西 靖Photo

西 靖アナウンサーのブログ

撮ってみたんですが見ていただいていいですか

更新:2009年3月23日
春ですね。
土筆が顔を出し、蒲公英が咲き、薇や蕨が萌え、
独活や楤の芽の天ぷらもおいしい、春です。
ってこんな文章はパソコンが勝手に書いてくれるわけで、
自分で鉛筆を舐め舐め書いたら
ツクシ、タンポポ、ぜんまい、わらび、うど、たら、
てなことになるわけですな。
私とパソコン、どっちが知性の主体かよくわからないです。

てなことで(どういうことだ?)春の写真はまた今度。
最後の冬の写真を。

EOS40D/EF135F2L

スノーボードの写真は以前にも掲載しましたが、
相変わらずこれぞ、という写真が撮れません。
今回の写真は3月に入ってからのもので、
前日夜に重たいながらも新雪が多少降り、当日は晴れ。
写真を撮るにはいいコンディションでした。
それでもやっぱりこれまでと同じような写真しか撮れない。
気分転換に同行の友人に「ちょっと撮ってよ」とカメラを渡し、
撮られる側に回りました。

おもしろいもので、同じカメラ、同じレンズでも、
撮る人が変わるとアングルも構図も違う写真が出来上がります。
勉強になるなぁ。
パソコンもカメラもやっぱり使う人間次第ですね。

更新:2009年3月9日
最近カメラに付けっぱなしのレンズが、
前回のエッフェル塔ピンぼけ写真を見ていただいた
135mmという中望遠のレンズです。
すばらしい描写力を持つレンズですが、
普段は風景を撮ることの多い私にとって、
決して使いやすい画角というわけではありません。
むしろ、自分が今まで撮らなかったような写真が撮れるのでは、と
修行のようなつもりで付けています。

残念ながら修行は遅々として進まず、
相変わらずちゃんとした写真は撮れていないのですが、
このレンズ、へたっぴにはへたっぴなりのアシストをしてくれます。
背景が美しくとろけるようにボケてくれるので、
何気ないものにキリリとした存在感を与えてくれるのです。
前回の靴の写真でも、ちょっと高そうに(笑)見せてくれるし、
釣りの合間に河原で見つけたネコヤナギも
意味ありげなたたずまいに。
マクロレンズなみの解像力にも驚きです。

EOS40D/EF135F2L

釣り友達を背中から狙った写真でも、
ピントの合ったところがくっきりと浮かび上がり、
遠景が程よく輪郭をぼかして、人物を際立たせてくれます。

EOS40D/EF135F2L

なんだか写真の腕前が上がったように錯覚してしまいます。
ちゃんと使いこなした写真を早くお見せできるといいんですが。

更新:2009年3月4日
以前、ブログのテーマを「買い物」にしていました。
「写真」に変えてからもうかなり経ちますが、
買い物が嫌いになったわけではありません。
コンビニに並ぶ新製品も、釣りの道具も、それこそカメラのレンズも、買い物は相変わらず大好き。

そんな私が昔から好きなのが靴です。
中学生のときに陸上部にいまして、あたらしいランニングシューズを買ってもらうと、うれしくてうれしくてずーーっと眺めていたのをいまでも覚えています。
それが原体験になったのか、今でも靴が大好きなのです。
ラスト(靴型)の美しい靴を見るとスニーカーでも革靴でもウキウキしてしまうのです。
最近、新しい革靴を一足買いました。
家に帰ってすぐに箱から取り出し、ためつすがめつ見つめているうちにふと、
「あれ?オレ似たような靴持ってなかったっけ?」
と思い至り、下駄箱の扉を開いて…

というのが今回の写真です。手前が新規購入の靴。
そりゃあ細かいところは多少違いますよ。
皮の質感や色、靴ひもを通す穴の数、ちょっとずつ違います。
どっちも職人のこだわりの見えるいい靴だと思います。
でも、この2足をどう使い分けるのでしょう。
やってしまった。好きだからこそやってしまう「かぶってるやん!」という買い物。
ただ、反省しきり…、と思いきや、実は大好きなスタイルの靴が2足も手元にあるということで、意外にうれしがっていたりして。懲りないやつは懲りないのです。


EOD40D/EF135F2



プロフィール

西 靖Photo
名前:西 靖
生年月日:1971年7月8日
入社年:1994年
出身都道府県:岡山県
出身大学:大阪大学
趣味:釣り、スノーボード
何でもひとこと:出身地、岡山の観光大使やってます。私の観光大使の名刺で、日本三大庭園のひとつ、岡山後楽園にタダで入れます。まあ、仕事に結びつくかどうかは心許ないですが。

担当番組


西 靖アナが西村 麻子アナを30秒で紹介します!