亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

年末年始は原点回帰で

更新:2007年12月28日
年末年始でもアナウンサーは出勤しますが、私は3日ほどまとめて休みを戴いたので、名古屋に帰省する予定です。

関西は、生まれてから就職まで、ず〜っと故郷を離れずに生活している人が、比較的多いのですが、そんな中で以前、アナ室の仲間として働いてくれていた、小野陶子さん(関東出身)と、「故郷を離れた場所でおしゃべりの仕事をする幸せと苦労」みたいな話をしたことを思い出しました。「日々仕事をさせて頂くありがたさ」と「かつての自分とは違う自分でいる寂しさ」が、かわりばんこにやってくるよね〜というような話でした。

そんな時には、フラッと帰省して、小さい頃遊んだ公園や通っていた小学校などを訪れると、昔の自分を見つけてホッとできたものです。「整体アイデンティティー」とでも言ったら良いでしょうか?自分自身のスタンスをパキパキッと整えるっちゅう感じですね。別に特に今何か悩んでいるわけでもありませんが、今回もそんな「原点回帰」の時間を持てたら良いなぁ〜と思っています。

帰省の時、持って行こうかな?
そしてもう一つ、「原点回帰」といえばこれですよ!『機動戦士ガンダム・劇場版メモリアルボックス』。先にリリースされていた劇場版DVDでは、どういうわけか声優さんや効果音が公開時とは変えられていて、個人的に激怒したものですが、ようやくオリジナル音声でDVD発売になりました。「シャア専用携帯」だの「パチンコ台」だの、最近再びのガンダムブームらしいんですが、やっぱり原点はこれなんです。「正史」「バイブル」とでも言いましょうか、これを見ずしてガンダムを語るなかれ、っちゅう存在なんですよ。

「おせちもいいけど、カレーもね」じゃないですが、お正月、テレビやラジオの合間にDVD観るなら、ガンダムです。劇場公開から4半世紀超、時を越えた「原点」がここにあります。



プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組