亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2007年11月2日
 『日本一だがね!』

私のふるさとの球団、中日ドラゴンズが日本一になりました。クライマックスシリーズから日本シリーズ制覇まで9勝1敗。勢いと言うよりも、選手達の驚異的な集中持続力に、シビれる様な感動を受けました。選手・監督・コーチやスタッフの皆さま、本当におつかれさまでした、本当におめでとうございます!

ですが、それでも世間では落合監督への風当たりは強いようです。パーフェクトピッチングの山井投手を代えたのは「マメが潰れて本人から申し出があった」からだそうですが、それ以前から「冷酷で非情」「暗い」「客を呼べない」「独善的で偉そう」などと、散々な言われよう。監督就任後4年間で、リーグ優勝2回・2位2回と、抜群の成績をあげているにも関わらず、オフには毎年のように“解任”の噂が絶えません。

“お前らは、ターケかぁ!!(怒)” …って、すみません言い過ぎました。それもローカルな名古屋弁で。

でもですね、プロ野球って、少なくとも現場の監督や選手の第一の目標は「勝つ」こと。そしてそれを積み重ねてリーグ優勝や日本一を勝ち取ることじゃあないですか。もちろんファンサービスや話題作りも大事ですが、結果や実績が伴わなければ、いくらハンサムでトークがうまい監督がいても、いつかファンの方から離れていくでしょう。やっぱりプロ野球って「勝ってナンボ」なんですよ。

「美人」「イケメン」「かわいい」「カッコいい」、あるいは「弁が立つ」「キャラがオモロイ」「付き合いが広い」…これらは、テレビ等のメディアに露出するには、ある程度必要な要素ですが、これさえ満たせば、多少の実力不足には目をつぶっても盛り上げてやろうという風潮が、今の日本には蔓延しています。常に「スター」と「スケープゴート」を探し続け、仕立て上げ、消費する。そんな時代にあって、今年の日本シリーズには、うわべだけの浅薄な熱狂を許さない真のプロの世界、言わば“野球の侘び寂び”があったように思います。素晴らしい試合にしてくれた北海道日本ハムファイターズの選手の皆さんにも、感謝したい気持ちです。(11/2記)



プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組