高井 美紀Photo

高井 美紀アナウンサーのブログ

日々こもごも

更新:2002年7月5日
気がつけば、仕事に復帰して半年ちょっと。娘は1歳7ヶ月。
まぁ、復帰してから今日までは、本当にあっという間でした。結婚して、仕事と家庭というだけでは特にしんどいとか、大変とか思ったことはありませんでしたが、そこへ‘baby’という小さいくせに大きな大きな存在がプラスされると・・・ガラリ!と、生活が変わります。

幸い、MBSには育児勤務という制度があり、働く時間7割で、(もちろん、お給料も7割ですよー)早めに帰らせてもらっているのですが、ここからなのです、勝負は!!

保育所にお迎えー帰って子供の相手をしつつ夕食の支度ー食べさせつつ自分もバクバク食べるー片付けつつ一緒に遊ぶーおふろーねかしつけ、というのが基本パターンですが、こうして字でみるとスムーズに見えるのが、なかなかどうして、慣れるまでは、ほんとドタバタでした。
一刻も早く迎えに行かなくちゃ、次は00しなくちゃ!ときぜわしく、でも、せかせかしている割には慣れていないので要領も悪く、からまわりしている感じで、気がついたら1日終わっている・・・やれやれ、という日々でした。

でも、生活パターンが出来てきて、慣れてきた今は、いろいろと楽しみながらできるようになりました。なにより大きいのは、気持ちに余裕があること!
例えば、同じことをするのでも、「あぁーもぅ、早く00しなきゃ!」と思うのと「さぁ、そろそろ00しようかlなぁ・・・」と思うのとでは、違うでしょ?復帰直後の私が前者なら、今は後者。

最近は、保育所のお迎えも鼻歌まじり、帰りは、童謡のCDをかけつつ、みきママ大声で歌う、娘はチャイルドシートでおててパチパチ拍子をとったり、歌ったり、とごきげん親子。

おもえば、この半年で、娘もずいぶん成長しました。
ただ泣いていただけの頃と違って、こちらの言うことは、ほとんど分かるし、自分の要求もいろいろと言葉で言うようになってけっこう会話が成立するのです。

例えば、今朝はこんな感じ。
玄関で靴をはかせていると、「おそと、いくの」「うん、いくよ。ブーブーのるよ」
チャイルドシートに乗せていたら、「ママ、のるの?」「ママはねー、のらないの。パパとおでかけ、しゅっぱつね。」
「ぞうしゃん、かける」「ぞうさんのおんがく、いま、ないねぇ、またきこうね」

ついきのうまで、なにも出来ないあかちゃんだったのに。わんわん位しか言えなっかたのに。
なんだかとても不思議です。

去年のカルピスのCMで、RIKAKOさんが言っていたセリフ、覚えていらっしゃいますか?
「どんどん育ってしまうから。今をゆっくり味わいたい。」
自分が母になるまではたぶん何とも思わなかったでしょうが、見るたびに、ほんと、ほんと、と、うなずいていました。

子供をもって分かったこと。
 人間ってすごい!とにかくよくできてる!
 世の中のお母さんはえらい!
働き出してわかったこと。
 保育士さん達はすごい、ありがたい、感謝、感謝!
 少子化になるのも、もっとも!働きながら育てる環境はまだまだ十分整ってない!

育児休暇も無かった頃のお母さんたちは、本当に大変だっただろうなぁ。昔だったら、私には両立はとても出来ないと思う。
がつがつ頑張るのが苦手な私は、今の時代でよかったです。

・・・とまぁ、子供のことばかりですみませんが、まさに産みおとしたその瞬間から、何もかも子供中心にまわっていくのです。子供のいない、お気楽な共働き生活が長かったため、とまどうことも多かったのですが、ようやく、仕事、家、子育てを楽しめるようになりました。

7年前、阪神大震災で、家が全壊したり、いろいろあった時に、あたりまえの毎日ー朝起きて、おはようと言葉をかわし、1日元気に過ごして、またおやすみ、という生活ーのありがたみを、しみじみ感じました。

何年かたち、それが日常になればなるほど、その気持ちを忘れてしまいがちだったのですが、今、母になって、またこのあたりまえな日々に心から感謝するようになりました。

久しぶりだったので、だらだら長々と書いてしまいましたが、高井美紀は、あいかわらず元気にしてまーす、
ということですので・・・
今後は、もう少しまめに更新します!


バックナンバー

2017年
2016年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

高井 美紀Photo
名前:高井 美紀
生年月日:1967年12月28日
入社年:1990年
出身都道府県:兵庫県
出身大学:神戸女学院大学
趣味:おいしいもの食べ歩き♪
何でもひとこと:最近はまっていることは、娘とネコカフェに行くこと。16年共に過ごした愛犬を看取って以来、なかなか次のペットを飼う覚悟ができず、今はネコを飼おうか悩み中。いつも鼻歌を歌っている私ですが、最近、社外の方からも目撃情報が。歳とともにボリュームが大きくなっているようで…!ただ、普通の人と違って、機嫌が悪くても鼻歌を歌っているのでご注意を。

担当番組