亀井 希生Photo

亀井 希生アナウンサーのブログ

サブカル天国

更新:2002年7月5日
「もったいないから」は“犯罪”?

今月に入って、食肉会社やUSJで、品質保持期限切れの肉などを販売していた事件が相次ぎました。動機について担当者は、いずれも「冷凍ならまだ保つのでもったいないと思った」と話しています。

彼らのした事は、確かに社内規定や商業倫理には触れるかもしれません。しかし、「もったいないと思った」事自体はけっして間違っていません。むしろ、「今後は期限を過ぎたものは全て廃棄する」とした企業の対応の方が、一般の生活者の感覚から考えると大いに疑問です。

そもそも同じ食材であっても、冷凍保存と常温保存では品質保持期限が違って当然です。「常温なら60日だが冷凍なら180日」…当たり前です。賞味期限が1つしか設定していない現状の方がおかしいと思います。実際に食材を扱っている人の「もったいない」という素朴な思いが、なぜ“犯罪”になってしまうのでしょう?家庭の冷蔵庫でできている事を、なぜ企業ができないのでしょう?

「これからはきちんと捨てます、まだ食べられる物も含めて」これのどこが対策になるのかがわかりません。食材の肉や魚も元を正せば生き物です。食べてやるならまだしも、無駄に捨てられてしまうのでは、浮かぶ瀬もありません。 (7月4日 記)

※注…厚生労働省によると、品質保持期限は食品衛生法施行規則で表示を義務付けていますが、期限設定は業者が判断することになっており罰則などの規定はありません。




プロフィール

亀井 希生Photo
名前:亀井 希生
生年月日:1967年12月15日
入社年:1991年
出身都道府県:愛知県
出身大学:名古屋大学
趣味:中日ドラゴンズ応援(名古屋出身)、SF・アクション映画、戦国武将、プラモデル作り、オートバイ(乗る&レース見る)、週刊プレイボーイ購読など
何でもひとこと:「ふぅ、勝った、勝った。ところでお前、ガンダム録ったか?」(2007年、巨人とのCSを制した落合監督が、帰宅して息子・福嗣さんに語った言葉)

担当番組