットサル、ゴルフ、歴史小説、アクアリウム
何でもひとこと:入社16年目。まだまだチャレンジ精神を忘れず、体当たりでがんばります!!

担当番組