亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2006年2月7日
『第40回スーパーボウル』

 優勝はAFCの古豪、ピッツバーグ・スティーラーズでした。

 スーパーの優勝は26年ぶり5度目といいますから、多くの選手やファンにとっては初優勝に近い感動があったことでしょう。ゲーム内容を振り返っても、スティーラーズはビル=カウワーHCのスーパー優勝への執念が選手一人一人にまで伝わっていたように感じました。優勝を決めた後、強面で鳴るカウワーが見せた笑顔と泣き顔が、全てを物語っているように思いました。

 対するNFCのシアトル・シーホークスも、スーパー覇者のホルムグレンHCが率いる好チームでしたが、そのホルムグレンの意図を要所で選手やコーディネーターが消化し切れなかったように感じました。私は前半終了間際、タッチダウンを決められた後とはいえ、シーホークスは確実にFGを入れるためのプレーを進めるべきだったと思ったのですが、皆さんはどうでしょうか?

MVPにWRハインズ=ウォードが選ばれたのは納得!NHKの解説で興亮さんもおっしゃていましたが、QBロスリスバーガーの荒削りなパスを辛抱強く受け続け、
来シーズンこそはドルフィンズ!
RB陣のため献身的にブロックをし続けてきた彼が選ばれたのは、スーパーボウル1試合だけの評価ではないような気がして、嬉しかったですね。

 今シーズンは、贔屓にしているマイアミ・ドルフィンズが再建期だったこともあって、個人的にはややNFLから距離を置いてしまいましたが、たった1つの栄冠のため、1ヤードのラン・1つのタックルを積み重ねる、その魅力は不変ですね。また来シーズンの熱い闘いに期待して、長いオフを過ごすことにします。

(2/6記)




プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組