古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2003年2月28日
カメタロウ わが家の長男 2歳
「かんくんはね、カメタロウっていうんだ ほんとはね、
 だけどちっちゃいから じぶんのことかーんくんっていうんだよ」
と「さっちゃん」の替え歌を歌っていると、
「ちわう!ちっちゃくない!かんくんはおっちいの!」
クラスでいちばん背が高いことを誇りに思っている
カメタロウです。


今回はカメタロウ誕生のずっと前、
私が大学を卒業してすぐ、伊丹空港で
「グランドホステス」をしていた頃の思い出など。

「GOOD LUCK!」見てます。欠かさず。
一応航空業界で働いていましたので、
つっこみながら楽しんでます。

「グランドホステスとキャビンクルーは
 一緒に合コンしたりしない!」
「ハンガーにドリアンは持っていかないでしょー。
 客室ににおい移ったらどうするの?」
「整備さんはこんなゆったり仕事してないよー」

2月23日放送分のテーマ、「ダイバート」は特にドキドキでした。
divert=転じる、そらす、う回させる
航空業界では、「目的地以外の空港に着陸すること」。
機内での「たたかい」はご覧になったとおりですが、
待ち受ける地上職員も大忙しです。

成田に降りられないので伊丹に向かう、となったら。
代替便がすぐ用意できるなら、
その出発までの時間、飲みものや食事を用意。
出発が翌日になりそうなら、宿泊の手配も。
お急ぎの方のためには、他社便や新幹線を手配したり、
バスやタクシーをチャーターすることも。

ドラマのような霧や、台風、雪など、天候が理由の場合は、
お客様もわりと冷静ですが、
整備などこちらの都合の場合は、お怒りを受けとめねばならず、
頭を下げ、説明するのもタイヘンです。
満席だったりしたら、500人以上のお客様の
ケアをしなきゃいけないのです。

そんなことは年に一度あるかないか、ですが、
「ダイバート」と聞くとオフィスの空気が変わり、
みんなの顔がキリっとひきしまったこと、
なつかしく思い出しました。

それにしても、
若くてかっこいいパイロットさんには
ついに出会わなかったなあ。
いえ、みなさん、ステキなおじさまでしたけどね。




プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組