亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2006年12月26日
 『サブカルの人』

 今年もあとわずか、自分自身の1年を振り返ってみると… やはり春に大型二輪免許を取って、バイク生活にリターンしたことが大きかったですね〜。バイクでしか味わえない、景色・音・匂い、そして身体や心の動き。仕事や家庭以外のもう一つの自分を取り戻した気分でした。

 私が尊敬する人物の一人に「本阿弥光悦」という人がいます。安土桃山〜江戸初期の書家・茶人・芸術家で、詳しいことは他に譲りますが、とにかく趣味の世界を極め、かつ人間的にも優れた人だったそうです。。『本阿弥行状記』によると、名物として知られる“瀬戸の茶入れ”を手に入れる時、光悦は売り主が値引きしようと申し出たのを断り、自分の家財産を売り払ってまで、言い値の金30枚で買い取ったと記されています。

 「物には適正価格というものがあり、そこさえ値切るのはその物に対して失礼な行為」とでも捉えたら良いのでしょうか?その道を極め真の価値を知る人だからこその、私のような凡人には到底無理な境地ですが、「趣味が人生に幅や深みを与える」ということについては、私もその一端は味わえているのではないかなあと感じます。

 2007年には“不惑”を迎える私ですが、仕事に・家庭に・趣味に、グルグルと渦巻きのように惑いながら、人生の幅を広げ深みを増していけたら…と思っています。 (12/25 記)


更新:2006年12月15日
 『サンタクロースの皆さんへ』

 もうすぐクリスマス。お子さんへのプレゼントはお決まりでしょうか?男の子の場合、昔も今も人気なのが「ウルトラマン」と「仮面ライダー」の2大ヒーローですが、今年はどちらも関連おもちゃが人気のようですね〜。

 まず、私どもMBS−TBS系列で絶賛放送中なのが「ウルトラマン・メビウス」。宇宙警備隊のルーキー・メビウスが戦いの中で成長していく姿を描いた“青春系”のストーリーですが、自分がウルトラマンだと正体を明かした後も、地球の仲間「GUYS」のメンバーがそれを受け入れ共に戦っていくという“パターン破り”の展開にもなっていて、スタッフのチャレンジ精神がうかがえます。

落ち着いた色使いがGOOD!
 で、お薦めは「GUYS」の戦闘機「ガンウィンガー」のバリエーション機として登場する「シーウィンガー」、12月に発売されたばかりの新製品です。海を専門とする部隊「GUYSオーシャン」の専用機という設定は、イギリス空軍の「ハリアー」に対する海軍の「シーハリアー」を連想させ、お父さんとしても購入意欲をそそられます。ブルーを基調とした美しいカラーリング以外は「ガンウィンガー」と同じで、変形&合体ギミックもそのまま楽しむことができるので、シリーズの他の機体を持っている子にも良いと思います。

 そして他局ながら見逃せない展開となっているのが「仮面ライダーカブト」。近年の複数ライダー制に違和感を感じていた私ですら、個性豊かな俳優陣と凝りに凝ったストーリー展開にハマってしまいました。

私のお気に入りは「ドレイク」と「キックホッパー
 おもちゃのラインナップは、大きく分けて「なりきりグッズ」と「フィギュア」の2系統ですが、放送が残りわずかということもあって“長く遊べる”かどうかにはやや疑点が…。そこで最近発売されたTVゲームソフト「PS2・仮面ライダーカブト」はどうでしょう?カブトやガタック・ザビー・ドレイクなどのライダー陣はもちろん、敵キャラのワームや雑魚キャラのゼクトルーパーで挑戦することもできるので、全てのキャラクターで遊び切るには相当な時間がかかりそうです。難易度も「とてもよわい」と「ラクラクコンボ」が設定可能と、小さなお子さん向けにも十分考えられています。ゲーム中のセリフやSEはほとんどTVと同じなので、放送が終わってもカブト世界の余韻に浸り続けることができそうです。

 さて、わが家の長男・カメタロウ6歳には何がプレゼントされるのか?上の2つはお父さん専用になっちゃったので、サンタさんには違う物をお願いしてくれよな!(12/14記)



プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組