亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2006年9月26日
『MotoGP in JAPAN』

 24日にもてぎで行われたMotoGP日本グランプリ。優勝は去年に続いてロリス=カピロッシでした。なんでホンダの地元でドゥカティが強いのかわかりませんが、そもそも、もてぎサーキットが作られた頃のホンダのGPマシンって、最高速は凄いけどピーキーでハンドリングも気難しいNSR500の時代だと思いますが、これって今のドゥカティに通じる物があるような気が。それプラス「地元で頑張るブリジストンタイヤ」「カピロッシ自身のサーキットとの相性」ということなのでしょうか?
 
 2位にはバレンティーノ=ロッシ。どちらかと言うと苦手なこのコースを手堅くまとめ、これでグッとチャンピオンの可能性が高まりました。ポイントランキングのトップは、依然ニッキー=へイデンですが、残り2戦で12ポイント差というのは非常に面白い展開ですね。へイデンが地元アメリカ以外でロッシより上位に行けるのかやや疑問なだけに、私は現時点でもロッシ有利と思いますがどうでしょう?

 3位はマルコ=メランドリ、4位はセテ=ジベルナウでしたが、惜しかったのは日本の中野真矢選手。最終ラップの90度コーナーでジベルナウと接触・転倒しリタイヤとなってしまいました…う〜ん。普段は冷静な中野選手ですが、地元・日本GPという意識(=頑張り)が若干裏目に出てしまったのかなあとも思いますがどうでしょう?

 それにしても関西からもてぎは遠いですね。自分のバイクでサーキットまで行ってGP観戦するのが私の夢ですが、もてぎだと行って帰って4日間ぐらいは欲しい所です(→夏休みがつぶれますな)。鈴鹿でのGP開催が復活するよう、私も熱望する一人です。(9/25記)



プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組