古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2007年10月30日
カメタロウ わが家の長男 もうすぐ7歳
ようやく学校で漢字を習い始めました。
うれしそうに漢字ドリルをながめています。
4歳の妹・ハルも、ひらがなとカタカナがほぼ読めるようになり、
なんでもかんでも声に出して読んでいます。
買い物に行くと、店員さんの名札をみて、
「たかはし!」
「いまい!」
ねー、みんなびっくりしてるから、呼び捨てはやめようね…

外国を転々とする生活に憧れて航空会社に就職したはずだったのに、
なぜか、40年もの間、同じ町に住み、
同じ駅から通学、通勤し続けています。
引っ越したり、結婚したりしたのに、なぜかずっと。

いつもと同じように、商店街を駅へ向かっていると
中学校のときの国語の先生にバッタリ。
「そういえばきのうはTくんに会ったわー。」
と先生。
「Tくんって、自衛隊に入った、あのTくん?」
「うん。今はもう辞めて、不動産屋さんに勤めてるって言ってたよ。」

ひとしきり情報交換して、また駅へ向かって歩き出します。
今はもうコインパーキングになった、昔住んでた家のあった場所を通り、
遅くまで友だちとしゃべった公園で、高校生がおしゃべりしているのを見ながら。

またあるときは、
15歳のころからずっと通っている喫茶店で、
いつものミルクティと、いつもの「青じそベーコンスパゲティ」を頼んでみたり。
たぶんもう何百回と来たこのお店に、
なぜか今日は、夫とカメタロウと座ってる。夫と息子!

町の移り変わりを見守ってきたつもりだったけど、
ふと今自分がどこにいて、なにをしてるのかわからなくなる。
なぜ私はここにいるんだろう?
勉強して、大学や就職先を一生懸命選んで、
いっぱい友だちを作って、いっぱい恋をして、
いろんな夢を見てきたはずなのに、
結局、私は今日も、この場所でお茶を飲んでいる。

ぐるぐる回る慌しくて刺激的な世の中の真ん中で、
自分だけが、軸のように、芯のように止まっている、
そんな不思議な感じ。

かつては、制服を着て自転車に乗ってぶっとばしていたこの道を、
スーツにパンプス、重いかばんを持って、ゆっくり歩く。
好きな町に住んで、変わらず暮らせる、って、きっと幸せなこと。
でも…

マネージャーをしていたラグビー部の練習場所だったグラウンドで
カメタロウとハルが遊んでいるのを見ながら、
明日のことなんて、ほんとわからないなあ、と
しみじみ思う今日この頃です。



プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組