亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

おめでとう!「なでしこ」の皆さん

更新:2011年7月19日
W杯で優勝した「なでしこジャパン」の皆さんが帰国しました。
選手やコーチ・スタッフの皆さん全員に、
「おかえりなさい!」と「おめでとうございます!」を申し上げたいと思います。


まず、今年1月『かめ友 Sports Monday』の
サッカークリニックにも参加して下さった、川澄奈穂美選手。
スウェーデン戦の2ゴールなど、ピッチでの大活躍に加えて、
得意のネイルアートで、なでしこメンバーに彩を添えてくれました。
またお話を伺える機会を心待ちにしています。


また、その川澄選手のゴールもアシストした、宮間あや選手。
優勝の歓喜の中でも対戦相手への敬意を忘れず、
かつ「次は90分でアメリカに勝ちたい」と、向上心を絶やさないスピリット。
これまでの女子サッカーの灯を繋いできた先輩達へのリスペクト。
氷の様な冷静さで繰り出す、熱い気持ちの入ったキック。
今大会、私個人の「心のMVP」は貴女です。


一方、私の「心のベストゴール」は、準々決勝ドイツ戦の丸山桂里奈選手。
あのスピードであの角度から決める技術に驚きましたが、
その陰には、控えGK・山郷選手らのアドバイスがあったからだと。
今大会ではベンチの選手からも、その頑張りが強く伝わってきました。
男子の南アW杯やアジア杯の時もそうですが、
躍進するチームには、必ず控え組の献身的な支えがあります。


そして、澤選手に関しては、もう何も言うことはありませんね!
長い年月の努力が報われ、夢がかないましたが、
まだまだ現役を続けられるとのこと。
今度はINAC神戸を、ぜひ優勝に導いて下さい。
(これからは私「希生の“希”は、澤穂希の“希”」と、
自己紹介などで使わせて頂きます)


さあ、今後は我々・伝える側の番。
女子サッカーをめぐる環境が少しでも良くなっていくよう、
微力ながら、お手伝いを続けさせて頂きたいと思います。


心からおめでとう。そして、ありがとうございました。



プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組