古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2012年8月31日
カメタロウ わが家の長男 小学6年生

まだ、「絵」を描いてません。
そう、夏休みの宿題の。
どうしてさっさと終わらせないんだろう。
イライラしているのは親だけで、本人は
「あしたの午前中にやるー」と、
本当にのんびり、ゴロゴロ、しております。

カメタロウが小学校に入った年から、
毎年夏休みに北海道に行くのが、
何よりの楽しみとなっています。

行くたびに、新千歳空港は、改装や増築が進んでいましたが、
ついに今年、完了したようなので、
一度じっくり探検しようと、
最後の夜は、空港内の「エアターミナルホテル」に
泊まることにしました。

ホテルの部屋の窓、すぐ外に飛行機が!

伊丹空港の近くで育ち、とにかく空港で飛行機を見るのが好きで、
「空港で働きたい」という夢を叶えたこともある私。
部屋から出ると、チェックインカウンターが見える、
それだけで「キャーッ」という感じでした。

食事は空港内のレストランで。
そして、お風呂は、
「新千歳空港温泉 万葉の湯」へ。
宿泊者は入館料が無料なのです!

アメニティの充実したお風呂、露天風呂、
サウナに岩盤浴、マッサージ、あかすり、
リラックスルームに安眠ルーム…
なんでもそろった本格的温泉施設が、
空港ターミナルビルの4階にありました。
つるつるホカホカになって「ええい!」っと、
すっぴんで空港内を歩いてしまいました。

他にも、映画館、ドラえもんパーク、
ぬいぐるみのシュタイフの博物館。
堪能するには何時間あっても足りません。

そしてなにより!
ホテルの部屋は、空港の駐機場の真上で、
窓から飛行機や滑走路がよーく見えるのです。

着陸した飛行機がこちらに向かってきて、
マーシャラーがオレンジの光で誘導し、
線ぴったりに停まったら、車輪にチョークがはめられて、
ブリッジがドアに密着し、ドアが開いてお客さまが降り、
貨物のとりおろしが始まり…

一段落したらメンテさんが隅々まで機体をチェックし、
給油や貨物の積み込みが始まって、
ブリッジをグランドスタッフが走っていくのも見えたりして、
そのうちボーディングが始まって、
ブリッジがドアから離れて、トーイングカーがプッシュバックを始めて、
ランプコーディネーターさんとメンテさんが
並んで手を振って見送って…

ああ、私はかつてこうしてずっと空港にいて、
飛行機が着いては飛び、人やものや空気を運んでゆくのを、
走り回って見送ったり出迎えたりしていたんだと、

ほんとに飽きずにずっと、見ていました。
「おかあさん、また飛行機見てる」と
子どもたちがあきれるほど。

やっぱり好きだなあ。空港。
自分で転職するって決めたのに、
制服を返却するのがとてもさびしかったのを思い出しました。

なーんて、感傷にひたったりもした夏休みでした。
みなさんはどんな夏を過ごされましたか?
まだまだ暑いので、
体に気をつけて、元気に9月をむかえましょう!



プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組