亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2003年10月7日
『身体との会話』

“身体との会話中”…きょうは何を食べたいですか?
昼休み、私はたいてい独りで食事をしています。

普段から仲の良いMBSのアナウンサーは、連れだって食事に行くことが多いのですが、私はほとんど独り…。いや、別に仲間外れじゃないですよ。私なりの理由があるからです。

それは7〜8年ほど前、漫画家の小林よしのりさんが『ゴーマニズム宣言』で食事の大切さを説いている回を読んだのがきっかけです。「朝はバランス、昼は熱く、夜はやさしく。1日の活動と身体の欲求にかなった食事をせよ!」という主張でした。10代の時、腎臓を壊して入院して以来、食生活には関心を持っていた私でしたが、小林氏の単なるヘルシー志向とは違う視点には、なるほどと思わされました。以来、私は昼食の前に“身体との会話”をしてから、食べに行く店などを決めることにしています。

私 「12時ですけど、どうですか、おなかすいてますか?」
身体「う〜ん、もうちょいかな。12時半頃でもいいか?」
私 「いいですよ。で、きょうは何を食べたいですか?」
身体「きのう晩に肉食べたでしょ、だからきょうは魚がいいなあ。」
私 「魚ですか…旬ならサンマですけど、ちょっと飽きましたねえ。」
身体「サンマでなくてもいいよ。でもDHAとか言うの?しっかり栄養のある物が必要やね。」
私 「サバはどうですか?あそこの店〔サバのあんかけ定食〕がありましたよ。」
身体「いいねえ、行こ!…あっ、ご飯はおかわりしといてな、午後からハードやから。」
私 「わかりました。生野菜が無い分は、食後の野菜ジュースで補っておきます。」

とまあ、こんな感じです(文章にするとちょっとアレですが…)。もちろん仕事や人に誘われた時は、自分で決めた以外のお店にも行きますが、これを始めてからは、口内炎などちょっとした病気をしなくなりました。「食事は身体作りの基本」という言葉を実感している次第です。

「食欲の秋」です。テレビや雑誌のグルメ情報もいいですが、たまには“身体との会話”を楽しんでみては如何ですか?(10/6記)




プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組